このまま・手をつないで、霧の向こうへ

アクセスカウンタ

zoom RSS KinKi Kidsと言うジャンル NHK生ラジオとMJ 11.11.12〜13

<<   作成日時 : 2011/11/16 01:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

日本全国津々浦で聞けちゃうNHK FMさんで、突然の生放送と
NHK総合さん、MUSIC JAPANでのKinKiさん特集。
いきなりお腹いっぱいになりすぎて、なに書いたらいいのか
わからなくなって、ひたすらalbum聞いてました。
少しずつ曲の印象も固まってきたし、KinKiファンじゃない方の感想とかも
耳に入ってきたりしたので、今さらですが、NHKさんの2番組の感想など
ちょっとだけ書いておこうかな…と思います。

今、blog書かなくて、いつ書くんだの時期ですが、
霧の中に引きこもって、ひとりごと書いてるより
楽しい気持ちを分かち合える場所を探したい気持ちが強いかも。
でも、またそのうち、引きこもりたくなるんだろうけど(笑)

album聞いたり、メディアに登場するふたりを見たり、聞いたりしてたら
ジャニ友(長野の…ではないです)さんから、
13日に堂兄で披露された曲について「あれはターゲットは何層なの?」
…とのをもらいました。

『危険な関係』は、フルで聞いてこその楽曲だと思います。
どヤ!で解禁されて、拓郎さんからの提供曲だと紹介された時は
いい!とか、好き♪と言う感想は持てませんでした。
前奏は好きなんだけど、出だしからのリリックを普通に聞いてしまうと
このふたりは、なんで一緒にいるんだろう?…と疑問を持っちゃうものでしたし。最初は、普通の恋愛の歌として聞いていましたけどね。

♪ふと 恋人のように思える時がある♪のフレーズから
あぁ…まさに、拓郎さんが見てきたふたりなんだ…と納得してからは
拓郎さんにしか書けない楽曲だなぁ〜と楽しめるようになったんだけどね。
でも。この歌のこの感覚は、ふたりの活動スタンスを楽しめるファンにしか、
わからないのかもしれないな〜とも思いました。

NHK FMさんで言ってたんでしたっけ。
誰もふれなかったKinKi Kidsを描けるのも、拓郎さんだけ…みたいな話。
この歌については、カミスン!感想を書ける日がきたら、またふれるかも。

生ラジオでは、生であることを強調しようとするふたりが、なんかおかしかったですよね。
終了したばかりの某スポーツの話題を、光一さんがしてみたり。。。
LIVEのMCと同じで、どんどん話が長くなって、おせおせになってしまったり。

ラジオのオープニングで『愛のかたまり』が流れた時には、
KiNKi youコンを思い出して、ドキドキしたりもしました。
再会のalbumであり、新しい出発でもある作品…と言うことで
以前に提供してもらった曲をかけ、K album に提供された歌もかける。
そんな進行でした。
LIVEの打ち合わせをした…と言っていましたが、
LIVEも、過去と今を行きつ戻りつする…そんな構成になるのでしょうか。

はじめての番組に出演する時の、名刺代わりでもある『硝子の少年』
MJでも歌っていましたよね。
LIVEでも、必ずって言っていいほど歌われていますが、
山下達郎さんもおっしゃるように、時代を越える力を持つ歌ですもんね。
アイドルのデビュー曲には、考えられない楽曲だったかもしれないけど
ふたりの方向性を示す歌ですし、
ふたりのキャッチフレーズともなる楽曲として、『硝子の少年』以上にしっくりくる歌は、今のところ出ていないですよね。

もしデビュー曲が『ジェットコースターロマンス』だったら、
ふたりは、違う方向へ言ってたかもしれないですよね。

LIVEでこんな歌をやってほしいリクエストもおもしろかったかも。
『シンデレラ・クリスマス』を歌ってほしいと言う方とか…
候補曲に入ってません…と断言されてたけど。
ジェットコースター以上に、季節が限定されちゃう歌だから、不利だよね。
大阪限定とかにするしかない?
いや…大阪も最終日はクリスマス終わってるし。

『銀色・暗号』を…と言った男子もいましたね。
あれ?生ラジオでの話ですよね(笑)
女の子とふたりで参加したKinKiのLIVEで歌ってたって言ってたけど。
てるひも聞きたいけど、この歌もなさそうですよね。

LIVEの構成が、K albumの楽曲と同じ作家さんが作った過去曲を
組み合わせていくものだとしたら、光一さん、剛くんからの提供曲(笑)も
過去曲からピックアップされると思うけど…
『Family〜ひとつになること』と並べるとしたら『Music of Life』は、どうでしょ?
光一さん好きパターン(笑)でいけば、愛かた…なのかな。
去年のLIVEで、共作曲はずらり歌ってくれたから、
今年はFamilyだけになるのかな。

『サマルェカダス〜another oasis〜』を歌って欲しいと言うご意見も。
光一さんも、剛くんも、タイトル読めてなかったね。
すぐにはなんのカップリングだったか…てるひも思い出せませんでしたが
『Harmony of December』だっけ?って思った私をほめてあげたい(笑)
正解は『スワンソング』なんだけど、Harmony〜の作家さんなんだよね。

光一さんが「光一好きパターン」と言ったこの歌
生ラジオの日の段階では、セットリストには入ってなかったようですが
いきなり入っちゃう事があったりしたら、おもしろいですよね。
2年前の『スワンソング』の感想文を読み返してみたら
カップリングでは、この歌が1番好きって書いていました。
日本語にはありえない発音をあえてさせて、作家が創り出した場所へと
心が引き寄せられる…とかなんとか。絶賛してるの。

ラジオでこの歌の話が出るまでは、思い出すことがなかった曲ですが
今、Kアルの楽曲たち以上に、脳内でリピされてるこの歌…
せっかく生ラジオに「LIVEで聞きたい歌」が、いろいろ寄せられたんだから
ひとつくらい、取り入れちゃってもイイんじゃないでしょうか(笑)

生ラジオの最後、武部聡志さんのピアノで『Family〜ひとつになること』を
生で(ほんとかしらね?)を聞かせてくれました。
深夜に聞いた楽曲の話を、深夜に書いてるので、多少、暴言入りますが…
ピアノだけバージョンが、1番イイよね、この歌。

ピアノは、コーラスとは違って、おしゃべりすぎないし
ふたりの声に寄り添ってる…って感じがすごくして、素敵でしたよね。
ピアノからだけじゃなく、光一さん、剛くんからも歩みよってた。
まさに一つになってた。
『Family〜ひとつになること』にこめられたメッセージを、
よりわかりやすく伝えるためには
シンプルな演奏にのせる方がイイんだって、しみじみ思いました。
でも。誰のピアノでもイイってわけでもないんだろうな。
武部さんだから…なんだろうな。

剛くんが鍵盤たたきながら、ふたりが歌う…もありかな。
Marching Jの映像で、Fanmilyが』配信されると知った時に、
そのパターンを期待しちゃったのは、あたしだけでしょうか。

MJでも魅せてくれたこの歌に感動しちゃったし、
『願う以上のこと 祈る以上のこと』も、ダンスも振り付けもなくていいから
ピアノだけで歌っちゃえば…って思っちゃった。
コーラスもいらんし・・・な〜んて。

今さらだけど、ラジオとTVの感想を〜ひとつになることしちゃおうと思ったのは、
無理があったみたいです。
このままだらだら書いちゃいそうなので、この記事は、この辺で終わりにして。
MJで歌ってくれて、そっか…と腑に落ちた『ヒマラヤ・ブルー』について…とか
トークについても少し書きたいし、
松本隆さん作詞の3つの歌の話とかも、書きたいな〜とか思ったりしています。

KinKiさんの露出が多すぎて、消化不良おこしちゃって
痛むおなかをなでながら?どーでもいいこと話してるてるひのひとりごとに
おつきあいくださって、どうもありがとうございました。

以前のK album楽曲などの感想文も、たくさんの方にお読みいただきましたし、
ブログ気持玉もたくさんいただきました。
ほんとうに、どうもありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
KinKi Kidsと言うジャンル NHK生ラジオとMJ 11.11.12〜13 このまま・手をつないで、霧の向こうへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる