このまま・手をつないで、霧の向こうへ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2011年3月10 日ぶりの…Endless SHOCK 帝劇800通算834

<<   作成日時 : 2012/02/09 10:27   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ようこそ帝国劇場へ堂本光一です。
最初のご挨拶を聞いただけで、うるっとしてしまいました。
また帝劇でSHOCKを見られだけで、幸せなの。リカ風に言うと、そんな気持ち。
光一さんが、客席に背をむけた瞬間…天井のラダーを見ちゃいました。
大丈夫。今日は夜公演だもの…
はい。幕が上がった帝劇800公演は、無事、幕が下りました。
カーテンコールでの光一さんのお話中心に、2月7日(火)夜公演の感想を
さらりと書いておこうと思います。ネタバレにふれていますが、良かったら…

帝劇800公演の日は、強い風が吹いて、急に気温が上がりました。
入場列に並んで、早めにの劇場入り。
去年、後輩くんたちの舞台以来の帝国劇場です。
劇場前までは、今年になってからも、数回は来てたけどね(笑)
帝劇100周年のお花のアーチがありません。
当たり前だけど、ちょっとさびしい。。。

初日の席は、2階の後方だったので
3月11日から、約11か月ぶりに2階への階段を上ったのでした。
席についてまず、ラダーを見ちゃいました。
「帝劇の2階ってこんなに広かったっけ?」
そんな話をしてる方がいましたが、
てるひは逆に「こんなに狭かったっけ?」と思ったかも。
また帰ってこられた喜びから…でしょうか。

「ようこそ帝国劇場へ 堂本光一です…」
博多座でも「ようこそ 博多座へ」ってご挨拶がありましたが、
ちょっとだけ違和感があったんですよね。
ようこそ…って、わが家に〜なニュアンスがあるから、なんとなく違う気がして。
帝劇でだけ、しっくりくるご挨拶じゃないかな〜って思ったんですよね。

オフの劇場での千穐楽。幕がおりたあとの乾杯のシーンでは、
コウイチは、この日も"麦とホップ"を持っていましたね。
1月25日の解禁以来、ずっと…なのかな?
オーナーも、コウイチを呼ぶ時に「そこのさわやかくん」って呼んでたかな。

次のショーで、シェークスピアをやろうと思ってる…の件では、
マチダの「シェークスピアって、どんなミュージカル?」のセリフがなく
良かったって思ったかな。
アクターであるマチダが、シェークスピアを知らないのは、ちょっと…ね。

屋上へ行ったコウイチを、リカも追いかけて、いなくなってしまって
指輪をわたせなかったウチ。
リカに「はい」とモップをわたされたウチは、
仲間たちから「ウチとモップ」と言われてました。

博多座では、街歩きのシーンで、マツザキが「マツとヒップ」って言ってたけど
最初???だったの。モップよりもヒップの方が、ホップに空耳できる?
できないか…

2階席のだいご味(笑)
屋上のセットが上がっていくのを、双眼鏡でながめてると、
コウイチの上に星が降るように見えること。
『ONE DAY』は、今年のSHOCKで1番イイって思うくらい好き。
もう少し観劇したら、感想を書きたいと思ってます。

きっと夢は叶う♪
はい、ネックレス…と、リカは「千穐楽のお祝いに」とコウイチにわたします。
ネックレスをわたすリカの背中を見てかたまるウチは、今まで通りですが
マチダとヨネハナが、屋上に上ってきたのを見て
あわてて「(ネックレスは)わたしたちから…」と言うリカ。
かわいいな〜って思いました。

ふぉーゆーが、劇場前を歩きながら「千穐楽なのに、始まったばかりな気がする」と言うと、
屋上からオーナーが「まだまだある」と言ってましたね。

ブロードウェーで、ナオキと出会うシーン。
そうだなぁ…確かに、コウイチは、ナオキとは接触できないんですもんね。
自分のパフォーマンスから、コウイチが思いついたメロディを、
ナオキは聞いてた…とは思います。
もし、ひとつ前の記事に書いたSHOCK初見の方の意見のように
ここでふたりが握手しちゃってたら、
ブロードウェーからのオファーに沸き立つカンパニーと
「一緒にショーやってくれないかなぁ」のコウイチの温度差が表現できないよね。

遅れてきたオーナーは「しっかりくんに会って、頑張ってって言われた」
そう言ってましたよね。

ウチとコウイチのやり取りもわかりやすくなってました。
「オンの先になにが見えるのか…それを考えなきゃな」
このセリフが変わってたし。
ブロードウェーに行く事が、あいつらのため…じゃなく「おれたちのため」になるなら
…となっていたのも良かったかな〜と。

そりたりについて…とか、違う記事で書くとして。
幕間で、コウイチとウチが衝突した後、オーナーとのやりとりでは、
より辛辣な言葉を、コウイチが投げるようになってました。
「そう言って、あなたは仲間を斬り捨てたんでしょう」
このコウイチの言葉は、2幕にすごくいきてくるんですよね。
コンパクトになっていたけど、やっぱりすごい!と思った殺陣についても
別の機会に書きたいと思っています。

殺陣については一言だけ。
博多座では見られなかった、ぶちゃいくな顔で奈落に落ちてくコウイチが
帝劇では戻ってきてました。演出変更じゃなかったのね。

一番ドキドキした幕間。帝劇の鐘がなった瞬間も、ラダーを見ちゃいましたが
オーナーの墓を掘る音が聞こえてきて、ほっと胸をなでおろしちゃいました。

2幕の新曲『Higher』については、パフォーマンスはすごいって思います。
とにかくカッコいいし、興奮しますよね。
物語の流れを強引に変えてしまう力もある。
この曲の…と言うか、シーンの感想も、もう1度見てからにしようと思います。

とにかく。初日の感想で書いておきたいこと(笑)
3回あったカーテンコールについて。
去年までとは、カーテンコールの流れが変わりました。
天使コウイチから、コウイチにもどった光一さんが、最後に客席にご挨拶して
カンパニー全員が勢揃いして、光一さんがわたしたちにお話しをする。
そんな流れになりました。

帝国劇場でSHOCKの幕が下りたのは(最後までできたのは…だったっけかな?)
(去年の)3月10日以来…のことになります。
3月11日から、エンターテーメントってなんだろうと考え続けてきました。
続ける事と中止にする事について。いろいろ考えたって言ってましたもんね。
博多座で1か月やってきたので大丈夫だと思ったけど
やはり初日と言うのは特別なものがあって…そんな話をされてました。

大好きな場所。しっくりくる場所である帝国劇場。
スタッフのみなさんが、短い時間で、この素敵な劇場を、SHOCK仕様に
変えてくださった…と感謝の気持ちもお話しされていました。
スタッフさんの中には、博多座にも行った方もいらっしゃるそうですが
帝劇にしかできない仕掛けもいろいろあるから…そんなふうなことも。

せっかくだから…と、この日は、他のメンバーにも話をふっていました。
内くんは、いつもはスケジュールを楽屋にはっているけど、今年は貼ってない
…って言ってましたね。
帝劇公演だけでも105あって、初日が終わった段階では、あと104も
残っているんですからね。去年の(予定)の1.5倍の公演数ですから。

「はじめまして。神田沙也加です」とご挨拶された神田さんも
3.11の日は帝劇にいて、次の舞台へのおけいこ中に被災したと言っていました。
大好きな劇場だとも〜。
その大好きな劇場で、Endless SHOCKという演目に出演させてもらえて嬉しい
…とお話しされていました。
神田さんの歌声は、舞台で育ったものなんでしょうね。
可憐なのに力があって、わたしは好きです。

オーナー役の植草くんは、たのもしい後輩たちと舞台に立てて嬉しい
そんなお話をされていました。
ふぉーゆーはうるさいけど…って言ったのは、光一さんでしたっけ?

「ハイヤーの振り付けをお願いしたトラヴィスとステーシーも観てくれています」
…と、光一さんは、おふたりを舞台にお呼びしました。
すごく厳しい指導だったとのこと…特に、ステーシーが。
それは、大きな愛情があるからこそだ…と、光一さんはおっしゃって。
おふたりに、花束をわたしていました。
トラヴィスは、光一さんとカンパニーのパフォーマンスを最高だと褒めていました。

ゲネプロと初日観劇のために来日してくださったそうですね。
トラヴィスとステーシーは、お花をだいて、下手袖へとはけていかれました。
おふたりの指導による『Higher』ですが、これからももっと…
成長していきそうな楽曲ですよね。

ダブルカテコが終わって、幕が下りて。
観客のみなさんも帰り始めましたが、拍手は鳴り止まず…
そして。3回めは、光一さんおひとりで、舞台下手袖から登場なさいました。

客席の上の方やあちこちから舞台を見てみるのですが
帝国劇場は、やはりすばらしい劇場だと思います。
動線は、博多座の方がきれいですけどね…とのこと。
博多座は、コンパクトですごく見やすい劇場でしたけど、
もともと歌舞伎の劇場だから、SHOCKという舞台に作り変える事においては
やはり帝劇の方がむいてるンじゃないのかな〜とか、
勝手にわたしも思ったりしてるのですが、どうでしょうか。

ほとんど毎日、この場所でSHOCKを上演していますから
みなさんもカンパニーの一員となって、13時と18時には「あぁ幕が上がったなぁ」
…と、帝劇に思いをはせてください。
座長に言われなくても、SHOCK期間中はついやっちゃってますけどね。

カンパニー全員で、残り(笑)100公演以上を走り抜けられますように。
その願いを書きとめたいだけのblogに、ここまでおつきあいくださって、
どうもありがとうございました。
初日の幕が上がる直前に、携帯から投稿した中途半端な記事も
たくさんの方にお読みいただき、ブログ気持ち玉もいただきました。
ほんとうにありがとうございました。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
2011年3月10 日ぶりの…Endless SHOCK 帝劇800通算834 このまま・手をつないで、霧の向こうへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる