このまま・手をつないで、霧の向こうへ

アクセスカウンタ

zoom RSS 光一さんが魅かれたGravityと堂本光一というGravity

<<   作成日時 : 2012/10/23 18:32   >>

トラックバック 0 / コメント 2

やっと先週あたりから『Gravity』をalbumとして聞く余裕ができてきました。
心の…ね。
LIVEの感想文は、駄文すぎだけど書いたし?
今さら(そんな事ばっかり言ってるなぁ)すぎだけど、albumの感想とか
TOKYO FMの”ceter of Gravity”もやっと聞けたから、聞いて思った事とか
堂本兄弟の『LOVE CRIES』に少年倶楽部プレミアムの事なども
ざっくり、さら〜と書きちらしておこうかな。

1週間、blogをアップできないでいる間に、
光一さんのalbumプローションは、10月22日(月) の帰れま10で終わり?
職場のお隣のビル1階に、ロッテリアが入ってるのは
そこでランチしなさいって事…ですよね?
チキンからあげっと食べたい!あ
あとバニラシェーキも。半額だって言うし、なぜか(笑)

ふるポテは好きだけど。
食べたら最後、でんじゃぞーんで笑っちゃいそうなので
今週、名古屋で、グラコンmy Finalを迎えてから食べる事にします。

さてさて。光一さんのプロモーションが続いてるんだから、おけでしょ
…と言うことで『Gravity』収録曲の感想ですが…
(ほんとは、LIVE参加前に書きたかったけど)
albumの音源を音として聞いて、前奏にドキドキして
「こんなに素敵な曲あったのねと驚いて
タイトル確認したのは『Fallen Angel』と『invisible』でした。
『invisible』は、invisibleか…と落ち着いた訳ですけど。

『Fallen Angel』は、前奏の荘厳さが、叙事詩、神話の始まりを
期待させますよね。
人の力では抗いきれないものに落ちた”僕”の苦しみ。
Luciferきた〜と興奮したのは、わたしだけじゃないはず?

横浜公演前は、聞き込むところまではいかなかった『Gravity』ですが
「光一さん自作の2曲だったら、Flllen Angelの方が好き」
…と、お友だちに言ったほど、この曲にハマってましたね。
音の並びとしては、光一王道パターンでも、目新しい訳でもないけど
間奏にサタンの足音が聞こえちゃって、
♪甘く囁く君が、僕を離さない♪ですよ、まさに(笑)

ハマりすぎるのも問題で(笑)
LIVEでは、スクリーン(?)に映し出された堕天使の羽根を
なんと見てなかった…と言う。しかも、3度とも(笑)
2回は、ほぼ正面から見られる席だったのになぁ・・・
まさに?光一さんが大好きな「意識してはじめてそこに存在する」って事?
今週のmy Finalも、正面から見られそうな席なので、
確かめられたら、見てこようと思ってます。

ビジュアル化された曲を見るまでは、Danger Zoneよりもインパクトある?
…と思っていた『Slave Maker』
この歌は、ダンスで表現する曲に仕上げてないのは、わざとでしょうか?
手拍子から始まるところもそうだし。

”ceter of Gravity”で、最初に集められた曲たちの中に
『Danger Zone 〜to the unknown world〜』はなかった…と言ってましたね。
雑誌でも言ってたのかもしれないけど、私は読んでなかったので。
驚きました。

ほれこんでしまった。
光一さんが惹きつけられた強いGravityを持つ楽曲は、始めからそこにあって
ビジュアル化される事を待っていたのだと思っていたからです。
Danger Zoneをalbumに入れるために、はずされた楽曲はどんな曲だった?
似た系統の、albumの顔となる曲だったのか、
単純に順位(笑)が繰り下がり、選からもれただけなの曲なのか。

どヤ!でも流してくれた『Slave Maker』
てるひは、視聴する前に、こちらだけ聞くことができたのですが、
全曲視聴して疑問に思った。
なぜこの歌が、1曲め、メインではないんだろ?…と。
LIVEに参加してから、albumを聞き直してみても
『Slave Maker』の方がカッコいい!…と、てるひは思うんだよなぁ。
やっぱり、光一さんとは気が合わないね、わかってたけど。

で、勝手に考えた。
最初は『Slave Maker』をメインにしようと思ってたンじゃないかな〜と。
そうそう。あーだ、こーだと勝手に考えちゃうのがヲタの常(笑)
Slave〜は、ダンスで魅せるよりも、語りと光での表現の方がしっくりくる。
光一王道パターンにハマらない曲かな〜と。

album発売が遅れたのは、光一さん曰く「俺のせい」
曲が書けなかった事もそうだけど、
この曲をメインにすえたい!・・・と思う曲となかなか出会えなかった。

ま、主役は、最後に登場するって決まってるし?
楽曲が光一さんをひっぱたのか、その逆か、相思相愛なのか
遅れてきたDanger Zoneの話って、まさにGravityで、おもしろいな〜と。
でも、わたしは1番には選ばないよ(笑)

album曲をLIVEのセトリ順に並べて聞いて、
Danger Zoneの後にFallen Angelをもってきたことに感動しました。
しっくりきすぎじゃない、この2曲?
天使が堕ちた場所は、未知なる世界。
堕天使ルシファーは、妖艶な女性じ ゃなくて、私たちにとっては光一さんだし?

少年倶楽部プレミアムは、すごく良かったですよね。
ステージでは遠すぎて、MJではライティングが暗すぎて、
見えなかったスタンバイ。
女性ダンサーさんが、光一さんの右目たけを指で□を作って切り取る。
光一さんの目に、興奮しちゃったなぁ(笑)

男性ダンサーの4人(笑)は、記憶のかけら。
1秒ごとに過去になってく光一さんの残像…
彼ら4人のダンス見てると、なぜだかそんなふうに思う。

女性ダンサーふたりは、両翼。黒い翼!
だから、LIVEで次の曲は堕天使なんだ〜
これまた、勝手になっとくして、うれしくなったり。

Gravityは、たくさんプロモーションしてくれたけど、
ビジュアル化されたパフォーマンスでは、少年倶楽部が、1番良かったです。
この歌は密室が良く似合うし。
TOKYO FMの”ceter of Gravity”に「ありがとう」と言いたいかな。
もっとだらだら書きなぐりたい(笑)

賛否両論、もしかして否定的な意見の方が多かった気もするけど
堂本兄弟で披露してくれた『LOVE CRIES』も、貴重だとわたしは思います。
いろいろ「なんで?」と言いたくなるところはあるものの…
LIVEの演出は、嬉しかったけど、残念だったから。
あ〜この話、もっとしたいので、記事をわける事にします。

火星大冒険と探索機キュリオシティを見てて、泣きたくなった話とかも
書いておきたいんな〜と思ったりしてますが、
今日のてるひの運勢、順位的には良かったんだけど
「疲れが出る頃です。からだをいたわってあげましょう」
疲れさん、疲れさん、もうちょっと出るの待ってくださいません?
今週の金曜日まで(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは♪なんと!?あの大きな白い翼が見えてなかったとな!?私は横から観た時、次はこれが真正面に観えるのか!きゃっほー!と思ったよ。翼大きいよ〜(笑)
このときのダンサーさんの動き、ラストのポーズは光一さんの翼をつくる羽根のようなんだよ。今度、ちらっとでもいいから見てみてね。私は今回、メインの向こう側ばかりが観えています。それでも楽しめるのだから、やはりこの人のステージはエンタティメントなんだと思います。758、楽しみましょー♪
Rain
2012/10/23 19:56
Rainさん、こんばんは。
遠足前の子どもてるひです(笑)
わたしの目、すごいでしょ。ひどいと言うべきか…
どんだけ視野が狭いんだ…って自分にツッコミたい気分ですよ。でもね、なにをどれだけ見逃そうとも、聞き逃そうとも楽しめるって、ある意味すごいですよね。わたしが…じゃなく、このコンサートが。
ダンサーさんって。光一さんの一部になったり、吐息や汗や過去にもなったりで、タイヘンだなぁ。
メインを見なくても楽しめる。メインはメインかもしれないけど、光一さんが創る世界のピースの1つでしかないから…でしょうか。
さすがに寝なきゃ。明日、翼を見つけられるかな(笑)
見つけられなくても楽しもうと思います!
てるひ
2012/10/25 00:05
光一さんが魅かれたGravityと堂本光一というGravity このまま・手をつないで、霧の向こうへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる