このまま・手をつないで、霧の向こうへ

アクセスカウンタ

zoom RSS 脳の栄養は糖分だけじゃなかったンだね。NEWS LABO

<<   作成日時 : 2012/08/18 20:39   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 2

光一さんがMCを務めた、NEWS LABO を見ました。
”ジャニーズいち科学おたく”と銘打たれてた(笑)光一さん。
確かに、可視光線だとか直線がどーのこーのなんてこと、
LIVEMCでやってしまうアーティストが、光一さんの他にジャニーズにいたら?
それは、それでおもしろい気もしますが
NEWS LABO。はっとしたこと、なにそれ?わからん…と思ったことまで
いろいろつまった30分でした。

NEWS LABOが始まる前に書き上げたいな〜と思ったblogがありました。
どうして、てるひは、この歌(今週のどヤ!で、光一さんがかけてくれた曲)が
好きじゃないのかって言う話(笑)
正直、どーでもイイ話なんだけど、
それが、なんで好き(あるいは嫌い)なのか考える事が好きなんですよね。

自分が好きなことを、きらきら話すのを聞くのも好き。
たとえ…てるひが全くわからない話でも。

NEWS LABOは、誰をターゲットにしたかったのか…
すごくおもしろいこと、誰もが惹きつけられる話も盛り込まれていました。
でもね…

番組は、光一さんが、一輪の赤い薔薇を持って立っている絵から始まります。
ファンから見れば、ある意味、お約束ではあるけど
それ見て、チャンネル変えちゃったひと、いませんかね?
もともと”堂本光一の…”の時点で、見ないか(笑)

薔薇の花の色を「何色ですか」とたずね、ゲストの3人がそろって
「赤」と答えた時の、嬉しそうにはしゃぐ光一さんに笑ってしまいました。
物体として存在する、赤に見える薔薇を目の前に出されたら
わたしも「赤」と答えるしかないかな。
当たり前の思考の持ち主ですし?

でも。色として、そこに「赤」を見せられたら
「赤です」と即答はできないだろうと思います。
ひとつの光が作った赤なのか、掛け合わせてできた色なのか…
見る角度を少し変えれば、赤に見えなくなるかもしれいし。

ほんとうは何色なのか…
考えることは楽しいかもしれないけど、そこに答えはあります、光一さん?
「赤」と答えた全員が、全く同じ色を、そこに見てるか…には
ものすごく疑問がありますけどね。
なんか考えだしたら、止まらないね(笑)

サイエンスサポーターの方たちの話は、ものすごくわかりやすかったです。
蜂は、わたしたちが見ている「赤」を認識できていない…とか。
色はグラデーションで、全ての色が混じり合って白ができる…とか。
そうそう。光の3原色・赤、青、緑からは、黒って作れないんだってね。
これには、すっごく納得しちゃいました。

届いた光が、わたしたちにばらの赤を”赤”と認識させているなら
夜見たら違う色に見えるのが普通ですよね。
でも、ひとの目が、赤を記憶してるので、暗い所でも”赤”と認識するらしく。
この記憶が、ひとの心をだまし、そして、守ってるんでしょうね。

思い込みの怖さ。
光一さんが、お茶だと思って飲んだら、コーヒーで、なんじゃこりゃ?
…とあわてた話をされてました。
サイエンスサポーターのおひとりが、入国審査(でしたっけ?)で
審査官の英語の質問が聞き取れず、十数回、聞き直しちゃったって話。。。
英語で聞かれてると思ってたら、実は、きれいな日本語だった。
これ、てるひも体験ありますよ。
ハワイの入国審査官は、日本語で質問してきたのに、
最初、聞き取れなかったもん。英語に違いないって思って聞いてたからね。

そうなの。この話にハッとしたの。
書きかけてて、アップするか迷ってる1つ前の記事の嫌いな歌も、この歌を
最初に聞いた時に、てるひの側に強い思い込みがあったんだろうな…と。
KinKiの歌はこうだ。王道は、こうだ。
この作り手さんが創るメロディは、こうに違いない。
この楽器は、沖縄のものなのに、歌の舞台は沖縄じゃない。
季節感がないのに、季節の名前の冠するのはおかしい。

これは、ここでする話じゃないね(笑)

光一さんが、不思議に思っている直線。。。
直線は、確かに自然界にはないですよね。
直線は、曲線のひとつだそうですが、誰が作ったんだって話ですよね。
ほんとうの直線もないと言われてるし、直線に幅がない…としたら
そうそう。光一さんが「大好き!」と言った桜井先生の話は、すとんと落ちたなぁ
わたしたちの中にある。
直線も、まるも・・・

わたしの中にも、完璧な直線、ゆがみのないまるもあって。
KinKi Kids もあるんだろうな…って思ったからって言うか。
たぶん、ファンひとりひとりの中にある(理想の)KinKiも、光一さんも
少しずつ違っているんだろうけど、存在してるんだと思います。
あの歌が出た頃、2006年のてるひの思考は、かなりあぶなくて
理想化しすぎてた気がする。
ファンとして年を取って(年齢の話じゃないよ)記憶が増えて、
これもありじゃん?否王道ウェルカム!新しいって素敵と思えるようになった。

なに、この番組、すごくない?
自分の中にあるものを見られちゃうんだよ?

身近なサイエンス。いっぱい興味深い話がありましたよね。
赤ワインのしみを、白ワインで落とす。
極性の法則でしたっけ?
アルコールにはアルコール。油には油。
毒をもって毒を制す的な?ちがうか…

光でできたしみは、光(レーザー)で消す。
しみ消したい。お金と時間あったら、絶対にレーザー治療してますね。
てるひのしみは、横浜アリーナ、甲府メッセあたりで浴びた紫外線のせい
…だと思うんだけど。

放置しすぎてるblog(ここね)も、登録して、ほとんどつぶやかず、
聞いてるだけのツィッターも、脳が喜ぶの?
どうでもいいこと(たとえば、この記事も)書いてる時って、確かに楽しい(笑)
アップ後に、しょうもない事を載せちゃったなぁ…の落ち込みも
買うつもりないのに買っちゃったワンピースへの思いに似てたりするし?

1年に1度しか更新しない…と光一さん。
脳が喜ぶことを、もっとしてくださいな。
光一さんの脳が喜ぶことを、わたしたちは、待ってるわけだし?

遺伝子っておもしろいですよね。
オーダーメイドの化粧品、庶民が手にできる値段で実現したら嬉しいなぁ。
遺伝子レベルのぴったりの相方…
命のレベルの話になると、相方とわたしは、遺伝子が選んだ相手とは言えないかもしれないですが。。。

遺伝子と言えば、テロメア…とか。
ひとの永遠の憧れ不老不死。宇宙に行くと寿命が延びる?
今、空腹時にスイッチが入る若返り遺伝子が注目されてますよね。
自分の願望に直結するサイエンスには、くいついちゃいます(苦笑)

ブルーベリーはやっぱすごい!
ホウレンソウもすごい。
低炭水化物ダイエットは危険?
おもしろそうな話題、いっぱいありましたよね〜

この番組、またやってほしいなぁ。。。
光一さんも、最後に「それでは、また」って言ってた気がするけど。
わたしたちのような「科学ってなに、それ?」な視聴者がくいつくような
楽しい番組、直線が生み出した身近なすごいものの話も
また聞けたらいいなぁ〜と思います。

日焼け…光一さん、もう少し外に出た方が?
山村紅葉さん演じる刑事さんたちに、岸壁に追いつめられる犯人役とか
ちょっと見たいかも。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにてぃわ♪(´・ω・)ノなつやすみ中ですか?
30分、あっという間でしたね。とても興味深く、面白く拝見しました。以前、光一所長はなんとか研究所というところにお勤めでしたが、その頃よりはるかにイキイキして見えました。科学が起こす「現象」そのものはもちろん、物事の見方、捉え方を楽しんでおられるのでしょうね。9/1は宇宙の話でしたっけ?
沖縄風の歌(笑)うちの相方も「なんであぁいう編曲にしちゃったかな?」と言ってましたが実は私、この曲、好きなの。でも言えなかった。これが好きと言う人は「KinKiファンじゃない」と言われそうで。これも思いこみなんだけどね。今は言えるというのがまぁ…前の記事とつながることなんだけどね(笑)KinKiがどーのこーのではなく、この歌そのものが好き。今なら言えるよ♪
Rain
2012/08/19 15:45
Rainさん、こんばんは。夏休み最後の夜です。明日は、元堂本県に帰りまする。
予想を裏切る(笑)おもしろさでした。天下のNEWS LABOには、光一さんが「大好き!」と握手を求めちゃう先生も来てくださたっし、私たちでもわかる(なんとなく?)身近なサイエンスも紹介してくれて、30分ではもったいない番組でしたね。
自分の中にある…は、すごく納得しました。真実はみんな自分の中にあるって思うと、開ける世界があるな〜と。
その歌ですが、6年前の27歳のふたりでが歌っても、わたしにはピンとこない歌でした。相方さんに一票。沖縄風編曲がされていなかったら、もっとストレートに聞けたかもしれないな〜とも思います。
王道じゃなければ、ふたりのサウンドじゃないと思っていた自分の思考が、新しいものを見えなく、耳を聞こえなくしていたんでしょうね。
好きなものは好き、嫌いなものは嫌いと言えるファン、オーディエンスがいなくなったら、ふたりとふたりの歌に未来はないんじゃないかな。
すぐには思い出せない歌もいっぱいあるのに、わたしの記憶にも残ったこの歌には、力があるんだと思います。ライブで聞いてみたいなぁ〜その機会があることを祈りつつ。。。
てるひ
2012/08/21 21:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
脳の栄養は糖分だけじゃなかったンだね。NEWS LABO このまま・手をつないで、霧の向こうへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる