このまま・手をつないで、霧の向こうへ

アクセスカウンタ

zoom RSS 天使はそこにいる?『Family 〜ひとつになること』

<<   作成日時 : 2010/12/05 19:00   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

12月1日(水)に『Family〜ひとつになること」が発売されましたよね。
30枚めにこだわりすぎたの?
14か月ぶりのリリースに、もうこれ以上は首は伸びないでしょ状態でした。
お友だちが、お腹いっぱいと言ってた意味が、ちょっとだけわかった。
CDとして、楽曲としての感想も、LIVE参加までには書きたいけど、
昨日( 12/4)のFNS歌謡祭を見て思った事中心に、まず書こうと思います。

『Family〜ひとつになること』を、どヤ!でフルで流してくれた日に
神戸疲れが出て寝てしまい、録音だけはしたものの聞けないまま
発売前日を迎えました。
最初に、フルで初回限定版の2曲を聞いた時には
う…ん。大好きなCDとは言えないかも?…と思いました。

言葉はひとり歩きをしてしまいます。
同じ取材ソースを記事におこすとしても、
意図を持って、あおるような記事を書く事もできるからです。
もちろん、嘘を書いてるわけではないんだけどね。

14ヶ月ぶりの新曲に関しての記事は、実は、ひとつも読んでいません。
オリスタだけは買ったのですが、まだ袋の中だし(笑)

長すぎた14ヶ月。とにかく聞いてみた新曲・・・
ふたりのファンとしては期待をしすぎていたとも思います。
いつも、好きか嫌いか…でしか、感想文を書けないてるひですが、
この歌に関しては、どちらとも言いかねる。
そう言わざるを得ないなぁ〜と。
この気持ちは、少しずつ変わっていくんですけどね。

最近、歌詞カードはほとんど見なくなりました。
それでも『スワンソング』は、言葉がぐんぐん入ってきましたしね。
入ってくる歌詞だけ拾えばイイかなぁ〜と。

でも。今回は、剛くんが詩を書いてるし、
『Tears』の作詞は光一さんだし。
この詞の話は、ソロコンでも、少し話してくれましたね。
涙を通して見えるもの・・・
涙にもいろいろある。嬉し涙とほんとうに悲しくて流れる涙、悔し涙もあるし
それぞれの涙のフィルターを通して見える景色は、それぞれ違うから。
そんな歌詞解説(?)を聞いて、この歌の詞も、とても楽しみにしていました。

だから。歌詞カードをひらいてみたんです。
実は…BPMの歌詞カードは、見てないの(笑)
空耳、大歓迎ってことで。

歌詞カードに書かれていたふたりからのメッセージを読みました。
ふたりで曲を作る事に、剛くんは積極的で、光一さんはそうでもない。
てるひは、そんなイメージを持っていたんですよね。
で。光一さんが「大切な曲です」と言っている事に驚きました。
たくさんの想いの込もった大切な…
そう。嬉しい驚きだったの。

光一さんからわたしたちへのメッセージを読んでから、書いたの?
(たぶん、読んでいないですよね)と思ってしまうような剛くんからの言葉。
「光一 ありがとう みんな ありがとう」
正直、ふたりのメッセージを読んで、やっぱりふたりが大好き!
そう思ってしまったてるひは、かなりあまあまなファンなのかもしれませんね。
でも。いいの。それでいいの(笑)

しかも!
てるひが、この記事に書きたかった事を剛くんが書いてくれてる。
先越された(笑)

FNSで嬉しかった事…Familyの演奏で、天使を見た事もそうです。
ゴスペルのみなさんが、天使に見えませんでした?
この体験は、前にもあったな…

『Family〜ひとつになること』に関しては、
”ひとつ”の意味を理解できていない自分もいるし、
どうしても受け入れられないワードを、歌詞に織り込んでいる事もあって
消化不良をおこしかけているんですよね。
お友だちが「おなかいっぱい」と言っていた意味が、ちょっとわかった。

FNSでは、時間の関係もあったでしょうけど、そのフレーズは歌っていない。
ある意味、平坦な曲に聞こえてしまうかもしれないけど
今のてるひには、それが逆に良かった気もしています。

12月1日に公開された映画を、初日の仕事帰りに見てきたのですが
その映画を見終わった時に、頭の中を『Family〜ひとつになること』が
ふいに流れ出したんですよね。
ひとつになるって。その映画で言いたい事のひとつでもあったのかな。
間違ったひとつになり方もあって、それは、とても危険でもある。
でも。映画のラストシーンには、未来が見えた。

どんどん脱線しそうですが、FNS歌謡祭の話をしていたんですよね。
そうそう。天使が舞い降りた気がしたの。
あれは、雪だったのかな(笑)
『Harmony of December』を聞いた時にも、降りそうな雪が天使に見えてきたし
『永遠に』ともつながる世界観がありますよね。

今年のFNSでは、ふたりそろって、加山雄三さんとコラボできたり
先輩の近藤真彦さんともコラボしてくれて、見どころ満載でしたよね。
その立ち位置が嬉しかったの。

加山さんと歌った時には、加山さんをはさんで、
いつものKinKiの時の立ち位置に、ふたりがそれぞれ立っていました。
で。一緒に歌ってたでしょ?

マッチさんとのコラボでは、デビュー曲『スニーカーぶるーす』を剛くんと
『ミッドナイトシャッフル』を光一さんと。
マッチとコラボと聞いて、『ミッドナイト・シャッフル』は絶対に歌うだろうな
〜と思ったけど、KinKiじゃなく、光一さんと…と言った事に、ちと驚いた。
この歌で、マッチさんが紅白に出た時に、ふたりが前奏を踊ったのは
デビュー前年の大みそかでしたよね。
だから、絶対に、ふたりで歌うって思ってたの。

3曲も歌うって思っていなかったけど『スニーカーぶるーす』は
松本隆さん作詞の歌なので、なるほど…と思いました。
ここで歌われている物語も、特別な言葉を使っていないから、
30年たっても色褪せないですよね。
言葉の力のすごさを思い知らされました。

この時の剛くんは、KinKiで立つ位地ではないサイド(堂本兄弟の歌の位地ね)に
立ちましたよね。
光一さんも、そうでした。
この事が、めちゃ嬉しかったの。
相方ではない人とデュオる時には、いつもの立ち位置には立たないんだ〜
うれしー
もちろん、偶然かもしれませんけどね。

『ざんばら』を聞きながら、
ふたりもいつか…こんなおとなの、凄みのある歌を歌うようになるのかな
…と、その未来に思いをはせたりもしました。

3曲とも、すごいイイもん見られて嬉しかったのに、最後の最後
『世界に一つだけの花』
ギタリストさんの隣で演奏している剛くんを見つけた時にも、また!
ほんとうに嬉しくなっちゃったんですよね。
大好きなSMAP兄さんたちの代表曲を演奏してるんだもん。
去年、ビストロに出た時に、コラボを約束してましたよね。
その一端を見られたようで、嬉しかったんだよね。

光一さんは、アーティストさんたちにうもれて良く見えなかったけど
でも、ギターを弾いてましたよね?
番組を見てた時には、最初から、演奏で参加する事になってたんだろうな
…と思ってたけど、どうも違ったみたいだよね。

すごくすごく幸せな気分になった、剛くんのらぶふぁいたは、
携帯サイトをご覧くださいませ。

てるひの戯言におつきあいくださって、どうもありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。私も今年のFNSのどこに一番かんどー(笑)したかとゆーと…ラストまでギターを抱えたまま、すっ…と下がって演奏に参加したKinKi Kidsの姿でした。音楽を愛するふたりだと誰もが認めるからこそ、一流アーティストがレコーディングやコンサートに参加してくれる(むしろ喜んで参加?)のでしょうね。
Familyのときの引きの映像も圧巻!壁に雪の結晶が描かれていて素晴らしい演出とカメラワークだったと思います。生まれたつよい光さ…にかけて光一さんの残像と剛さん映像が重なるのもツボですわ(笑)

FNSのきれいどころがふたりの王子にうっとり目線…しっかり撮られてましたね(笑) 長々とすいません…
Rain
2010/12/05 22:56
Rainさん、こんばんは。
今年のFNSは見応えがありましたよね。
打ち合わせもなしに、ギターの演奏をしたふたり。ほんとうに音を、ステージを楽しんでるんだなぁ〜と嬉しくなっちゃいました。
光一さんも、画面右にはけてれば良かったのに…と思ってしまったのは、わたしだけ?
音楽がわからないダメ耳てるひには、音を聞いただけではわからなくても、ふたりが歌う姿、ギターを弾く姿を見ていると、音楽の楽しさ、すばらしさが伝わってきて、ドキドキするんですよね。すごいなぁ…
FNSの扱いに「…」と思う年も、何度もあったけど、今年は「ありがとう〜」ですよね。そのふたりがひとつになる(笑)映像、また見たくなっちゃった。
きれいどころ、素敵な表情で見てましたね〜
てるひ的には、彼女とのコラボも見たかったな。
てるひ
2010/12/06 19:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
天使はそこにいる?『Family 〜ひとつになること』 このまま・手をつないで、霧の向こうへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる