このまま・手をつないで、霧の向こうへ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2011年を懺悔する。

<<   作成日時 : 2011/12/31 23:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

当たり前のことが当たり前でなくなってしまった2011年が終わる前に
「2011年を懺悔する」という、1年のヲタごと参加記事を書こうと思います。
ジャニーズのナマモノ鑑賞をすること。
いつの間にか、それがてるひの当たり前になっていました。
ほんとうの幸せは、当たり前のなかにある…と以前、教えてもらいました。
サラサラのシーツで眠れること。あたたかいコーヒーを飲めること。
それが当たり前ではなくなった年、2011年を振り返る事にします。

2011年もキンキの元日ライブで始まりました。
渋谷にFamilyのモニュメントを見に行ってから、東京ドームへ。
キンキコンで1年を始められた事に感謝しつつも、
頭のどこかで、当たり前のことだと思っちゃってたかもしれません。

そして、大阪遠征。ラス前とオーラスに参加しました。
最終日の朝には、西大寺さんにお参りすることができました。
いつか…桜が咲く頃に、西大寺さんに来られますように。
そんなお願いをしったっけ。。。

2月、Endless SHOCK。
お友だちのおかげで2日めに観劇することができました。
いろんなご縁と、ちょっとだけ一般でも頑張って、
何度か帝劇に足を運ぶことができました。

そして、3月11日。チケットをお譲りいただき、800回記念公演に
参加できる事になったのです。
3月だし…と、少し薄手のコートに着替えて、帝劇に行きました。
その日、新しい写真が追加されていました。
コウイチとウチが背中合わせになる殺陣のシーンの写真を、絶対に買おう。
今日じゃなくてもいいや…まだ、自分名義のチケットも手元にあるから。
そのちっちゃな願いは、叶うことはありませんでした。

14時43分頃だったかな。自分の席についたのは…
45分、帝劇の鐘(…と私が呼んでいる、開演5分前を知らせる鐘)がなって。
大きく劇場が揺れたのは、その…1分後のことでした。
ラダーの揺れる音が、今でも耳に残っていて、
9月に帝国劇場で観劇をはたした時には、あの日のお席のある2階への階段を、上る勇気がありませんでした。

帰宅難民となって、国際フォーラムの避難所に泊まることになってはじめて
被害の大きさを知りました。
心配してメールをくださった方、mixiなどの伝言板に書き込みしてくださった方
被災した事を書いた記事を読んでくださり、メッセージを寄せてくださった方も
ほんとうにありがとうございました。

Marching Jの野球大会に、お友だちに連れて行ってもらったのも
良い思い出です。
そうだ。今年の漢字!
日本人が選んだのは「絆」でしたよね。
剛くんは「人」だそうです。

わたしも考えてみたんだけど、熟語ばかりが思い浮かんじゃって。
一文字となると難しいんだけど「歩」でしょうか。

今年の6月、はじめて、なら100年会館での剛くんのLIVEに参加できました。
音楽の力と癒しを感じたLIVEでした。
そして、人とつながりたいと思ったLIVEでもありました。
これは、来年への課題かな(笑)

行けなくなってしまったお友だちの代わりに、
十人十色の仙台追加にも参加させていただきました。
その翌日、石巻の街を歩いたこと。
たくさんの悲しみを見ました。
そこから立ち上がろうとする人たちの声を聴いて、逆にはげまされて。
そんな旅でした。

そして、2011年をキンキコンでしめくくる事ができました。
これは、当たり前のことじゃない。。。
でも、とても幸せなことですよね。

2011年は、もうすぐ終わろうとしています。
たくさんの方と、いろんな場所で、いろんなカタチで仲良くしていただけて
いろいろ考える事ができた、意味のある1年だったと思います。

いつやめてもおかしくないような、ちっちゃなblogにお立ち寄りくださったみなさま
ほんとうにありがとうございました。

カウントダウン始まっちゃった…

みなさま、良いお年を。

2011年12月31日 書き手 てるひ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
2011年を懺悔する。 このまま・手をつないで、霧の向こうへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる