このまま・手をつないで、霧の向こうへ

アクセスカウンタ

zoom RSS 空はつながってる 楽天世界遺産劇場ー飛鳥・石舞台ー堂本剛

<<   作成日時 : 2010/05/17 22:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

僕が歌うと雨が降る…
降水確率は低かったはずなのに、その日、飛鳥に雨が降った。
緑が喜び、匂い立つ、明日を待ち望み、香る。
奈良の野外で聞きたい歌no.1のその歌を歌うなら、降りたいでしょ、雨も?
世界遺産劇場 −飛鳥・石舞台− 堂本剛 に参加させていただきました。
それは、素敵なご縁が起こしてくれた奇蹟の1日でした。

広いなぁ…石舞台前に作られたLIVE会場を見わたして、そう…思いました。
傾斜のある広場だから、ゆったり席が設営されているんでしょうね。
芝生を歩きながらも、飛鳥に来られた事が、まだ夢みたいでした。

3月1日。ホテルを取ったけど、4月10日、チケットが取れなくて。
剛くんBDの翌日、空はつながっていて、チケットをお譲りいただけた!
その方とはお友だちになっていただいたから、
飛鳥へ行けるのが、キツネが見せた夢でもイイ…そう思っていたんですよね。

ステージには、曼荼羅がかけてありました。
24CH△NELで見た…そう、平城遷都1300年カウントダウンの時に
奈良公園に3日半だけ飾られた、剛くんが作った曼荼羅です。

会場のあちこちに小さな蝋燭立(?)
開演時間が近づき、スタッフさんが、火を入れて行きます。
神さまからもらった火が、会場を幻想的に演出する。野外ならでは…ですよね。

7時を少し過ぎた頃でしょうか
ステージを歩いてくるひとりの…音楽が流れるでもなく、すたすたと、ひとりで。
いろんな色がまざった上着(ジャケット?ブルゾン?)に白っぽいパンツのその人は、ステージ中央に置かれていたキーボードへ。
ちょこんと頭をさげたかな。

あちこちから「誰、つよし?」「ほんとに剛?」との声が上がりました。
小柄(ごめんなさい)なその人は、静かにキーボードを弾き始めました。
聞いた事がないメロディだけど、なつかしい気持ちになりました。
「ね、ほんとに剛?」
「まゆげ、ある?」
「あ、ある、ある!」
そんな声が飛び交いました。

キーボードを奏でるその人が、剛くんなのか、そうじゃないのか…
いや、剛くんなんだけどね。キーボードが、剛くんの…だし。
でも、剛くんの登場にしては、あまりにも静かで、地味だっから(笑)
石舞台のキツネに化かされてる気になったのかもしれませんよね。

インストは、あとで知ったのですが『時空』でした。
奈良公園に曼荼羅が飾られた時に流された…と言う。
いつかのラジオで、曼荼羅をもっとたくさんの人に見てもらう機会が持てたら
そんな話をしていたのを思い出しました。
今年は、LIVEステージに飾るのかもしれませんね。

キーボードを弾く剛くんを見て、お友だちが「剛さんの腿だ」って言ったんですよ!
えぇ〜剛くんの腿!
さらさらの髪、前髪が長めで、重めにたらされていて、サイドはかりあげ。
「かわいい〜!」

剛くんが「時空」を奏で続ける中、バンドメンバーさんたちが、静かにスタンバイ。
「スティーブさん、いるね」
お友だちが言ってた通り、スティーブさんもスタンバイ。
あと、てるひの目で確認できたのは、キーボードの十川知司さんと、
ギターの土屋公平さんだけでした。

キーボードを離れた剛くんがギターを持ち『Love is the key』
いきなりですか!
ラジオで、石舞台のLIVEで歌おうと思ってると言ってた歌ですけど。
ケリーが歌う『Love is the key』とは、同じなはずなのに、
どこか違って響くのは、なせだろう。
奈良バージョン?自然を驚かせないためなのかな。
少しだけスローで優しく響く気がします。

Love is the key. 極限までそぎ落とした、ほんとうに伝えたいワードを
何度も何度も、繰り返す。
この歌って、ベースが印象的なんですよね。
〜と書いているものの、音楽が全くわからないてるひ(苦笑)

ここで最初の、ご挨拶のMCへ。
奈良人の自分でも遠いと思う飛鳥、石舞台の地に、こんなにたくさんの人が
来てくれるなんて…と驚く剛くん。
これ、私服なんです…と、羽織ってた上着の話になり、
黒とか赤とかはっきりした色の服なのですが、朱雀の模様なんだって。
昨日、リハーサルをした時に、あまりにも寒くて、
衣装を用意していたんだけど、それが薄手なので、私服で出る事にした…とか。

ブログとかツィッターとか見てると(?)みなさんが心配してるのは
帰りの事ですよね?懐中電灯はいるのか…とか?…と、笑いを誘ってました。

メンバーを紹介しましょう…と言うことになり、
ドラム、屋敷豪太! Cブロックのてるひの位地からは、ドラムセットが見えなくて
大地に響き渡るリズムは、やっぱり豪太さんでしたか!

ベース 吉田建! 実は…建さんも見えてなかったの。
「建さん?建さん!」てるひの周りにどよめきが。。。

ギター 土屋公平!
お友だちが「蘭丸さま〜(?)」とかけ声をかけていました。
去年のケリさんでは、神戸に参加してたのに、代々木にはいらっしゃらず…
この日、剛くんとおそろい(?)の朱雀のロングジャケットを羽織っていました。
「おなじですね」とか何とか…剛くんに言われてた。

キーボード 十川 知司!
剛くんのサウンドは、十川さんがいなくちゃ…ですよね。
十川さんの鍵盤で歌う『ソメイヨシノ』が、すごく好き。

パーカッション スティーブ エトゥ!
スティーブが生み出す音は、パーカッションの域を超えていますよね。
風の音だったり、水が流れる音だったり、ひきずる鎖の音だったり。

すごいミュージシャンが飛鳥に集まりましたよね。

この話、ここでしたのか…わからなくなっちゃったけど(すいません)
今、政治がタイヘンな事になっていますが
誰かにまかせっきりにしないで、ひとりひとりが自分で考え、
変えていかなければダメだと思います。
そんな話をしてくれて、次の歌へ

『歴史』
この歌!
2年前だったかな?「平城遷都の年には、奈良に行こうね」と約束していたお友だちが、大好きだった歌なんです。

♪指先 赤い糸〜♪
剛くんの指先からのびている赤い糸は、応援しているわたしたちみんなの
指先につながってる。
やっぱり、寒いんだろうな。
いつもより少し声の伸びが足りない気がしました。ほんと、寒かったから。
でも、ここ奈良で、この歌を聞けて良かった。

♪君が云う 神さまとやらが この頭上 存在するのなら♪
この飛鳥 石舞台の頭上には存在すると信じられる気がしました。
♪届きますように♪
だから、きっと届くよ。剛くんの思いは…

このあと、てるひが、飛鳥で聞きたいと思った歌を、続けて歌ってくれました。
その話は、記事をわけて書きたいと思います。
ここまで、おつきあいくださって、どうもありがとうございました。

画像
   空はつながってた。
   お友だちとわたし。  
   剛くんとわたしたち。
  
      22. 5.14
    奈良 明日香

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
今日も何かを疑って…楽天世界遺産劇場ー飛鳥・石舞台ー堂本剛 vol.2
♪築いた愛 信じて♪ 剛くんは、このフレーズから歌い始めました。 何かを疑いながら、何かに脅えながら、それでも愛を築きたいの? その愛を信じたいの? 夜空に響く剛くんの声は、いつも以上に涙コーティングされていた気がする。 石舞台LIVEの感想文。楽天世界遺産劇場ー飛鳥・石舞台ー堂本剛の続きになります。良かったら、ぜひどーぞ。 ...続きを見る
このまま・手をつないで、霧の向こうへ
2010/05/19 21:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
空はつながってる 楽天世界遺産劇場ー飛鳥・石舞台ー堂本剛 このまま・手をつないで、霧の向こうへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる