このまま・手をつないで、霧の向こうへ

アクセスカウンタ

zoom RSS ひとり二役と悲しい殺陣が見たいのです

<<   作成日時 : 2011/09/26 23:37   >>

トラックバック 0 / コメント 2

某舞台を見てきたら、コウイチの殺陣が見たくなりました。
光一さんの殺陣、すごく好き。
ショーという箱から出したらどうなるだろう?
ほんものの刀同士(という設定の)普通の殺陣が見てみたい。
SHOCKのDVDを出してきたけど、まだ殺陣のシーンを見る気になれないので
2006年に発売された初演の年のEndless SHOCK DVDの中の
ヒストリーを見直す事にしました。
SHOCKのこと、殺陣とひとり二役について、だらだら語ってるだけのblogです。

このDVDの本編(Endless SHOCK 2005) は、国際フォーラムで見て満足して
再生はしていない気もするなぁ(笑)
でも、今日もそちらは置いといてDISC3をセットしました。

9月はナマモノ関係に、けっこう(?)参加する事ができましたが
1番最初にチケットを確保してあったのが、先週観劇した舞台でした。
派手なセットも演出もなく、歌舞伎の醍醐味の宙乗りも早変わりもない。
歌舞伎という名の人間ドラマでした。

観劇後のネタバレ探しの旅で、主役のふたりが、7年前の上演時には
ひとり二役だった…と言うことを知りました。
ひとりが演じていた役をわける?また、ひとり二役になる日もくるのかなぁ

光一さん座長のSHOCKの始まりもそうでしたよね。
もともとは少年隊のプレゾンの1演目でした。

光一さんが、ある意味お祭り…と振り返る、MILLENNIUM SHOCK。
わたしの記憶が間違っていなければ、帝劇最年少座長公演が告知された当初は、赤坂さんは出演者に入っていなかったと思います。
初舞台の今井翼くんと東山紀之さんと、座長の光一さん。
でも、かなり早い段階で、赤坂さんの名前も聞こえてくるようになりました。

光一さんの初座長舞台のMASKも、少年隊プレゾンの1演目でした。
3人で演じた主役を、ひとりで演じる。
ひとり3役ですよ?
もちろん、誰かとのキャッチボールとなる演技とダンスは、
亡き父とか、母とかメンバーとかが、少しずつ担ってはいましたけどね。
ストーリーがぐだぐだにならない方がおかしかったくらいですよね。

で。初座長から1年と10か月、今度はSHOCK…
少年隊SHOCKでは、植草くんが、バイク事故にあう役どころでしたっけ?
さすがに、光一さんが事故で踊れなくなっちゃって
お医者さまに「踊れますか?」って聞いてたんじゃ、話は進みませんからね。
義弟として、ツバサと言う役が設定されたのでしょうか。。。

翼くんと東山さんと光一さん。
東山さんは、少年隊SHOCKの東山さんパートを演じるのかと思ったら、
そうではなく…アニキ。しかも、幽霊(笑)
光一さんが、東山さんと錦織さんのふたりの役をひとりで演じる?
ふたりの衝突とか、行き違いとか…そーゆー葛藤はどこへ?(笑)

だから、赤坂さんがメンバーに入ったのか…と思ったけど、そうでもない。
赤坂さんは、ショーを進める上での重要なパートナーではあったけど
名前のつく役でなくても、そんなに差支えなかった気もするんだよね。

SHOCKヒストリーは、Vを見ながら、光一さんが思い出話する形式です。
劇場で見られた人は、ラッキーだったと思う…と言うお祭り舞台。
「Vがあるんだから、出せって事ですよね?」と光一さんも言ってたけど
ほんとうにそうですよね。

そして。年またぎ2001,2002年のショー劇・SHOCK。
東山さんが演じていたアニキの役も、光一さんが演じることに。
最後、アニキとして昇天した光一さんは、2階席に着地するやいなや
上手階段を駆け下り、エレベーターの中で着替えて、コウイチとして舞台に立ち
アニキへの言葉を言わなきゃいけない。

不可能を可能にする帝劇スタッフ陣、万歳?

MILLENNIUM SHOCKは、ダンスひとつとってもお祭りでした。
足がないはずのアニキまで踊っちゃうしね。
死者であるアニキのダンスよりも、コウイチのダンスの方が人間を感じなかった。
これは、てるひ流のほめ言葉で(笑)
コウイチさんの背中に羽根が見えた、最初だったのかもしれません。

先に進まなきゃ…戻ってどーする(笑)
劇中劇のショーと幻のショーが混在したMILLENNIUM SHOCKから一転して
アニキとコウイチを、光一さんのひとり二役としたおかげ…か?
ショー劇SHOCKからは、殺陣を中心においたジャパネスショーが、
大きな位置を占めるようになりますよね。

12月が忠臣蔵で、1月は新撰組。
12月公演と1月公演の短い休演期間中に、ジャパネスクを入れ替える。。。
しかも、年末年始は、KinKiコンがあって。
秋山くんが、東京ドームのMCに飛び入り参加して、口上を覚えなきゃいかん
…とあせってた(?)のが、今でも忘れられなくて…

この頃の光一さんの殺陣に、悲しいほどの美しさを感じる事はなかったかな。
目新しい事をしようというチャレンジ精神には、あふれていたと思いますけど。

光一さんがひとり二役をする事によって、お祭りから、堂本光一の舞台への
進化を始めた年でもありましたね。
少年隊SHOCKの東山さんと錦織くんのキャラを、どっちも演じてた光一さん。
MILLENNIUM SHOCKから、ひとり二役だったとも言えますけどね。

ジャパネスクショーが音をたてて変わり始める、2002年6月の再演。
殺陣が、どんどん前に出てくる。そんな感じ?
アニキを飲み込んでからの光一さんは、影武者さんのパフォーマンスも
どんどん奪っていきます。MASKショー、階段落ちまでも。
自ら望んでそうしたんでしょうけど、ほとんど舞台上にいる事になっていきます。

それと並行して、ショータイムを独立したカタチではなく、本編に入れ込んでいく事により、SHOCKは、より進化していったのだと思います。

2003年、義弟がトーマだった年。
公演の途中から『月夜ノ物語』が、劇中ショーの中に組み込まれます。
自分で作った歌を入れた…最初だった?
その翌年でしたっけ。『消えない悲しみ 消せない記憶』が入ったのって?

SHOCKを語る上で欠かせないのが、フライングですよね。
いろんなフライングがありますが、わたしは、リボンが1番好きです。
最初の、水色のリボンを体にまきつけて飛ぶフライングは、そんなにきつくない
…そうですが、りぼんを両手でつかんで、腕の力で飛ぶフライングは、
筋が切れちゃうほどの負荷がかかるシロモノ。
「まねできるもんなら、まねしてごらん」
こんな言い方をしちゃう光一さん、若いよね…当時、26歳かな?

Shoking SHOCK。集大成であり、SHOCKに終止符を打つ事になった作品。
光一さんが独り占めしていた、東山、錦織の両キャラから、
うまーく義弟ツバサにスイッチした部分もありましたよね。
この年のツバサは、自信家だった覚えが…

SHOCKヒストリーを見直して、また思った。
座長のリチャードが見たい。。。

Endless SHOCK元年。はじめは、Endlessと言うサブタイトルかと思ったけど、
SHOCKとはまるで違う作品だったんだよね。
2005を見た時には、Shoking SHOCKの方が良かったンちゃう?
…と思ってしまったけど、その後、ストーリーが整備されていき、
進化をとげていくんですよね。

このヒストリーを語っている時点では、こんなにEndless SHOCKが
ロングラン公演される事になるとは、光一さん自身も思ってなかったのでは?
公演を重ねるごとに、終止符を打てないなにかが見つかってる?
なんとも不思議な作品ですよね。

違う舞台を見るたびに、SHOCKが見たくなったり、
光一さんの殺陣が見たくなるてるひって、おかしいのかなぁ。。。

ひとり二役。Endless以前のSHOCKでは、光一さんはひとり二役でした。
だから、SHOCKを再演する日がもしきたら…光一さんが独り占めしていた二役を
分けることもあるかもしれませんよね。
でも…Endless SHOCKでは、一つの人格に融合し、コウイチと言うキャラを
作り上げてしまいました。公演ごとに眼差し、姿勢が変化していますけどね。
Endlessでは、キャラを分ける事はできないかな。
先週見てきた歌舞伎や、Endless以前のSHOCKのようには…

今、ものすごくSHOCKが見たい。美しい殺気を感じたい。
そして。いつか…光一さんの悲しみの殺陣を見たいです。
さて…やっと5分でわかる〜を見る気になってきたわ。。。

先週、舞台を見たからなのか、その前の週、相方さんのLIVEに参加したからか
話をしたくてしかたがないモードに入ってしまったようです。
こんなどーでもいい独り言におつきあいくださって、どうもありがとうございました。

相方さんLIVEと、一つ前の舞台感想文も、たくさんの方にお読みいただき
どうもありがとうございます。
ブログ気持玉も、ほんとうにありがとうございました。

ところで。グループのLIVEの告知はいつだろね?
台湾から…でしょうか、光一さん。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは♪…あ…語りたい方はこちらでしたか……てへっ!自分と一緒にしちゃった_(^^;)ゞ

でもそういう存在があるって素敵なことだな、楽しいな…って…思います♪
Rain
2011/09/27 22:05
Rainさん、おはようございます。
早乙女くんのことは、語るほどのなにかをまだつかめてないので(笑)
彼のことは、今ンとこ知りたいって気持ちかな。
悪いくせなんだけど、舞台を見ると、ついこの演目のこと考えちゃうらしい。座長をと言うよりもSHOCKを…かな。さすがに蜷川さんの舞台を見ても、SHOCK語りたいとは思わないだろうけどね。
11月に早乙女くん座長公演を見に行ったら、どうなるかなぁ…いきなりメインテーマ変わったりはしないと思ってますけど。
てるひ
2011/09/28 07:45
ひとり二役と悲しい殺陣が見たいのです このまま・手をつないで、霧の向こうへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる