このまま・手をつないで、霧の向こうへ

アクセスカウンタ

zoom RSS 夢は叶うと思っていたのは…SHOCK 2012 新曲について…とか

<<   作成日時 : 2012/03/24 19:41   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

「ひとつになろう」
Endless SHOCKは、コウイチの物語ではない。
コウイチがセンターに立っているカンパニーの青春群像。
今年追加された新曲『ONE DAY』と『Higher』に込められた思いは同じ。
表現方法が違うだけ。
2012年のSHOCK、博多にも行ったのに、1回もまともに感想を書いてない。
なんでだっけ?
そのなんでだっけを、箇条書きにしておくだけのblogです。

実は、このblog。3月23日(金)夜公演観劇までにアップさせたかったけど
できなかったんですよね(苦笑)
23日の簡単な感想を書く前に、書きかけのこのblogを少しだけ修正して
アップしようと思います。良かったら、ぜひどーぞ。

そういやパンフも読んでない…せめて、次見るまでにさらりと読もう。
これも感想が書けなくなった理由の1つかな。
座長の言葉に感じた違和感…
コウイチには、華があり、自然とコウイチの周りには人が集まる。
ブロードウェイの公園もそう。。。
え?そ、そんなふうに見なきゃいけないシーンだったのか…
あそこは観てるわたしも、街歩きしてる気分になれる、好きなシーンのひとつ。
歩いてる人たちは、コウイチに惹かれて集まってきた?
知らんかった(笑)

この光一さんの言葉を読んで、やっと…コウイチは造りだされたキャラで
光一さんじゃないんだよな〜と、やっと実感できたんですよね。
光一さんは、コウイチを突き放した目で見てるから、
華があるなんて。皮肉を言っちゃうのか…と。

読売新聞の、トラヴィスと光一さんのインタビュー記事も読みました。
なんか…光一さんが、ラダーしてるコウイチに見えて、ブルっとしちゃった。

曲を減らした事を不満に思われる事がない、勢いのある楽曲を。
『Higher』には勢いがありますよね。聞いてるだけでもテンションが上がる。
コウイチのウチへの信頼や期待、思いも歌詞には、盛り込まれています。
ウチを最高のパートナーと認めているからこその、光一の挑発。
若干?性格わるっ…って面ものぞかせてるし。
踊っているコウイチを見ていると、つい身体が動いてしまう。
ひとつになりたいと思わせる。そんな存在。

トラヴィスの振り付けには、コウイチの魅力も、ひとつになる事の大切さも
こぼれんばかりに、つまっていますよね。
だからこそ…一番、コウイチと踊り続けたいと思っていたウチに
コウイチと一緒に踊ってほしかったなぁ〜と思っちゃったんですよね。

「コウイチのすごさは、俺が1番わかってるよ」につながらなければならないので
満足して踊りきる…って訳にはいかないのは、わかってるつもりですよ?

3月4日(日)にご一緒してくださった、屋良くんもお好きだという方は
「『Why don’t you dance with me?』がなくなった事がさみしい」
そうおっしゃっていて、ちょっとわかるなぁ〜って思ったの。
あのダンスは、ライバルが、コウイチへのいろんな気持ちを抱えながらも
体が動いて踊ってしまう。でも、最後までは踊れない。
そんな流れで描かれてますもんね。
わたしも、そっちの方が好き。
だから『Higher』も、そういう流れになったらいいな〜と密かに思てたりします。

もうひとつの新曲『ONE DAY』すごく好きです。
前にも書いたけど、堂本兄弟で見た時には「どこがいいの?」状態でした。
コウイチのソロから始まっての曲。
屋上では、コウイチのひとつになれば♪は空回りしていて
♪夢は叶う♪と歌っているのが、リカとふたりだけだと言う演出もニクい。

告白の後「おまえのステージに立たせてくれないか?」とのウチの願いに
答える『ONE DAY』との差もおもしろいですよね。
ほんとうの意味で、やっとひとつになれた。
カンパニーとして、一歩、踏み出す事ができた。
そして、やっと夢は叶う。

ラストへの流れには、もちろん言いたいことはありますよ(笑)
でも、コウイチの想い、ウチの願い、メンバー全員の気持ちがひとつになった事を、同じ歌なのに、違う使い方で表現しているのは、すごいと思います。

実は、なにげに好きなシーン。
コウイチ最期のショーの太鼓で。コウイチがウチを「来いよ!」と呼び
向い合って、歌う。あの演出です。
背中を見せる事が、みんなをつなげる事だと思っていたコウイチだったら
絶対にしなかっただろうな〜って思うから。

ここまでが、23日の観劇前までに書きあげたかった話です。
ちょっとだけ直していますけどね。

3月23日夜公演をご一緒してくださった方は、てるひよりずっと、ずっと
SHOCKを楽しまれてる方でした。
なんだか刺激受けちゃって、観劇後の帰りの電車で、
ちょっとだけ、昨日観たネタの部分をつぶやいてみたけど、
もともとがのんびりやなので、そりたりまで行きつけず…でした。

不完全なつぶやきだけど、レポもどきは、お友だちのまねっこして
blogに残そうか…とか考えたりもしています。
その前に(笑)blogもツィートも続けられたら…の話ですけどね。

観劇日記でもない、しかも意味不明なblogに、
最後までおつきあいくださってありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは♪明日はほぼひと月ぶりの観劇です。
今日の朝●新聞別紙にね「今よりもっと芸術を楽しむコツ」という記事がありました。キーワードは『味わう』こと。「自分がどう感じたか」を大事にすること。でも重要なのは同じ作品に触れた人と意見を交わすこと。終演後に喫茶店で語り合ってもいいし(←ここ爆笑)ブログを活用してもいいそうです(*^^)v より楽しむためにも観劇メモっていいことなのかもね♪
Rain
2012/03/24 20:14
Rainさん、こんにちは。
今頃、劇場へと向かっているところでしょうか。
自分がどう感じたか…を大事にする…ですか。芸術鑑賞の素養のないわたしなので、自分の好きか嫌いかが全てですね。リカの言葉をかりると、それしかわかんないし、できないし〜でしょうか。
意見を交わす!それ、大事っていうか、楽しいですよね。見るよりも楽しいと言ったら、叱られそうですけど。
喫茶店に(笑)来年は、喫茶店に寄れる日を基準に申込しようかな。鬼と帝劇の神さまに笑われますね。
今日の公演後は、喫茶店でどんなお話しをされるのかな。その喫茶店に同席させてもらいたい…と思ってしまったてるひでした。
てるひ
2012/03/25 11:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
夢は叶うと思っていたのは…SHOCK 2012 新曲について…とか このまま・手をつないで、霧の向こうへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる