このまま・手をつないで、霧の向こうへ

アクセスカウンタ

zoom RSS 光一さんとは気が合わないらしい "Gravity" 2012 10.7昼&8昼夜 横浜 @

<<   作成日時 : 2012/10/10 09:12   >>

トラックバック 1 / コメント 0

BPM凱旋公演がなかったからこそ実現したLIVE。
待ちに待った感があまりないのは、どうしてだろ?
告知が急だったからなら、そりゃ、光一さんのせいだ。
ま、光一さんとてるひは気が合わないし?
そんな光一さんが、作り出す世界は楽しくて。
光一さんが大好きなあの歌の歌詞のよう?
”Gravity”横浜、10月7日(日)昼、8日(月)昼夜に参加してきました。
3公演分まとめて、思い出すまま感想を書こうと思います。
無駄に長く、しかも続きものですが、よかったら、ぜひ。

光一さんが創り出した世界に入ると、スクリーンにはKDマーク。
LIVE会場に入ったんだなぁ〜と、感動。。。
席に着いて、天井を見上げてみると、星を降らせる予定はないようで。
でも、どんな仕掛けなのかは、はっきりとはわからなかったけど、
長い梯子か、レールのようなものが出番を待っていました。

7日昼の席は、アリーナCで、ステージを真正面から見られる席でした。
オーディエンスの「光ちゃん」コールと、手拍子。
客電が消えて、一気にヒートアップ…という始まりではなく
光たちが下りてくると、センターステージがせり上がり、
そこから、光一さんが姿を現しました。
まるで、光が集まって光一さんと言うカタチになった…かのような
そんな幻想的な始まりでした。

流れるイントロは、まさか(笑)の『Danger Zone 〜to the unknown world〜』
登場に使っちゃっていいの?踊り倒さなくても???
セトリを知らなくても、大好きな歌の2度だしバレバレですね。

初日は、気づくと、両脇に屋良くん、山本くんがいて
いつの間に?…状態でした。
「ここが好き」光一さんがそう言っていたメインステージへ戻りました。
正直、自分の脳内HDがぽんこつか…と嘆きたくなるけど
あまりにも楽しみすぎて、しかも、横浜Finalは、突然のWアンコで
カエルの歌聞いて、ピョンピョンしちゃったせいで、頭真っ白なんですよね。
それでも、書こうっていう無謀かな。

OPのDanger Zoneからalbum聞いて、この前奏が素敵な歌は?
…と思った『Fallen Angel』への流れが素敵すぎるって思いました。
未知なる、危険な世界へと踏み出したら、
堕天使に心を奪われ、翻弄され、ぼろぼろになっても
そこから抜け出せない…わけでしょ。
これ、わたしたちファンのこと歌ってる歌たちですかって感じ(笑)

で、3曲めの『Bad Desire』へ。
レーザー光線が会場を照らす。照らすなんて生やさしいものじゃなく
逃げ場ないんじゃない?…と思うほどの強烈な光でした。
光一さんが大好き(…だと私が思ってる)この歌の歌詞をね、
今回のLIVEでは、幾度となく実感したんですよ。

光一さんが創り出した世界を、1度でも見てしまった者は2度と戻れず
すぐにも欲しくなり、
2度と会えないような不安に襲われ、すぐにでも、また見たくなる。
そんなことないですか?

続く2曲は、8日に一緒してくださったお友だちが好きだと言う曲でした。
オープニングからこれでもか…と踊り倒し、
KinKiの5公演分くらい疲れた…とかなんとか言ってましたよね。
5公演って…どんだけゆるいンだって話ですよね。
KinKiのLIVEは、寒い時期だから〜と言い訳してましたけど。

LIVEツアーが始まる前に、DSで流れていた『Deep in your heart』
LIVEでっ歌ってほしいな〜と言う期待が裏切られなくて嬉しかったです。
Danger Zoneの赤ジャケッツ(笑)から、いつお着替えしたんだっけ?
氾濫する光の中では、何色だかわからなくなる衣装が多いけど
シルバー(なのか実は不明)に、ゴールドの腰からのひらひらついた、
この衣装、好きかも。

ほんとうは何色なのか…光一さんが大好きな話を、歌を聞きながら
思い出したてるひは、光一さんに負けてるって事なのかな。
ま、オレ色に染まってきたって事にしておきましょう。

ステージには、獣王はいませんでしたが(笑)
過酷な環境下で、生き残ろうともがき、うごめいていた生命体が
トップを得、従い、踊り出す。
しなやかさとシャープさに魅了されました。
やっぱり屋良くんのダンスには惹きつけられますよね。
光一さんをひきたて、でも、埋没することは決してない。。。

ここで、ご挨拶。
「堂本光一です」と短く切り上げる予定が
「15分もしゃべっちゃった」のりっぱ(笑)なMCコーナーと化してました。

my初日だった7日昼公演では「そわそわしてる」と。
鈴鹿F1グランプリ…でしたっけ?決勝の日だったんですよね。
学習能力皆無のてるひは、妖から3回連続、10月の3連休に
横アリでのソロLIVEに参加してるのに、お友だちに言われるまで忘れてた。

「なんで、オレはここにいるんだろ?」
F1とコンサート、どっちが大切か…とF1に決まってるだろ…と落としつつ
コンサートに決まってる…と言い直し、
おまえたち(だっけかな)を愛してるから〜なんて、ゼンゼンらしくないお言葉に
「きゃー」
満足した光一さん、最後には、仕事だから…と。
そうそう俺さま、光一さまは、そうじゃないと調子狂っちゃいますよね。

得意のalbum聞いてない人、はじめて生で見た人…はあまり多くなくて
光一さんの一言一句にテンション上げ下げする人は少なく
「トークになれてきた?」…と、ちょっと残念そうにしてたかも。

光を操る光一さんのコンサートでは、アリーナEとFは、まぶしいお席に。
EFブロを向き「まぶしいでしょう」との気づかいの言葉をかけようとするも
光一さんがそちらを向くと「きゃ〜!」とペンライも揺れて。
いつもの「けつでも見とけ」発言が飛び出してました。

7日昼のEブロは10代で、Fブロは20代で、それ以外は50代
…(のノリと声)と言ってましたけど。

続けて、7日昼のMCで思い出したことを、さらりと書いておきます。
最近、入所して、21年か22年くらい発言が多いのは
山本亮太くんが、ソロコンにははじめてついてくれたからでしょうか。
自分が入所した頃の生まれた…って、いつも紹介してましたし。

中3の3学期に引越してきた…と言おうとして
”ほっこし(だっけ?)”って言っちゃって、
でも、自分ではかんだこと気づかず、オーディエンスはざわざわ。
最初こそ「聞き間違えたんでしょ?」と俺様発言してたけど
「おれ、言い間違えた?」
この口が悪いと、ぺしぺしたたく姿は、33歳には見えませんでした。

3rd album となる『Gravity』
制作にかかわった作品をほめる事はない…と言いながら
今回のalbumは、ものすごく満足のいく出来に仕上がってる…と光一さん。
「今までのalbumの方が好きなひと」質問には、多く手が上がってました。
てるひも、そんなひとりなのですが
「俺とは気が合わない」と一刀両断(笑)

今回、album発売直後のライブで、あまり聞き込めてなかったのもあるけど
てるひの中には、自作曲への期待もあるのかな〜と。
全部じゃなくてもイイけど、ゼロにはしないでほしいっていう願いかな。
それと、BPMの時もそうだったけど、ツアーが終わった時には
このalbum好き!…って思うようになってたし。
光一さんの楽曲は、ビジュアル化する事で完成するって気がしてるし。
ダメ耳てるひには、音だけの評価って難しいンですよね。

イイの…気が合わなくても。
勝手に「好き、好き」言ってますから。

光一さんが惹きつけられた楽曲は、全曲、ライブで見せてくれています。
おかげで、感想文を殴り書きしてる今も、脳内ライブが続いてる訳ですけど。

去年から「来年は、album出して、ツアーを」との話があったのに書けなくて
album発売もツアー告知もなにもかも、こんなにタイトスケジュールになったのは
「オレのせい」だそうで。
ブーイングにも「書けなかったんだから、しょうがないじゃん」と光一さん。
書けなかったからこその出会い。Danger Zone…とか。
この楽曲がなかったら、トラヴィスに振付してもらう事もなかったし・・・と。

このコンサートをもって…
なにその深刻なもの言いは???〜とわたしたちの心配をあおっておいて
もっとやりたい(だっけかな?)踊りたい(だったか?)
そう思った…と、これからの期待させるようなおちゃめ発言も飛び出して。

33歳の今の方が、20代前半より体は動く。。。
どこまで進化するんだろ、この人がいる世界は。

セクゾン気にする発言や、山本くんをかわいがってた話も書き残したいけど
ここで記事をわけたいと思います。
光一さんに負けないギリギリスてるひ、お出かけの時間が来ちゃいました。

こんなめちゃくちゃで、ゆるいスタンスで感想文を書き散らしてますが
それでもいいよ…と言う方は、またいらしていただけたら嬉しいです。

今日は長野ですね…正直、明日だったら、絶対に行ってたな(笑)
いらっしゃるみなさま、楽しんできてくださいませ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
脳内であんなことやこんなこと "Gravity" 2012 横浜 A
…じゃなくて。あんな曲やこんな曲が、 時と場所を考えてくれずに、脳内の流れ出して 横浜Finalから3つ夜を越えた今も、絶賛脳内LIVE中(笑) BPM凱旋公演を…との話もあったけど、やりませんでした。 なかったからこそのLIVE "Gravity" 首もペンラも振らなくても楽しかった 横浜公演まとめて感想文。"Gravity" 2012 横浜 @の続きになります。 ネタバレを含みますが、よかったら、ぜひど〜ぞ。 ...続きを見る
このまま・手をつないで、霧の向こうへ
2012/10/12 00:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
光一さんとは気が合わないらしい "Gravity" 2012 10.7昼&8昼夜 横浜 @ このまま・手をつないで、霧の向こうへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる