このまま・手をつないで、霧の向こうへ

アクセスカウンタ

zoom RSS 愛されるより『イノセント・ウォーズ』歩いた日記vol.3

<<   作成日時 : 2011/04/25 22:22   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

”あお”を見たいと思った。
しろでも、あかでもなくて、あおを見たい。
渋谷にフェルメールを見に行こうか、それともまぐろ?
あきっぽいてるひが、なんとか3週間、歩くことを続けられました。
4月17日から始まった1週間は、空がつながってるのか不安になった。
てるひの歩いた日記vol.3です。

4月17日。近くのお城の桜を見に行きました。
剛くんのお誕生日は満開でしたが、すっかり葉桜になってました。
お城の周りって、桜の名所が多いのはなぜだろ?
ここはお城と言っても、40年ほど前に作れらた天守閣ですけどね。

東北地方を北上中(?)の桜前線。
ずっとむかし。弘前城の桜を見た事があります。
世界一長いと言う桜並木よりも、雪が残る岩木山の方が記憶に残っています。
またいつか…訪れてみたい場所のひとつですね。
17日の歩数 10104歩。

18日からは、ふたりラジオでしたね。
春に発売される予定だった『Time』ですけど、
発売未定のまま、桜の頃は過ぎちゃいましたけど。
タイアップ曲だから…なのかな。
それとも、地震の影響?それに伴うおとなの事情?

せめて。ラジオでフルコーラス流してくれないかな。。。
『Time』はじめて聞いたのは、3月11日の地震の前でした。
ゲームの世界観にリンクしたその曲調は、
てるひにとっては、非日常の調べ、ここではないどこかへ連れて行ってくれるような
新しい感覚でした。

月曜日は、打ち上げと称する飲み会があったので、6,000歩しか歩けませんでした。
あと4日で挽回できるかな。。。

4月21日。今月は有給休暇を取っていなかったので、
イベントも約束もなかったけど、ふらり出かけることにしました。
最近は曇りがちで、青を見ていなかったので、見られる場所へ行こうと思い
葛西臨海水族園へ。
何度か足を運んでいる場所だけど、ひとりで来るのは初めてです。

最初にわたしを出迎えてくれたのは、鮫とエイ。
とんかち、ハンマーのような頭をしたシュモクザメにドキドキしました。
水槽すれすれに立って見ていると、わき腹の横を泳いでいく鮫。
この不思議な緊張感、ぞわぞわする感覚ってくせになる。
一緒に泳いでいるような感じ?

この水族園は、マグロの回遊水槽が有名ですよね。
まさに、お魚になった気分?
口とえらに海水を流し込み、その中から酸素を取り込んでいるので
泳ぎをやめてしまうと、窒息してしまうから、一生、泳ぎ続けなければなりません。
休む時も泳ぎ続ける。
泳ぐことに疑問も持っていないんだろうな。
なんだか…コウイチみたいだなぁ〜なんて思ったりして。

あれ?コウイチは、ショーを続ける事、踊り続ける事に疑問を持つこともなかったなら
「走り続けるってつかれねーか?」
このオーナーからの問いかけは、意味がわからなかっただろうなぁ。
疲れた時も、踊りながら、ショーの事を考えたりしながら、休んでたんだろうから。

そう考えると、オーナーと言う見守る立場のおとなの存在意義がわからなくなるなぁ
Show must go on.
この言葉は深い。やっぱり、まだ理解できていないですね。

マグロ見てコウイチ思い出すなんて、かなり重症かもしれないなぁ。。。

葛西臨海水族園には、いろいろな海の魚たちがいます。
水族館なんだから、当たりまえ?(笑)

リーフィーシードラゴンに目を奪われました。
小さな龍、泳ぐドラゴン。
リーフィー。葉っぱに擬態している魚で、手足が葉っぱの小さな龍。
擬態と言えば、獣王星のトールでしょ。
人工授精された卵は、代理母である母に擬態して、
弟にそっくりな、白い肌、青い目の子どもとして生まれたんだよね。

リーフィーシードラゴンの擬態前の姿って、どんなだろう。。。

小さなお魚たちは、色とりどりで、綺麗でした。
メスにアピールする時に、赤くなる…という魚もいました。
名前…なんだったけなぁ。

天然色のお魚たちを見ていたら、ちゃりんこやの夏生を思い出した。
剛くんが演じた、ドラマ『Summer Snow』の純情なおにいちゃん。
テーマ曲が『夏の王様』で、しっとりしたシーンのあと、おれおれ…って(笑)
2000年の夏ツアー最終日が、ドラマの最終回の日でしたよね。

剛くんは、その後『元カレ』でも、広末涼子さんと共演しましたよね。
名古屋のF追加コンでご一緒させていただいた方が
『元カレ』はサマスノの続編かと思った…と言ってて(笑)
夏生は死んじゃったのに、輪廻転生した話って、ツッコんだりしたっけ。

葛西臨海水族園で、お魚見て、大好きな水鳥、エトピリカ見てる間中
『夏の王様』と『薄荷キャンディー』がリフレインしていました。
この日の歩数、13,661歩。

4月22日。お昼休みに会社の周りを歩きました。
膝の高さほどに盛り上がったマンホール。
盛り上がったんじゃなくて、道が陥没してるんだけどね。

風に舞っているのは、黄砂?花粉?
ひびわれた歩道橋。通行止めのままの陸橋。
そんな街での、たんぽぽは元気の育って、綿毛を飛ばしていました。

ドラマ「ぼくらの勇気 未満都市」の舞台だった幕張。
地震を体験して、悲鳴を上げている町を歩いていると、頭の中を流れ出したのは
主題歌になるはずだった?『イノセント・ウォーズ』
ドラマには、あの荒れて、すさんだ町には『愛されるより愛したい』よりも
『イノセント・ウォーズ』の方がしっくりくる気がします。

海が聞こえる町。
♪僕の生き方が好きと言ってくれた♪
このフレーズが好き。
生き方が好きと言ってくれる誰かに会えたってすごいなぁ〜と思った。
ひとにとってなにりも大切なもの、生きる姿勢。
それを「好き」って言ってくれるって、素敵でしょ?

愛されるより〜とこの歌を口ずさみながら歩いた。
この日の歩数、13,320歩。
1週間の歩数、75,253歩。
歩くことを始めて3週間。なんとか1週間70,000歩をクリアしています。

4月24日から始まった1週間には、どんな出会いがあるかな。
どんな歌を歌いたいと思うだろう。。。

てるひの歩いた日記におつきあいくださって、どうもありがとうございました。
歩いた日記vol.2とラジオメモもお読みいただき、
ブログ気持玉もありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
愛されるより『イノセント・ウォーズ』歩いた日記vol.3 このまま・手をつないで、霧の向こうへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる