このまま・手をつないで、霧の向こうへ

アクセスカウンタ

zoom RSS わたしたちを照らす…KinKi Kids 2010-2011 東京ドーム 12.30

<<   作成日時 : 2010/12/31 22:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

2010年の最後を照らす、つよい光り。
堂本FAMILYに入れてもらう(?)ため、東京ドームに行ってきました。
12月30日。東京初日の感想文です。
正直、記憶が曖昧で、無駄に長く、完結していません。2に続きます。
しかも、ネタバレ満載ですが、よかったらぜひ。

この日は、光一さん大好きMちゃん、Gちゃんとの参加で、緊張していました。
Gちゃんに「SHOCK申し込みした?」と聞かれて、ますます緊張…
そうだ。てるひがヲタだと知らない方と見るんだよ、今日は。。。

福岡に参加したお友だちから、バクステまで続く、ぐるりの花道がある
…と聞いていたのですが、ドームにもありました。
会場中央に円形のステージもあるし、アリーナ席はかなり少なそう。
グッズにも使われているハートの真中に♪のロゴのような
futariの世界に抱かれているような、そんなステージになっていました。

この日の席は、3塁側で、バクステが近かったです。
アームのように動き、futariが渡る橋にもなるステージの前でした。
公演前は、それが動くステージ(?花道?)だとはわからなかったけど。

客電が落ちて、1曲め。ツアータイトルでもあり、コンセプトでもある
『Family〜ひとつになること』から。
なかなか曲が始まらない…そんなじれったい気分になった頃
てるひの正面、少し左手のメインステージ上に剛くんの姿が見えました。
逆サイドに、光一さんがいるって事よね?(笑)

剛くんを乗せた、透明なアーム状のステージが、アリーナ上空を
弧を描きながら進んでいきます。
剛くんをがん見している間に、てるひたちの前のアームも動いていたようで
メイン側に2本、バックに2本。4本のステージが、90度ずつ弧を描いて
メインとサブ、バクステにかかる橋になるのね。

オープニングから、futariがメインステから離れる…
斬新な趣向ですよね。
このアーム状の動く花道(?)の動きは、上からのほうが綺麗に見えるかも。

で。気づくと(笑)バックステージに、光一さんと剛くんがいたわけですよ。
うぎゃー(心の叫びのはず)2曲めは大好きな『スワンソング』
オープニングは、白い長めの丈に、シルバーのきらきらラインの入った
おそろい(に見えました)の衣装の王道を行くよな衣装でした。

光一さんは、お似合いですよね、それ系の衣装は…
剛くんは…今回は、おひげもなく(ポイント高!)黒髪の美人さんで
やばい。やばすぎる。

スワンソングは、白鳥さんの羽根のダンスを見せてくれました。
かなり長いフレーズを向かい合って歌っていたような気がします。
剛くんの背中越しに、光一さんのお顔が見えました。
そして。futariがぱちんとハイタッチ!うぎゃー
心で叫んだつもりが、声に出ていたらしく、お友だちに笑われた。
そして、平常心に戻れぬまま、光一さんが、てるひたちの目の前を歌いながら歩いて行きました。剛くんは、1塁側へ。

画像スワンの途中だったかな。天井から、きらきら光るなにかが落ちてきました。
てるひたちの場所には、降ってこないけど、スタンド席に舞い落ちてる?
場所によっては、拾えそう???
…と思って遠くをながめていたら、ひとひらの光が、てるひの頭上に落ちてきて。

BPMで、光一さんが毎回、話題にしていたテープ争奪戦。
どんくさいてるひは、いつも「1本、取れたわ」のクチだったのですが、
この日も、ほんとうに、ひとひらだけ、舞い落ちてきてくれたんです。

やばい。ステージに集中しないと…
メインステージに戻って『硝子の少年』です。
futariが、KinKi Kidsである限り、永遠に歌っていくだろう名曲ですね。
白い衣装も、ひび割れたビー玉の心の永遠の少年っぽい。
ここで、ご挨拶のMCへ。

お金の話もジョークでしちゃうとこが、31歳のおっさんってことで?
剛くん曰く、チケット代が、白い衣装のきらきらの部分になっているそう。
光一さんは「それ以上のものを返さなければ…」とかなんとか
優等生っぽい事を言ってましたよね。
BPMでは「(席は)運です」とか言ってたのに。

今回のツアーにあたって、albumが出せなかったこと。
共作のCDを1枚出しただけなので、歌う歌がないから(だったかな?)
この後は、剛くんによる、冷蔵庫の中のものでおいしいパスタを作る方法?
それだけで3時間もたせられるなら、どーぞ、どーぞです。

でも、まだ、この段階では、カップリングの2曲は歌ってないよね?(笑)
ご挨拶のMCは、いきなり動いた羽根状の花道、スワンのタッチ、
ひとひつだけ降ってきたリボンの興奮で、ほとんど覚えてないんですよ。

光一さんの立ち位置に置いてあった?テープ。
立ち位置に印をつけるはずのテープ本体が置き去りにされてたらしく
どんだけ目立たせてるんだ…とか
作業中に呼ばれたからだ〜とか、がんがん話を広げてましたよね。
ずっとテープを持ったまま話をしていた光一さん。
気にした剛くんが、取り上げて…でも、その置き場所に困ってたよね。

テープひとつでも話がどんどん長くなるKinKiさん。
仲良しなところが見られて、それだけで嬉しかったな。

1年ぶりの東京ドームで、テンション上がってるって光一さんが言ってて。
その戻ってきた感にじみ出てるトークも嬉しかったかな。
KinKiらしさ…この後、メドレーで聞かせるコーナーへ。
futariが衣装チェンジにはけると、昔のLIVE映像が流れました。
そうそう!…と思うものから、バイクに乗る光ちゃんとか。
なんで長髪?…な剛くんとか。
そう言えば…ドームで幻炎やロープフライングもやってくれたよね、光一さん。
でっかいマイクとか。
それぞれのLIVEに思い出があって、うるうるしちゃいましたね。

パープル(?)っぽい衣装に着替えて登場したfutari。
剛くんは(かぶらなくてもイイのに)ぼうしをかぶってました。
なんかついてた・・・あれは?お花???
『フラワー』から、大人気『ジェットコースターロマンス』
それぞれの歌に思い出があって、聞いてると蘇ってくるシーンがありますよね。
KiNKi youコン2日めの上半身はだかの王子とか。

過去にトリップしてる時に、となりのGちゃんが言いました。
「また近くに来てくれるね」
また透明の羽根が動きだしたんだと思う(あいまいすぎる)
どの曲の時だっけ?『ふらいんぐ・ぴーぷる’99』だっけ?

はぴぐりがセトリに入ってる…って聞いて、すごくすごく楽しみにしてました。
私ごとながら、札幌のLIVE当日は、誕生日だったので
つながってる空の下で、光一さんと剛くんが「おめでと、おめでと」
歌ってくれたわけだしね。
明日は、光一さんが歌われる番ですよね〜

『全部だきしめて』を歌ってる時だったかな…
ジャニーズJr.が大勢、ほんとにたくさん、てるひの目の前の花道を
わらわら歩いて行ったんですよ。
次は、泣いてツヨくなる〜のはずなのに???
『FRIENDS』きた〜って思っちゃった。
言わずと知れた「若葉のころ」の主題歌ですけど
当時、てるひは、俳優・堂本剛のお茶の間ファンだったんだよね。
甲斐がにくかったもん。

『せつない恋に気づいて』まで歌ってくれたし!
A albumでは、1番好きかも。Mちゃんが「この歌を聞いて、KinKiいいな〜」
と思ったんだよ・・・って言ったのも嬉しかったな。 
この2曲は、福岡のセトリにはなかった…はず。

『欲望のレイン』も、カッコよかったですよね。。。
futariの声って晴れよりも雨が似合う気がしません?わたしだけ?

メドレーラスト。初日は『このまま手をつないで』だったそうですが
『99%LIBERTY』は、メドレーなんだけど、がっつり歌ってましたよね。
光一さんが大好きな盛り上げ曲。
このまま〜は、もちろん大好きな歌ですけど
今回のLIVEには、LIBERTYの方があってると思います。

この曲の途中、センターのサブステージから、2台のトロッコで
futariは、右と左にアリーナ席を縦断して、メインステージに戻りました。

この後は、カウントダウン用の収録が入りました。
15歳〜17歳の平成さまたちと、NYCの中山くん。
彼らくらいの年齢の時に『FRIENDS』を歌っていたんだよ〜と言っても
誰も知らなかったの。無理ないなぁ〜と思ったけど
「若葉のころ」というドラマは、知ってる人もいたのが、?でした。
セットでしょ、この歌とドラマは。。。

岡本健一さんの息子ちゃんの平成さまの岡本くんは、
堂本兄弟で、剛くんに「ギターやった方がいいよ」と言われた、
その一言で、ギターを始めたそうですね。
futariにとっては、大先輩でギタリストの岡本健一さんですけど
息子くんにとっては、普通のお父さんだってことで、
納豆きむちご飯だっけ?食べてるとかばらしてましたよね。

Hey!Say!JUMP とNYCの関係がわからないと言うfutari。
「錦戸が、関ジャニとNEWSやってるようなもん?」とか聞いてたよね。
つまり、そーゆことですよね?
スタンバイするNYCの3人。メインステージでの収録とのことで
トロッコに分乗して、メインステージにびゅ〜んと。
その速さがfutariの比じゃなかった・・・気がしたのは、わたしだけでしょうか

ふー。なんとかカウントダウンまでに、平成様の話まで書けたぞ
・・・という事で、長くなったので、ここで記事を分けたいと思います。

だらだらの感想文に、ここまでおつきあいくださって、ありがとうございました。
懺悔記事もたくさんの方にお読みいただき、恐縮しています。

今年最後の記事になりそうなので、ご挨拶を。
こんな辺境の地にあるblogにおこしいただき、
ぼろぼろの記事を読んでくださったみなさま、ありがとうございました。
よいお年を。一緒にカウントダウン、見ちゃいましょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
"犠牲"を 乗り越えられた KinKi Kids 2010-201 1 12.30 vol.2
どうしても聞きたかった歌があった。 理解できなくて苦しんだ言の葉を、生で聴くのが怖かった。 小さな側面だけを切り取って、勝手に解釈して、腹をたてたり、 嘆いたりする事の無意味さ、悲しさを改めて感じた。 2010年12月30日。歌の力を思い知った日の独りよがりな感想文。 KinKi Kids 2010-2011 12.30の続きになります。よかったら、ぜひどうぞ。 ...続きを見る
このまま・手をつないで、霧の向こうへ
2011/01/02 16:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
素敵なレポありがとうございます!!

カウコンのftrも最高でした!
Kyoko
URL
2011/01/01 15:50
Kyokoさん、こんにちは。
2011年最初の日に、こんなひなびたblogにお越しいただき、ありがとうございました。
カウコンに参加なさったんですか。TVで見ていたのですが、futariは頑張っていましたよね(笑)
カウコンでは、別のグループの歌を歌ったり、シャッフルしたりするのが好きです。
FAMILYの時に、ジャニーズファミリーの行進にも感動しちゃいました。ふたりになれっこなので(笑)
コメント、どうもありがとうございました。
てるひ
2011/01/02 16:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
わたしたちを照らす…KinKi Kids 2010-2011 東京ドーム 12.30 このまま・手をつないで、霧の向こうへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる