このまま・手をつないで、霧の向こうへ

アクセスカウンタ

zoom RSS 愛するきみのために…

<<   作成日時 : 2010/06/24 21:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

きみのためなの?ご自分のためでしょ、ロミオ様?
毎年、メインキャストの誰かが入れ替わって来たEndless SHOCK。
誰ひとり変わることなく再演となった2010春。
ばっさりいった第2幕のシェークスピア劇。その中のロミオとジュリエットのセリフで、ずっと気になってたものがありました。
愛するきみのために…

Endless SHOCK 2010全日程即日完売を記念して、公式HPがリニューアルされた…と聞き、のぞいてきました。遅っ。
今年の赤い衣装の座長の背景に、10年間、その時その時の
座長のお姿がちりばめられています。
座長として歩いてきた道と感動の記録って感じで、素敵ですよね。

冒頭にも書いたけど、10周年&100公演の今年、正確には、春公演だけですが、メインキャストは誰も入れ替わりませんでしたよね。
今までの10年は、milleniumはお祭りだったので別物として。
メインキャストが変わらなかった(ハズ)2001、2002年のSHOCKでは
劇中劇を差し替えたり、義弟ツバサの性格をいじったりもしましたよね。

2003年以降は、義弟、Endless以降はライバル役、あるいはヒロイン、
オーナーを変える事によって、そのキャラクターに合わせて
ストーリーも進化を遂げてきました。
コウイチの Show must go on.を見失いそうにもなった。

ハジメテの全く同じメンバーでのSHOCK。
ワールドアドベンチャーのスリム化と新曲。
『SOLITARY』は、光一さんが好きそうな(笑)曲調で、カッコイイですよね
好きそう…と言うのも、ウケウリというか…
ファンのみなさんの間で「光ちゃん作曲じゃない?」と囁かれた事もありました。

てるひは、ショー劇が好きで、毎年見させていただくうちに
堂本光一という舞台人のファンになったので、
正直なところ、純粋な光一さんファンとは違うのかもしれません。
だから。光ちゃんが好きそう…とか、光ちゃんらしい…と言う話には
全くついていけないんですよね。

あ。話したかった事から、それてますね(苦笑)
愛するきみのために…ロミオ様の話でしたね。

お友だちと、全くKinKiとは関係のない話をしていた時のこと。
誰かのために…と思ってしてあげたことも
その誰かは、おせっかいとしか感じないコトもある。
親切の押し売りみたいになってしまう事もあったりして、難しいね。
確かそんな話をしてたんですよね?(違ったっけ?笑)

こちらが、良かれと思ってしたことも、相手も”好”と取るとは限らない。

名作『ロミオとジュリエット』を語るのではなくて
Endless SHOCKの劇中劇のロミオ様のセリフの話です、念のため…

Endless SHOCKの第2幕は、オーナーの墓掘りから始まり
♪もう戻れない♪とコウイチが墓の中で歌う。
そして、オフシアターで上演されているシェイクスピア劇へ。
演じられているのは、ハムレット、リチャードV世、ロミオとジュリエット。
「コウイチの幻が見え続ける」オーナーは言います。
疲れ果てて、夢と現の境めがあいまいになっている?

この三演目に関しても、時短のため? この春から、セリフがばっさり切り捨てられましたよね。
衣装とシチュエーションから『ロミオとジュリエット』はわかると思うけど
ハムレットとリチャードはどうだろう?
極めてわかりにくいし、むしろ、わからなくてもイイのかも…とさえ思う。

『ロミオとジュリエット』のセリフも、かなりカットされましたね。
息のミツを吸い取った死神も、きみの美しさにはまだ…あ?なんでしたっけ
SHOCKのDVD、買っただけで見てないし…
腕よ、抱きしめるのも、これが最後…
唇よ、息吹の扉よ…
…と、ジュリエットへの思いを語るロミオ様のセリフ、なくなってましたよね?

オフシアターでのロミジュリは、ロミオ様の物語ではなく、
ジュリエット=リカの物語なので、イイんでしょうけど。

死神と無期限の売買契約を結んだジュリエットを追って
ロミオは、毒をあおります。
「愛するきみのために…」そう言って。
お友だちは、その後に続くセリフ「口づけしながら俺は死ぬ」が、ちょっと恥ずかしいけど、好きだと言っていました。
ロマンチックだけど、その願いは、天に届きませんでしたね。

愛するきみのために…
ジュリエットは、確かに、愛する人のために、仮死状態となる薬を飲みました。
生きるために、死神と契約したふりをした。
でも、ロミオは、勘違いをして、後を追う事を選びます。
きみのため?違いますよね、俺のためです。
ひとり残される事を悲しんで、きみのためだと死を選ぶ。弱いよなぁ(笑)

先に逝ってしまったロミオの姿を見て、ジュリエットは
あなたのために…ではなく、自分の意思で後を追います。
う…ん。やっぱり、主役はジュリエットなんだよね(笑)

愛するきみのために。このセリフを言わせたかったのは誰なんだろ?
きみとは誰のことなんでしょ?
それは夏へのてるひの課題かな。

7月のキャストが発表されて、ものすごく動揺しました。
屋良くんとは、かなり違うキャラクターの内くんをライバル役に据える事で
またストーリーが変わるのか?
特に殺陣は、ヤラ仕様ですもの。
内くんは、どっちかっちゅーと光一さんと、キャラがかぶりますよね?
そこをどうするのか…
かぶるからこそのNo.2でイイのかな。

7月も同じ3つのシェークスピア劇を劇中劇とするならば
座長のリチャードが見たい。
内くんのロミオが見たい…。なんて。

それにしても…
内くんの役名は「ヒロキ」の方がイイ気がするのは、わたしだけ?
コウイチとウチ、2音かぶってるんだもん。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
愛するきみのために… このまま・手をつないで、霧の向こうへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる