このまま・手をつないで、霧の向こうへ

アクセスカウンタ

zoom RSS 一人ではショーは続けられない Endless SHOCK 2010 722.

<<   作成日時 : 2010/07/11 01:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 1 / コメント 0

カンパニーにとって、未体験の7月、
ライバル役に、SHOCK初参加の内博貴くん。
はじめて尽くしのEndlesss SHOCK 2010 夏。
初日から遅れる事5日めの7月9日、てるひもmy初日を迎えました。
発見に喜び、死者の胸にときめき、写真に寂しさを感じた日の感想文。
ネタバレしていますが、よかったらぜひどうぞ。722

おひとりさまだったので、時間を持て余し、2階の写真売場に行ってみました。
新しい写真が追加された訳ではないので、人はまばらでした。
確か80番まであったかな?え…もっとたくさんなかったっけ?
で。ライバル役の写真がない事に気づきました。
出演者は交代したけど、写真をはずす事もないような気がしますが…

2階席の入口あたりに飾られていた、車を操る光一さん人形に変わり
和製メリーポピンズな光一さん人形、登場!
顔がないところが、仮面をつけかえる人生っぽくてイイのかな。

初日を迎えた興奮と寂しさを抱えて、席につきました。

開演5分前を告げる帝劇の鐘を聞き逃しても、オーケストラが帝劇の奈落からせり上がり、ブロード―ウェーへと誘ってくれるので、ノープロブレムです。
歴代SHOCKの映像は、たぶん…入れ替わってなかったはず?
かわいい悪魔の子リョウちゃんも、大倉オーナーにからむヤラもいたし。

ステージ中央から幕が割れるように開いていくと、先頭に光一さん。
オープニングは、光一さんのショーなので、さすがに光一さんは見失わないけど「あれ、ヤラっち、どこ?」と探してしまう事がたびたびありました。
屋良くんが得意のダンスとは違う系統の踊りだしね。
でも。内くんは、目をそらそうとしても入ってしまう存在感で。
素晴らしい事に違いはないのですが、その場になじんでいないと、
悪目立ちになってしまう…と言うリスクもあって。
人目をひくと言う大きな才能を、存分にイカせるようになったら無敵でしょうね。

光一さんのご挨拶。うる覚えなので、ニュアンスですが…
こんばんは。堂本光一です。帝国劇場へようこそ(だったかな?)
2月3月に続いて、7月もこの舞台に立てる幸せをかみしめております。
…Endless SHOCKのストーリーへとご案内いたします。

光一さんは、コウイチを演じるべくステージを後にします。
そして。植草くん…じゃなくて、植草オーナーの登場です。
植草くんって。声が若いからかな。
リカのお父さんと言うより、お兄さんって感じですよね。
千秋楽の開演を待つオフブロードウェー。
劇場には、夢破れ、去っていったモノたちの思いが悪霊化して住み着き、
アクシデントを仕掛け、プレイヤーを翻弄する。

登場シーンでのアクシデントは、コウイチはいつものコウイチだったから
事故になる事もなく「さぁ、ショーを続けよう!」となりましが
このシーンは、オンでのジャパネスクのアクシデントとの対比だったのかな?
…などと、訳のわからん事を思いながら、
天井から落ちてくコウイチを見守りました。

気力も充実し、カンパニーが一丸となったショーには、
マモノの入り込む余地はないって事でしょうか。
オフでのショーで1番、心に残っているのは、ウチの衣装かな(笑)
キレイでしたよね。あわい紫色で。

千秋楽に乾杯のシーンは、楽しくて好きなのですが
ここで、主要登場人物たちのセリフが続き、はっと思ったのは、
内くんの声がやさしい、やわらかいって事でした。
ライバル心むき出しの役なのに、やわらかい声…どう料理してくんだろ?
ストーリーをいじる時間はなかっただろうし?

ヒロキがリカを好き…の構図。健在でした。
物語のスパイスになってるか疑問ですけど。
「わたしたいものがあるの」とヒロキにモップをわたすリカ。
顎やおでこに投げつけるように渡す、乱暴者のリカは嫌いだったから。
ま。コウイチの事しか眼中にないって言う意味だったンでしょうけど。

コウイチに星が降る屋上のシーン。夢と希望と挫折を見下ろして
「どこまでも突き進んでやる」と言うコウイチの思いが歌となり
「ついていくだけで幸せなの」リカの思いも歌となって、ハーモニーとなる。
ヒロキのむき出しのライバル心や、マチダ、ヨネハナの舞台への思いも
歌となって重なりあう。
ここ、ミュージカルの王道(?)っぽくて、すごく好き。

マイケルジャクソン…じゃなくて、インペリアルガーデンシアターの
プロデューサーの名刺を見つめ、オファーを受けるかどうか迷い、
飲めないお酒を飲んで、酔っぱらってしまったオーナーは、
白鳥さんのかぶりものをして、屋上に上ってきます。
スワンって。。。キンキちゃんが新曲を出さないからよね?

オファーの話をしようとするのに、誰にも相手にされないオーナー。
なんとかコウイチをひきとめて、秘密をいろいろ暴露していきます。
秘密にしてたけど、大好きなものがあるンだ
…と、ボトムのポケットから取り出したのは、ベビースターラーメン!
いろいろ出たら(だったっけかな?)ちょうだい…とかなんとか言ってたな。

カンパニーの名前を変える事にした?
会場中がなんて名前に変えようとしてるのかわかってましたが、
「おやつカンパニー」
カンパニーに名前なんてあったの?劇中に出てきてないよね?

オーナーは、大劇場からのオファーの話をするつもりができなくて
酔い潰れて、二日酔いで、ブロードウェーの街歩きにも遅刻しちゃうんだよね。

ブロードウェーの街で、パーカッションを披露するナオキと出会います。
ナオキのパフォーマンスを見ていたコウイチが、即興でメロディを紡ぎます。
「そのメロディ、素敵!」
コウイチの中から、どんどんメロディがあふれ、その曲『Continue』と
ナオキを迎えてのショーのイメージが、どんどん膨らんでいったんですね。

街売りの新聞で、カンパニーが絶賛された過去よりも
次のショーへの構想(未来)に心を持っていかれてるコウイチ。
思い描いた、最高のショーができる場所を選ぶだけだと言うコウイチに対し、
「メジャーになってやる」「俺が光をあびるチャンスだ」
ヒロキの夢には、具体的なイメージが伴ってないんですよね。

パーカッションのやつ、一緒にショーやってくんねぇかな?
コウイチの意見に異を唱えるヒロキ。
ここで。噂に聞いていたコウイチの・・・
「ライバルが増えちゃうのが怖いンですか?」
おどけて、ヒロキに抱きつく?飛びつく?コウイチ。かわいすぎっ
コアラ抱っこ…とか言われてるらしいね。

やっと登場。重役ならぬオーナー出勤してきたオーナーの言葉に拍手でした。
「そこで知り合いにあったんだけど、プレゾン、今日、初日だって!」
そこってどこ?
プレゾンもブロードウェーに進出しちゃったの?(笑)

オンからオファーがあった事を告げるオーナー。
「コウイチのおかげね」
リカのこの言葉には、ヒロキだけじゃなく、みんな怒ろうよ!
ひとりではショーは続けられないんだし。

周りが見えなくなったらお終いだぞ。
ヒロキへの言葉は、自戒でもあったんだね、コウイチ?
ブロードウェーの灯り。周りも足元も、自分の気持ちさえも見えなくするマモノ
「コウイチはどうしたいんだ?」オーナーの問いに
「あいつらのためになるなら、行こうと思います」
コウイチには行こうと言う意志はあるけど、行きたいと言う希望はないんだね。

オンに行く事が、あいつらのためになるのか…
そこで最高のショーが作れるのか…
コウイチには見えていませんでしたよね。
迷うくらいなら進まない方が、わたしはイイと思うけど。

ウチと言うライバル役は、オフのショーのあわい紫のスーツそのものでした。
メジャーへの強靭な意志、むき出しのライバル心とか…もっと感じたいのに、
ウチからは、コウイチへの敵意を感じる事ができなくて、残念…
反対に、2幕の告白シーン、コウイチが死んだと知らされた時のウチの
哀しみの表現は、好きですね。その話もいつか書けたら…

ちょっと違うかも…と思ってしまった殺陣の話についても
記事をわけて書きたいと思います。

コアラ抱っこと、おやつカンパニー! 祝☆PLAYZOON初日。
それだけ書いておきたかっただけなのに、だらだら書いてしまいました。
そんなてるひのメモに、お付き合いくださって、どうもありがとうございました。

7月4日の初日をお祝いした記事も、たくさんの方にお読みいただき、
ブログ気持玉もいただきました。ありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
一人では続けられないのにSOLITARY? Endless SHOCK 722 vol.2
まわりが見えなくなったらお終いだぞ。 自らに言い聞かせるように1度。 オーナーからも念を押されるかのように、もう1度… 見えなくなっている人に、この言葉は入ってはいかない。 言葉は悪霊となって、悲しい事故を引き起こした。 7月9日(金)夜、Endless SHOCK の感想文です。一人ではショーは続けられない の続きになります。ネタバレしていますが、良かったらぜひ。 ...続きを見る
このまま・手をつないで、霧の向こうへ
2010/07/12 23:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
一人ではショーは続けられない Endless SHOCK 2010 722. このまま・手をつないで、霧の向こうへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる