このまま・手をつないで、霧の向こうへ

アクセスカウンタ

zoom RSS 平安結祈とイベントのこと…とか。

<<   作成日時 : 2012/03/20 18:50   >>

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 0

映画館での『平安結祈』は、3月11日に終了しましたね。
特別上演の期間が、もっと長かったら良かったのに…
でも、最終日を3.11にした剛くんの「想」もわかるから
最終日に、3月11日にどうしても鑑賞したいから、ちょっとだけ無理をした(笑)
3回めの『平安結祈』鑑賞をした日のことを、映画の感想を中心に
今さらですが、少し書いておこうと思います。

その日は、午後からの勉強会に参加する前に、3.11の夜を明かした国際フォーラム展示場、被災した帝国劇場、避難した日比谷公園と巡りました。

去年は、晴れて暖かかったけど、日比谷公園にいた時に雨が降り出しました。
有楽町駅の付近で、新幹線が止まっていたこと。
でも、車は普通に走っていて、地震があった事が信じられない気もしました。

帝劇前へ戻り、この日の幕が上がり、そして、下りることを祈り、
観劇の為に劇場に向かう人の波に逆らい有楽町駅へ。
勉強会会場へ向かう電車の中で、帝劇でも、上演時間の変更をして、
黙祷がささげられる予定だと知りました。
14時46分。てるひも、お仲間と黙祷をささげました。

黙祷の後、てるひは早退をさせていただき、六本木を目指しました。
この日は結婚記念日で、18時30分にお茶ノ水のレストランを予約してたので、
その時間までに鑑賞できるのは、六本木ヒルズの15時45分の回だけ…と言う。
なんとも無理やりかつ、無謀でタイトなスケジュール(苦笑)

六本木への移動中に、お友だちから、剛くんが東京ドームに登場したと聞き
空がつながってる事が嬉しかったなぁ。。。
お友だちも、お家で黙祷をささげた…とのことでした。

最終日の六本木ヒルズは、最終上演ではないものの…ほぼ満席でした。

ラジオを聞いてても思うけど、剛くんの話し方って、すごくやさしいんですよね。
あたたかい雨みたいで。心地よいんだよね。
突然(笑)始まる、堤監督との対談。
剛くん、答えを探しながら、探すために話してる。
そんな感じがしませんか。

近鉄電車の発車メロディ、今日から『縁を結いて』が流れているんですよね。
いろんなご縁で、2010年から毎年、奈良に行けてるんだけど
今年も、良いご縁があったらいいな。

明日から、奈良で剛くんのトークイベントが始まりますよね。
やっぱり。奈良だし、初日だから激戦だったみたいだね。
いち早く剛くんの話を聞けて(ところで、ほんとうトークイベントなんだろか?)
会場に向かう時に、発車メロディも聞ける幸せな方のレポ巡りでも
久しぶりにしちゃおうかしら?

堤監督との対談から始まるこの映画。
突然、静かに対談が始まる。
対談…と言うよりも、堤さんインタビュアーの、剛くんトークショーって感じがした。
堤さんが見ていてくれたから、安心できた…と言ってた剛くん。
映画になる前に、1番最初にファインダー越しライブを見た堤さんだからこそ
聞ける、聞きたい話もあっただろうし。

剛くんの顔はひとつではなく。アーティストであり、クリエイターでもあり、俳優でもある。
そんな剛くんが、平安神宮と言う場所でライブをする意味。
なぜここなのか、野外なのか…今なのか。
堤監督からの質問に、剛くんは考えながら、話をしていましたよね。

ライブをしようとは思っていない。祈りをささげたいと思う。
祈り。映画のタイトルにもなっていますよね。
天になにかを祈る時、音楽と言う手段が使われることは多々ありました。
剛くんは、なにを祈りたかったのか…
雨を。豊作を、平安を、復興を。

普通に聞けば、なにそれ?…と思ってしまうような剛くんの話。
それにうなずいていくれるバンドメンバーもすごい、わかってるなぁ〜と思ったけど、剛くんの話に真剣に耳を傾けてくれた堤監督にも脱帽…です。
堤さんの質問に、剛くんは、ずばりとは答えてないのにね。
答えがほしかったわけじゃないのか(笑)

答えが大切じゃなく、見つけようとするプロセスが大事。
剛くんのライブに参加したり、話を聞いたりすると、
堤さんも言ってたけど、自分に問いかけたくなる。答えを探したくなる。
音痴のわたしでも、剛くんのライブを楽しめるのは、だから…なのかな?

『平安結祈』で、なにが1番嬉しかったか…と言うと、臨場感ですかね。
ステージへと歩く剛くんが、砂利(?)を踏む音が1番良かった
そう言ったら殴られそうですが(笑)
始まりを告げるのが、足音ってすごいって思ったんですよね。
どかーん、ばーんとテンション上がるのも嫌いじゃないですよ。
でも。このライブは祈りだからね。

ライブのセトリを見た時には、インストが多いな〜って思いました。
今までのライブで、インスト→インストの流れってなかったですよね?
剛くんが言葉を飛ばすだけじゃなく、メンバー全員が祈りの音をささげる。
そう考えると、なっとくもいくし、もっと歌を聞きたかったなぁ〜とは
映画を見て思ったりはしなかったですね。

最初に見た感想にも書いたけど『NIPPON』がすごく良かったです。
祈りバージョン?
アルバム『美我空』の中では、どちらかと言うと元気ソングだと思うけど
飛び跳ねたりして、なにかを発散したいと思うんじゃなく、浴びたいと思った。

虫たちもコーラスに参加していましたよね。
9月ならでは…だし、雨も演出効果にしてしまうライブ。
想いがなければ、音をならしてはいけない。虫たちには虫たちの想いがあり
ひとにはひとの祈りがあるんだなぁ〜としみじみ思いました。

コーラスの平岡さんには、ほんとうに圧倒されました。
和ティストの声に、ものすごく惹きつけられました。
祈りの場所に、ものすごくしっくりくる。
ほんとうにいろいろな表情を、声に持たせられるんだなぁ〜と。

いつもライブでは、セッションの時でさえ、剛くんばっかり見ちゃってたけど
映画では、その時、その時のメインアーティストを「見ろ」してくれます。
わたし、今まで、ソンしてた?
次の機会には、剛くんばかり追いかけるんじゃなく、音を楽しもう。
そう思ったんですよ。今さらすぎるかもしれないけど…

最初の対談で『縁を結いて』を歌いながら泣いてしまったと言っています。
その映像も差し込まれるのですが、ぽろっと涙が…のレベルではない。

今の日本の事を祈らなければならないことが悲しい。
日本が、今、そんな状態である事が悲しくて。
そんなふうに剛くんは言ってたけど、悲しかっただけじゃないんだろうな。
ライブ本編を見た時に、会場がひとつになった事を、
それぞれの想いが、空に放たれたことを感じたからこその涙じゃないかな
そんなふうに思いました。

最終日だけにながれた20秒の映像。
「想」と言う字の一筆書き。
この映画が、平安神宮ライブが、想いがあったから鳴らされたものであったこと
その事をかみしめた20秒でした。

そして。SHAMANIPPON建国の告知。
春っていつ?…と初日に鑑賞した時には、ひとりごと言っちゃいましたが
『縁を結いて』が出た日がそうだとも言えるし、アルバム発売日だとも言える。
そのあたりの話も、明日、明かされるんでしょうか。

映画館を出た瞬間「もう1回、見たい」ってつぶやく自分がいました。
あぁ〜仙台がもう少し近くだったらなぁ。。。

「戻ることが未来」
わかるようで、よくわからないけど、album聞けばわかるのかな。
アップになった剛くんの目には、ほんの少しもくもりがなく、きれいでした。

今さらすぎる3月11日の話におつきあいくださって、ありがとうございました。
blogをあまり更新できていないのに、過去記事にもアクセスいただいたり
気持玉もいただきました。
ほんとうにどうもありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
平安結祈とイベントのこと…とか。 このまま・手をつないで、霧の向こうへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる