このまま・手をつないで、霧の向こうへ

アクセスカウンタ

zoom RSS 動き出したSHOCK、空は見てた。Endless SHOCK 890 vol.1

<<   作成日時 : 2012/03/25 18:04   >>

トラックバック 0 / コメント 0

この場所から始まったんだ
わたしは、帝国劇場が好きだ。
SHOCKのカンパニーが生まれた場所。始まった場所。
3月23日(金)夜の部を観るまでは、観劇の感想メモは『ONE DAY』中心に書こうと思っていたけど、それ以上に、心に残ってしまった(笑)シーンがありました。
はたしてそこまで書ききれるかわからないけど(いいかげん杉)
感じたこと、頭に残っている話などを書いておこうと思います。
ネタバレしている上に、無駄に長いですが、良かったらぜひどうぞ。

劇場も生きてるんだな〜と思いました。
雨と闘ってるっていうか。晴れた日とは音の響きが違う気がした。
座った席にもよるかもしれませんが…
3月23日(金)夜の席は、2階席。
前の方がいらっしゃらなかったため、実質、2階の最前列でした。

オープニングにご挨拶する光一さんは、コウイチの顔じゃないですよね。
メイクのせいでもないと思うけど(笑)
まだコウイチじゃないの。

光一さんのダンスは、どこにも無駄な力が加わってないって言うのかな。
近くで見ても、ステップの音が聞こえないんじゃないの?と思っちゃう。
誰かがカタチだけマネしたとしても、つまんないダンスになっちゃうかも。
内くんは、すらりとした長い手足とスタイルをしてるのに、
いや…してるからこそ踊りにくそうというか。
センターに立つ光一さんにあわせなきゃならないのは、かなり不利と言うか。
のびのび踊れば、彼のダンスはもっときれいじゃないかな。

「去年の震災から1年がたちました」
1年だけど。寝たきりの姿になって1年たって戻ってきたコウイチ。
この1年という時間に意味はあるのかな〜と考えちゃいました。

「間もなくEndless SHOCKのストーリーへとご案内いたします」
光一さんが幕の向こうに消え、オーナーが登場。
「クレオパトラです」「東山です」と名乗った時もあったけど、笑い取らなくていいよね。固有名詞を出されちゃうと、何かあるの?…と深読みしちゃうし。

コウイチ登場シーン。コウイチが足を乗せている仕掛けの小さいこと(笑)
そんな事がやけに気になったり。。。
ヨネハナに、フライングのワイヤーをセットしてもらってる時も表情がかたい。
登場シーンのアクシデントを引きずってるのかな〜とか。

パネルマジックで、白い衣装で登場するあたりからは
「あぁ〜(光一さんじゃなくて)コウイチだぁ」って思ったかな。
ショーを楽しんでるって表情を見せてくれる『New Horizon』好きですね。
ふたりのホーン隊が出てきての演奏も、効果的だしね。

千穐楽の幕が下りて。キャスト、スタッフみんなで千穐楽に乾杯。
わたしが、博多座で観た時には、コウイチ「麦とホップ」のロング缶持ってて
3月上旬の公演まで「そこのさわやかくん」なコウイチは続いていましたが
この日は、麦とホップどころか、乾杯するグラスもありませんでしたね。
この楽屋のシーンも、千穐楽の盛り上がりが歌になる
ミュージカルらしいシーンで好き。

次の公演のアイディアだけど…と、盛り上がり中で口にするコウイチ。
「シェークスピア」
このコウイチの言葉を、劇場の神さまも聞いていたのかもしれませんね。
2幕への伏線のひとつ。

カンパニーのトップから、コウイチに戻るために屋上へ行くコウイチ。
手すりにもたれたコウイチが、少しずつ空に近づいていくのを見てるのが好き。
コウイチに星が降る。
でも、よく考えると、不吉な感じも出してるのかな。

このシーンで歌われるのが『ONE DAY』
あの星に手を伸ばし、つかまえるその日まで♪と歌うコウイチの背中を見て
リカは不安を感じるんですよね。
去年まではセリフだった、その不安な気持ちを歌にしたのは良かったって思う。
不安を歌うリカに「心配なんてしなくていい」と返すコウイチ。
ふたりの歌が、寄り添ってなくて、ちぐはぐな感じがしておもしろいです。
コウイチに「心配なんてしなくていい」と言われて、リカが思い直すところも。

なんか…この日は、やけにコウイチの息継ぎが気になっちゃって。
ちと苦しそうって言うか。

千穐楽のお祝いに…とネックレスをコウイチにわたすリカ。
マチダたちの登場に「わたしたちからの…」と言い直すところが可愛いよね。
コウイチとリカは、ハモるよりも、言葉を交わすように歌う方が好きかな。

♪きっと夢は叶う♪と歌っているのは、コウイチとリカだけなんですよね。
ウチたちは、英語でコーラスを入れてはいるけど。
この時点では、叶えたい夢のカタチをしっかり持っているのはコウイチだけ。
「大きいとか小さいとかじゃなくて、新しいなにかがつかめるなら、
どんな事でもやってみたい」
リカは、その背中を追いたいと思っているだけだし、
ウチの「メジャーになってやる」には、ナカミがない。

ウチがリカに渡したかった指輪は「あかしゃかしゃかす」で3時間かけて
選んだそうです。今までの1番のヒットは、帝劇の地下…かな。

インペリアルガーデンシアターのプロデューサーからオファーを受け
酔っぱらった(ふりをして?)屋上に上ってきたオーナーは
じゃかじゃかじゃんじゃんじゃん♪としきりに歌ってましたけど、
歌詞を知らないのかな。あたし、歌えるよ?(笑)
荻野目ちゃんの『ダンシング・ヒーロー』のメロディだったのですが
まわりのひと、ほとんどわかってなかったうような?
お若い方が多かったってことですよね?

ここでも、荻野目ちゃんが見に来てるの?…って深読みしちゃったze…
『Higher』の振り付けのこと「荻野目ちゃん」とコウイチが言ってますよね。
だから…なのか。。。
ブロードウェーからオファーがあった、シンデレラボーイだからかな?

街で売られていた新聞に、カンパニーのショーを絶賛する記事があって。
ブロードウェーからオファーがあったことを、オーナーから知らされます。
ウチのメジャーになると言う夢は、叶ったようなものですが、
ブロードウェーのステージに立つ事はゴールではなく、スタート。
「大劇場に行って、今のおまえになにができるんだ?」
コウイチの問いに「行ってみなきゃ、わかんねーよ」と返すウチ。
なにができるんだ?…は、コウイチ自身への問いかけでもあったんですよね。

もう1ど、言葉を変えて「なにがやりたいんだ?」とウチに問う。
「俺は俺のやり方で前に進んでいくんだよ」
なにがやりたいのか…ウチにも、コウイチにも見えてないんですよね。
でも「おれたちのためになるなら」コウイチは行こうと思うと言う。
なにがやりたいのか…誰もわからないままで大劇場へ。
「周りが見えなくなったら、おしまいだぞ」
そうコウイチに言うオーナーも、見えてなかったんですね。

ところで。コウイチさん、マツのこと飛び蹴りしてたけど…
「大丈夫か?」と言いたいですよ、足の方は。。。

ブロードウェーの幕が上がる。コウイチたちのショーは評判良かったのかな。
「World Adventure」のAmericaのコウイチは、笑顔ですよね。
楽しそうに踊ってる。衣装もだけど、きらきらなの(笑)
ブロードウェーの町で出逢ったナオキも、Jungleでは、太鼓たたいてたし
殺陣のシーンでも、ドラム叩いてますよね。
最期のショーの前にオファーしたわけじゃないんだね。

リカメインのショーを乗っ取っちゃったお父さん。
お父さんの回りに集まったダンサーさん、一瞬で理解し、
お父さんにあわせて踊っちゃうのはさすが(笑)
登場したヨネハナさん、マチダさん。
この日のマチダさん「かっちゃん、あふぉー」いつもの決めポーズ。
「いつもそう思ってるのか?」と問い詰められるマチダさん。
そのとばっちりはヨネさんにも。。。
「おまえも、そう思ってるのか?」の追求に屈するヨネハナさん。
(あふぉー)だと思った事があると告白しちゃってましたけど
お父さん「ふぉーより、あふぉーの方がいい」とかなんとか言ってたような?

ソリタリに登場したコウイチ、ぐーでお父さんをなぐってましたが
クリーンヒットではなく「ちょっとずれてた」ようですが???
『SOLITALY』と「Japanesque」の感想は、記事をわけて書こうと思います。

ソリタリのラスト。銃で頭を打ちぬき倒れるコウイチ。
そうじのおばちゃんの仕事のじゃまを、思いっきりしてるわけですが…
持っていた銃を「小道具だよ」と言うと、おばちゃん「小坊主?」と返します。
で。自虐ネタ?の「そうそう。ただのはげ(だっけ?)」
ネタにできてるうちは、大丈夫でしょう(笑)

この日のお父さん。リカの赤い手袋つけて、ソリタリ踊りながら登場しますが
髪につけていたのは、赤ではなく黄色の花でした。
リカにも「黄色、かわいい」とか言われてましたよね。
今年のリカ、お父さん大好きなとこはそのままだし、乱暴者じゃなくていいよね。
歌もうまいですよね。圧倒される…と言うわけではないのですが
なんだろうな。かわいらしいのに、母性あふれる…そんな感じですかね。
コウイチへの想いは、憧れかな。

あっさり、さっくり感想を書こうと思ったのですが、無駄に長っ
ウチとの、そして、オーナーとの行き違い、衝突についても、
気分を変えて(?)次の記事に書こうと思います。

てるひが覚えていたい事を書いてるだけの感想文、
しかも続く…に、ここまでおつきあいくださって、どうもありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
動き出したSHOCK、空は見てた。Endless SHOCK 890 vol.1 このまま・手をつないで、霧の向こうへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる