このまま・手をつないで、霧の向こうへ

アクセスカウンタ

zoom RSS ひとりひとりのサブストーリーが支える…Endless SHOCK

<<   作成日時 : 2011/01/28 21:57   >>

トラックバック 0 / コメント 0

光一さんを座長と呼ぶ季節がやってきました。
昨日1月27日は、帝劇100周年を飾るひとつめの演目の千秋楽でした。
今頃は、SHOCKのセットの組み立てが始まってるんだろか…
帝劇に思いをはせながら、演劇雑誌のインタビュー記事を読みました。
お友だちと何度も語った、SHOCKのストーリーだけど、
目から鱗…の事もいっぱいあって、期待がぐ〜んと高まりました。
来週の初日を前に、てるひのSHOCKへの思いを書いておこうかな〜と。

舞台人 堂本光一さんが好き。
歌だけではなく、ダンスだけでもなく…
コウイチとカンパニーの、ひとりひとりの物語がある。

SHOCKが大好き。
そう言いながら、11年見続けても、Show must go on.の本当の意味も
もちろんわかってなんかない。
見るたびに新しいなにかを見つけ、
わかったつもりになっていたことに疑問が生まれたり…
SHOCK観劇は、いつも、そんな感じ。

どんなにすばらしいショーも、ダンスも、フライングもイリュージョンも
それだけでは、何度か見たら、あきてしまう…でしょう。
SHOCKを見あきる事がないのは、物語にあるんだと思う。
未だ理解できていないメインテーマとストーリー、
そらから、ひとりひとり、舞台上では語られる事のないサブストーリー。

すごく興味深かったのが、
相手の出方によって、今日のサブストーリーはこっちだったな…の件。
微妙な違いかもしれないけど、サブストーリーはひとつじゃない。
感じ方は、ひとつじゃなくてイイし
その日によって、感想が違うのも当たり前。

演者のサブストーリー、伏線が変わってるんだもの。
 あのカンパニーってどうなったんだと思う?
光一さんは、カンパニーのみんなに質問した事があったそうですが
コウイチ最後のショーの後を、思い描けたら、
SHOCKの世界は広がる気がします。
わたしには見えていませんけどね。

全てが終わったら、内は自首したかも知れない?
銃刀法違反の刀すり替え事件。
この事については、考えたことあるな。
光一さんが考えている時期とは違って、事故の直後…
内は自首したかもしれないな…って考えた事がある。

でも、証拠不十分だった…
だからこそ。オンのステージを守ろうと強く思ったんじゃないかな〜ってね。
守るという意識はなかったかもね。
ショーを続ける事で、自分を罰してたのかな〜とか。
いろいろ考えたなぁ。

リカは、内に会いに行っていた?
これは、そうだろうね。

コウイチが戻ってきて、内に会いに行こう…となった時に
リカは、一瞬止めようとする。
光一さんは、誰にも心を開かない内が、パニックをおこす
そんなサブストーリーを構築しているけれど
わたしが勝手に感じていたサブストーリーは、ちょっと違います。

リカは、コウイチが亡くなっている事を知っていた。
コウイチの帰りを待つと言う苦行をこなしていた内の、
大げさに言うと生きる目標みたいなものも、なくなってしまう…
リカは、それを恐れたのかな〜と考えたり。

エピソードゼロ。
恵まれない子どもたちの集まり?
少なくとも、コウイチには身内はいないだろうな〜とは思ってたし。
内もいなそう。
少なくとも、支えになってくれるような家族はいないよね。

光一さん、ぜひ、内(ライバル役)とリカの関係性を書いてくださいませ。

オーナーの「わかってる。でも、言うまい」の表情…
う…ん。オーナーと言うポジションが必要だと感じた時もあったけど
この記事を読んで、いらないんじゃないの?
…と思ってしまいました。

ストーリーテラーは、ひとりでいい。
リカかオーナーか。。。

光一さんは絶賛しているようですけど…
第2幕最初の、墓を掘るシーン。
あの意味をどう解釈していいのか…全くわからないいの、あたしには。

キャストによって進化していく、終わらないSHOCK。
わたしが見る日のサブストーリーは、どんなだろう?
疑問は増えるのか…解消されるのか。
今から楽しみで楽しみでしかたがありません。

この雑誌には、内くんのインタビューと、M.A.D.の記事もありましたが
米花くんと町田くんの頁はありませんでした。
ふたりに、もっとストーリーに絡んで欲しいという気持ちもあるんだけど…

内くんの立ち位置が、彼らしいそれになってるかな。
なっててほしいな。

そらから。今年こそ?座長がん見をしないで、全体を見たいな。
自分勝手(?)な辰巳くんの演技も見逃したくないし。
実は・・・SHOCKの中での辰巳の立ち位置、かなり好き。

こんなに期待しすぎて、大丈夫かな。。。
実際に観劇できる日までに、期待膨らませすぎて、疲れないようにしなきゃ…

そうそう。この雑誌を買いに行った時、
M.A.D.の頁を真剣に読んでる先客さんがいました。
てるひは、さらりと見て、レジに向かったのですが、
こんな近くにも同士?ライバルがいたんですね〜

Endless SHOCK 2011 初日まで、あと8日です。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
ひとりひとりのサブストーリーが支える…Endless SHOCK このまま・手をつないで、霧の向こうへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる