このまま・手をつないで、霧の向こうへ

アクセスカウンタ

zoom RSS 永遠を信じたくなった…KinKi Kids 2010-201 東京ドーム 1.1

<<   作成日時 : 2011/01/05 09:15   >>

トラックバック 0 / コメント 0

「あけましておめでとうございます。32歳 堂本光一です。」
最初のMCで、光一さんは、そんなふうにご挨拶なさいました。
正面に設置された斜めのステージ?は、確かに滑り台みたいだったけど
滑り降りてきちゃう32歳って?おとなだけど、永遠の18歳?
…ということで。ワイドショーでも紹介されていた
君も堂本Family東京Final公演の感想文のようなもの?…です。

この日の席は、12月30日と同じ3塁側で、少し斜め後ろに下がったあたりでした。30日の席よりも、メインステージが見やすいかも?
オレンジ色のハート型ペンライトは、買うつもりはなかったのですが、
やさしくピンクに光り、あたたかみがあって綺麗だったし
あの光りのひとつになりたくて、元日公演の前に買ってしまいました。

つよい光り…なのに、あたたかい。
FAMILYというコンサートにぴったりかな〜なんて。

ステージ上に、白く、つよい光り。
また、光一さんと剛くんの登場を見逃しちゃったようです。
それぞれ90度回転をする、花道にもなる透明ムービングステージ。
ライト側に光一さん、レフトに剛くん。
今までの演出では、futari、あるいはどちらかが姿を現した時には、
歌が始まってる事が殆どだったのに、
今回は、歌う場所までの移動を見せてくれる。なんだか新鮮ですよね。

4機あるムービングステージが同時に動き
メインからセンターステージ、バックステージにかかる花道になります。
センターから、光一さんと剛くんは、バクステまで並んで歩きます。
小さなリフターに別れて乗り込み、1回目の『Family〜ひとつになること』を。
          ♪ きみがいるから 
             ぼくがいるから ♪
お互いへの、そして、わたしたちへの1番のメッセージをアカペラで。
素敵すぎて、語る言葉が見つからないくらい。。。
でも、ここで、うるうるしていると置いていかれます。てるひのように(笑)

一人乗りのリフターは、それぞれ違う動きをしますが、
モニターには、まるで一緒に動いているように映ったりもしました。
ひとりだったとしても、自分たちはひとつ。KinKi Kidsなんだよ。
そう言われてるような…気がしました。

客席通路に、大きなオレンジ色の風船…
みんなでボール運びみたいな演出、好きだよね〜とのほほんとしていて
30日には、風船の演出に気づかなかったわけですけど。

リフターから降りて、2曲め『スワンソング』
オープニングの白い衣装は、スワンソングのため?
剛くんは、あまり丈の長いジャケットは着ませんよね。
踊るたびにゆれるすそが、白鳥の羽根のようでもあり、水しぶきのようでもあって。綺麗すぎて悲しくなるほどでした。

大海(メインステージ)よりも、小さな湖がよく似合う…繊細なダンス。
この歌が最後になるかもしれない…そんな思いで書かれた歌詞は
きっといつまでたっても色あせないんだろうな。

運よく、12月30日に、ひとつだけキャッチできたオレンジのリボン…
これ、風船に入っていたのね(苦笑)
ブロックによるけど、1階スタンドの真中以降の列が取りやすかったかも?
スワンソングの途中で降ってくる羽根の形のリボン。
素敵な演出だなぁ〜と。

何度も書いちゃう。バクステを離れる時の、光一さんと剛くんのハイタッチ
会場がひとつになったね〜やったな!なのか…
行くぞぉ!なのか…わからないけど、
どうしてそんな事してくれちゃったのか。。。心臓止まったら、どうすんの?

光一さんが3塁側、剛くんが1塁側の客席にあいさつしながら
メインに戻って行きます。
光一さん、ひらひら、きらきらの衣装が、なんであんなに似合うんだろ(笑)
あなたは確かに永遠の硝子の少年だわ。
32歳になっても、おとなに怒られてるんだから…

最新の提供曲『スワンソング』からデビュー曲『硝子の少年』
この2曲が並んでいることにも感動しますよね。
変わらないものが、そこにある。。。
どんなにカッコよく歌ったとしても、話しだすと…なところも(笑)

3曲歌って、ご挨拶のMCへ。
冒頭にも書いたように、光一さんは、32歳になったことを強調して?
剛くんが「31歳…堂本剛です」と言うと
青二才やのぉ…と光一さん。
…。青二才って…久しぶりに聞いた気がしますけど?
3ヶ月くらいしか変わらないけど〜とか剛くんは言ってましたよね。

ジャニーさんが決めたと言うツアータイトル〜君も堂本FAMILY
その話を剛くんが始めると、光一さんは、ちらりとスクリーンを振り返り、
ふんかな?はん?かな・・・って鼻をならしてましたよね。
「社長が決めたタイトルなのに、その態度は」とか突っ込まれてたけど。

その後、カウコンの裏話や、初詣の話をしてくれましたよね。
去年もカウコンで、スワン〜の歌詞がとんだ話などをしてくれたけど
やっぱりばたばたなんですね。そりゃそうか・・・
「剛くん、お願いします」と言われて出たら、本当は出るタイミングじゃなくて
スタッフさんにあやまられた・・・とか。

今年も、TOKIOやV6のメンバーと初詣に行った話をしてくれましたよね。
お賽銭を忘れた光一さんが、太一くんに10円もらって
リーダーからは1円?もらった・・・話とか。
光一さん、お題目がわからなくて、太一くんに聞いたら
「エブリリトルシング(だっけ?)もっちー」と言えばいいと言われた・・・とか。
なんで、剛くんに聞かないんだろ?お賽銭だってもらえばいいのに
恥ずかしいのかな(笑)

KinKi Kidsメドレーの時に、剛くんが帽子にさしているかんざしは、
高見沢さんからのお花についてた飾り・・・だそうで、
青い衣装の時に胸にさしてるのは、ドリカムさんからいただいたお花だとか
あの飾りは、フラワーだから、お花?・・・とすごく気になっていたので
タネあかししてくれて、うれしかったです。

オープニングMCも20分もしゃべってしまって
32歳になったおとながおとなに怒られるって言いながらも、まだ話してたよね。

そして。メドレーへ
12月30日は、わたしの初日だったので、ほぼfutariがん見状態で(笑)
チビっこJr.のみなさん、メドレーの時には、ほとんどついてくれてたのね?
FRINEDSあたりから…なのかと勘違いしてました。
1月1日は、かなり広い視野で見られたと思います。
…と言っても、お正月行事をこなしてた間に、かなり忘れてますけどね。

メドレーに選んだ曲たちは、光一さん曰く「にわかファンやなぁ〜」の方には
はじめて聞く歌もあったかもしれませんよね。
あえてそうしたのは???
直近のalbumからは曲を選ばず、シングルも古いものから。
『FAMILY〜ひとつになること』とは、かなり路線の違う曲たちが
きらきらと並んでいて、曲を知らなくても楽しめたとは思います。
知らなかったfutariの一面も垣間見られたかもしれないし?

おなじみの曲を並べたら、KiNKi youと変わらなくなっちゃうしね。

だらだらしてきちゃったので、気分を変えるためにも、
ここでいったん、記事をきりたいと思います。

メドレーでは、1月1日にやっと気づいた事を中心に書きたいと思います。
ここまでおつきあいくださって、ありがとうございました。
30日の記事も、たくさんの方のお読みいただき、ほんとうにありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
永遠を信じたくなった…KinKi Kids 2010-201 東京ドーム 1.1 このまま・手をつないで、霧の向こうへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる