このまま・手をつないで、霧の向こうへ

アクセスカウンタ

zoom RSS ずっと君と、きみがいるから KinKi Kids in 音楽の日

<<   作成日時 : 2011/07/17 09:51   >>

ナイス ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 2

たくさんの白い羽根…
スタンバイしたfutariを見て、心が驚きの声を上げました。
嬉しい時にも泣きたくなるんだね。
音楽の日を見て「なにじめじめしてんだよ?」座長の声が聞こえたかどうかはわからないけど、やっと、元気出てきた。
歌って不思議。futariの歌の力に、また救われた。
この日限りのKinKi Kidsメドレーの感想を書いておこうかな。

今さらすぎる会報記事を書いてから、また1週間過ぎちゃったけど
その間に『Time』のMCを見て、感想を書きかけたんだけど、夏バテ?
からだが…と言うより、心がバテてる感じかな。

7月15日(金)、剛くんの平安神宮LIVEの結果が携帯に届いた。
行ける気してたのに行けなかった公演がないわけじゃないけど、
平安神宮に関しては、全く行ける気がしてなかったら、案の定の結果でした。
2日間、申込みしてたから、落選メールが2つ。
やっぱり「当たる!」と思ってなきゃ、当たるわけないよなぁ。。。

音楽の日は、せっかくの生放送なのにリアルタイムで見らなくて
ますます落ち込みそうになったけど
剛くんのラジオで、7月16日がなないろの日=虹の日だと知って嬉しくなって
いそいそ(?)DVDを動かして、futariを発見。。。

光一さんも剛くんも、髪が黒くて、なんかほっとしたりして。
華美ではない黒いジャケットに、白のボトム。
色合いは一緒だけど、全く違うカタチの衣装は、最近では当たり前だけど
光一さんのジャケットの裾から、のぞいてるグレーの布(?)はなんだかなぁ…
LIVEで、ジャケット脱いだら、全く違う雰囲気の衣装になってる
…と言うならわかるけど、TVで衣装替えはしないでしょ???

司会の中居くんにたたかれた?いたずらされた光一さん。
モンク言いたそうに笑ってる?
その手のいたずらって、周りに伝わらないよ…中居くん。。。
だって。剛くん、輪に入れない感じだったもの。

曲の選択は、誰がしたんだろう。。。
新聞には「キンキ初期のヒット曲をメドレーで」とあったけど
『Family〜ひとつになること』は、歌わないの?
この歌を歌うと思ってたんだよね(笑)
『Time』も、新しい世界へ歩いていく…歌だから、復興への希望にマッチするかもしれないけど、胸騒ぎする曲調だから、歌わないだろうし。
少し前にお友だちも、歌わないだろうって予想してたっけ。。。

安住アナから『フラワー』を含むメドレーと紹介されて、大きくうなずきました。
直せないものなどないと信じること…
朝はやってくる。必ず、やってくる。
歌詞はもちろん、明るい曲調が、音楽の日にはぴったりですよね。
客席には、いろいろな世代の方がいらっしゃるけど、
この歌は、みんなを元気にしてくれる歌だと思うからね。

会場から黄色(?)い声が…久しぶりにTVで歌う『フラワー』についてくれる後輩くんたちがスタンバイしたようで。
真っ白な衣装…白、始まりの色だね。
They 武道とふぉーゆー。
光一さん、後輩たちのユニット名がなかなか出てこなくて、言い訳してたけど
え…『フラワー』に、そんな踊れる後輩くんたちである必要はないような???

スタンバイしたfutariをカメラがとらえた時、思わず上に手をのばしていました。
「幸せ」に触ったみたい…だよ、今。。。
白い羽根は、文字通り背中にはえている羽根だけを指すんじゃない。
飛び立つ準備をするfutariの後ろに、見え隠れする8枚の羽根。
君を抱いて空も飛べる白い羽根は、いろいろなカタチをしているんだった
今さら再確認して、笑ってしまったけど。
歌だったり、言葉だったり、花だったり、笑顔だったり、温かいスープだったり。
ゆるくまとめると、希望ってことですよね。

大好きな『ボクの背中には羽根がある』を聴けるとは思ってなかった…
心が風邪をひいた時に、必ず聞く、てるひのお薬のような歌。
心がほかほかあたたかく…熱くなりましたね。
LIVEじゃなく、TVから流れるfutariの歌を聞いて泣いたのは久しぶりかも。
ずっと君と生きてくんだね。
”君”にもいろいろな意味がありますよね。ストレートに今となりにいるひと、
家族、自然、日本、生きがい…
ラブソングであって、それだけではない。

『フラワー』は、できるかも→できる!と思えてくる歌ですよね。
辰巳くんが、この歌のバックで踊ってた話をLIVEのMCでしてましたよね。
踊ってる…と言うより、楽しんでるチビっこジュニアがいっぱいいたな〜
Vを見直して、辰巳くんを探そうと思ったけど、してなかったっけ…
また、フラワーダンシングできたんだね。

この2つのユニットは、KinKiコンにもついてくれた事がある実力ある後輩たち。
また、一緒に騒げたらいいなぁ〜と思ったりしました。

2曲を歌い終わった時に、剛くんが、会場に頭を下げて
光一さんは、はけていく後輩くんたちを見た。
はけて…いく?
3曲めがあった事に、少し驚きました。破格の待遇ですよね(笑)

『Family〜ひとになること』
正直、最初はこの歌を好きだとは思えませんでした。
冬コンで3パターンのFamilyを聞いた時も、そんなに歌わなくても…とも思ったし。LIVEで輝く歌だなぁ〜と感じたけどね。
3.11、ひとりぼっちの夜を体験したからかな。
この歌の力というか、3.11のような日を予測したわけでもないだろうに、
あのタイミングでリリースされた不思議さというか、
歌の使命みたいなものを感じたんですよね。希望って言えばいい?

ボク羽根〜フラワー〜Family
どの歌も、希望、明日、未来を歌っていますよね。
KinKiの歌には、そんな歌がたくさんある。
姿勢も、歌に込めているものも思いも変わっていない。

『フラワー』は、futariから励まされてると思って聞きました。
この歌は”僕ら”がたくさん出てくるから、君を相方の事を指すのではなく
わたしたちのことで、みんなへの応援歌なんだ…と思えるからね。
”君”を、わたしたちと解釈するだけじゃなく、
相方とも考えるようになったのは、いつ頃からだったかな。
少なくとも、ボク羽根の”君”はどちらとも取れますよね。
futariがいるから「幸せ」に触れる。君がいるから歌える。空も飛べる。

Familyは、剛くんが書いてるからね。意識して”きみ”を相方の事も連想させるように使ってるから、提供曲と比べられないよね。
昨日は、この”きみ”というワードを、もっと抽象的な意味で聞きました。
明日を照らすツヨい光。大好きな日本に元気になってもらいたいという願い。
その意思を投げるよ=照らせるよ…ができることに「ありがとう」

理屈じゃなく、いいなと思いました。
ま。しょせんKinKi Kidsのファンなので(笑)
futariのことを話したい気分なので、久しぶりにファンblog巡りしようかな。

光一さん、剛くんが歌のスタンバイしてる間の、中居先輩がふたりのこと
アーティストとして認めている、誉めている言葉が嬉しかったな。
歌い終わったふたりに言っちゃうのも、中居くんならでは…ですよね。
あたたかいです。

何言ってんだかな〜の音楽の日の感想にお付き合いくださって
どうもありがとうございました。
今さら過ぎる会報記事も、たくさんの方にお読みいただき、
ブログ気持ち玉も押していただいて、ほんとうにありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 25
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは〜♪あの番組の趣旨を全く理解していなかった大ボケものです(恥)KinKiの選曲はなるほど!でしたね。
「Family」ライブでの歌い込みの成果?感情をこめやすかったのか?素晴らしいものになっていたと思います。
会場からは「キャー」の声があがっていたけど、私は穏やかな「ほぉ〜」でした(笑)
Rain
2011/07/17 12:35
Rainさん、こんばんは。
わたしも、見て初めて、そっか…と思ったけど、予備知識無で見てましたし、50組もアーティストが登場するともしりませんでしたよ(笑)しかも、まだKinKiさんと世良さんしか見てないし…
KinKiの楽曲は、メッセージ性が強いものも多いけど、あの番組には、Familyしかないですよね。すばらしかったと思います。
ただ…♪犠牲を越えた〜は歌って良かったのか…かなりひっかかってはいますけど。
会場からの「きゃー」キスマイの時にはもっとだったのかな?兄さんたちには、あんまりなかったよね(笑)
てるひ
2011/07/18 22:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ずっと君と、きみがいるから KinKi Kids in 音楽の日 このまま・手をつないで、霧の向こうへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる