このまま・手をつないで、霧の向こうへ

アクセスカウンタ

zoom RSS Endless SHOCK 2011 走り続けるための、千穐楽まで全公演中止

<<   作成日時 : 2011/03/16 09:37   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 4

Endless SHOCK 2011 千穐楽までの全ての公演の中止。
昨日3月15日の夜にお知らせが届きました。
ほんとうに複雑な気持ちです。
当然の決定だとの思いと、やってほしかったと言うわがままな気持ちと
それにまつわるたくさんの思いを、書いておきたいと思います。

3月11日当日とその日を振り返っての記事でも、少しふれていますが、
地震が起きた瞬間も、避難してからも、帰宅難民となった夜も
ずっと現実ではないような気持ちでした。

適切な表現かどうかわからないけど、
お芝居のようだ。
ずっと…そんな感じがしていました。

フライング装置、ラダーの揺れは、悲鳴のようでもありました。
落ちないように、崩れないよういがんばってた。

光一さんが携帯サイトにその日の事、公演中止について書いてらっしゃいますよね。
全公演中止決定前に書いた文章だと思われますが…
帝劇の鐘が鳴り終わった後の、2時46分の地震。
2幕が始まるまで4分…
光一さんは衣装をつけて、コウイチへと変わろうとしている時間でしたよね。

モニターで、観客が避難をする様子を見て、非常口に向かった時には
2幕を再開するものだと思っていた…とのこと。

かなり長く感じた地震の間と、劇場内を歩いてた時のわたしにも
そんな思いがありました。
あの日の地震は、それらいに現実感がなかったのです。

そして。公演中止を知った時にも、確認作業もあるしね
そんなふうに思っていました。
震源近くの地域がどうなっていたのか情報はありませんでした。

3月13日の朝、その日の昼夜の上演決定が発表された時には
「SHOCKの上演が希望になるなら」
それこそ現実離れした事を思ったりも…

1幕の最後、深い傷をおって、階段から落ちたコウイチ。
やり残した事をやり遂げるために、戻ってきてほしい。
カンパニーの心をひとつにまとめ、旅立つコウイチを観たい…
わがままな、わたしの願望でもありました。

11日の公演中止は決まりましたが、
ぜいたくな事に、FC枠のわたし名義のチケットも手元にあったので
公演続行が決まれば、最後まで見たいと言う希望も叶う。

13日昼夜の公演中止を知ったのは、その日の夕方だったでしょうか。
それじゃ、あのひとたちは…なにゆえ夜公演のチケットを求めてたんだろ?
PCを立ち上げるたびにのぞくのが日課になっているチケット掲示板に
13日の夜公演を求める方の掲示がいくつもあったからです。

その悲しい動きを知った時
あぁ…観たい。SHOCKを観たいけれど、今年は全公演中止でもいい
そう思うようになったのです。

被災地の悲しい状況が、ぼんやりしていた頭でも理解できるようになってきました。
14日の月曜日は、電車が動かず、仕事も自宅待機となりました。
上演されたとしても、帝劇まで1時間のわたしでも、劇場に行けない状況です。

朝、上演中止が発表されても、遠方の方は無理して家を出ているかもしれません。
しかも、首都圏もかなり混乱している。

そんな時、全公演中止の発表がありました。
東宝さんは「安全第一」と言っていますが、
もちろん、そこには語られない事情もたくさんあったと思います。

光一さんをはじめ出演者の方も、上演のために体調を整え続ける気力、
モチベーションを保ち続けるのもかなり難しいでしょう。
スタッフさんもそうでしょう。

個々人の希望は、ほかの誰かにとっては、絶望であるかもしれない。

今回の決定は、大きな目で見れば最良の判断だったと思います。
わたしが思うだけですけど。

最後に。この記事は、前を向くために書きました。
だから、わたしの勝手な思いです。
勝手ついでに書いておきたい事があります。

800回という区切りの公演を、始める所から始めたけれど、
終わる所にたどり着かなかったという事実は、
SHOCKという舞台と物語に、なんらかの変化をもたらすのではないか
そう…11日、帝劇を後にする時に思いました。
わたしの希望なだけですけど。

命の問題を…物語を運ぶための車輪に使ってほしくない。
ずっとわたしの心にくすぶり続けていた思いが、噴出してしまったようです。

相反する思いとして、同じ内容で、もう一度見たいという気持ちもあります。
あの日と同じサイドストーリーのSHOCKではないとしても。

今年のSHOCKについては、また書くこともあると思います。
とても大切で、大好きで、たくさん考えた、真実に大好きな…
観る事をライフワークとも思っている舞台ですから。
てるひの戯言に、ここまでおつきあいくださって、ありがとうございました。
3月11日の記事にも、たくさんのアクセスと、励ましのブログ気持玉
どうもありがとうございました。
おかげで恐怖も乗り越える事ができた。
そんな感謝の気持ちでいっぱいです。

2011年 3月16日 書き手 てるひ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
あれから6年、今日この日にありがとうを。
2011年3月11日、14時46分、てるひは帝国劇場にいました。 この記事を書くために、11年3月の記事を読み返しました。 SHOCKタグの記事、めっちゃ書いてたなぁ(笑) あの日を振り返り、2017年3月11日を迎えられた喜びを綴ります。 体調のことにもふれています。 ...続きを見る
このまま・手をつないで、霧の向こうへ
2017/03/11 21:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
記念すべき800回公演が途中で中断してしまったことはなんとも言い難いものがあるね。。。。でも被災地の被害を目にして本当にいろんな複雑な思いがきっとみんなの胸に溢れそうになってると思う。舞台はまた上演できるからそのときはみんな笑顔で。。。。ね。てるひさんも一人で心細くて怖い思いをしたものね、無事に家に帰れて本当によかった。
CHERIE☆
2011/03/17 11:17
いっぱいお話がしたいです。11日のこと、その後のこと、そして舞台のこと。
彼も自分自身の中で大きな揺れを感じたのだと思います。揺れているうちはむやみやたらに動かない方がいいよね。
街が落ち着きを取り戻した頃…お互いの無事を祝うお茶会…ひっそりといたしますか(笑)
Rain
2011/03/17 18:42
CHERI☆さん、こんばんは。
何度もお返事しようとした手が止まっちゃって(苦笑)お返事遅くなってごめんなさいね。
止まってしまった800回と今年のSHOCK。止まる事が今のShow must go on.だと考えると、この言葉の意味の解釈も広がりますよね。今できる事をする。そういう意味にとるとSHOCKのストーリーがますます見えてきたような気がします。
被災地にも今日は冷たい雨が降ってるんだなぁ…と心がいたみますが、仮設住宅が建ち始めた話を聞いて嬉しくなったり。
たった一晩でしたが、避難所で過ごした経験は、いろいろな意味で貴重だったと思います。
CHERI☆さん、たくさんの心づかいをありがとう!
来年以降、一緒にSHOCKの話ができる日を楽しみに、今できる事をしていきたいな。
てるひ
2011/03/21 18:21
Rainさん、こんばんは。
11日から10日がたちました。長かったような、短かったような…
11日以降のチケットの払戻の方法全てが確定して、やっと…ほんとうに中止になったんだなと思う事ができた気がする。
やっと前に進めそうです。
11日のことも、2時46分以前の話もしたいし、今回の11日以降中止があって、自分なりに納得できたストーリーについてとか、いろいろ話したい事があります。
11日から中止決定までの様々な動きを遠くから見ていて。動ける余地と余力があるのなら、動いても立ち止まっても、動くとしたら右でも左でも、正解でも間違いでもないんだな〜と何度も思いました。
だから、今できる事をする。
お茶会。いいですね〜ぜひ。それまでに、今年のSHOCKをまとめておきたいけど(笑)
てるひ
2011/03/21 18:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
Endless SHOCK 2011 走り続けるための、千穐楽まで全公演中止 このまま・手をつないで、霧の向こうへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる