このまま・手をつないで、霧の向こうへ

アクセスカウンタ

zoom RSS 背景に映し出される物語 Endless SHOCK 3月5日(金)夜 678

<<   作成日時 : 2010/03/07 15:11   >>

トラックバック 0 / コメント 2

扉が開く音が聞こえた。
ダメだと思いつつ、振り返ってしまう。
足音を忍ばせ、敵に近づく獅子のきりりとした横顔と、ツクリモノの白髪
「まわりが見えなくなったら、お終いだぞ」とたしなめる自分はどこへ?
660公演めの観劇から約2週間ぶりに、Endless SHOCKを観てきました。
10年来のジャニ友さんが感じた今年のSHOCKに、勝手に言い訳しながら
書いてます。ネタバレしてますが、よかったら…3月6日(金)夜 678公演です

678公演観劇の友は、光一さんが10代だった頃からのジャニ友さん。
そ、KinKi友じゃなくて、ジャニ友さん。
コウイチに夢中になりすぎて、周りが見えなくなりがちなてるひとは違い
広い視野で舞台を観てるし、コウイチがいない場所をしっかり見ていて、
いつも驚かされる。

この日の席は、660公演の時の席の、左斜め後ろの通路から2席め。
殺陣の時の、武将コウイチの登場とスタンバイを見るのが楽しみで楽しみで。
良くないよなぁ〜この観劇姿勢(笑・反省しても、もう遅い?)
幕間と閉幕後に、お友だちが話してくれた感想と疑問を、
Endless SHOCKのストーリーの時系列に直して、書いていこうと思います。

帝劇の鐘が鳴り響きました。あと5分で幕が上がります。
舞台近くに立ち、オーケストラピットを覗き込んでいた方がいたのですが、
係員さんに、注意されていました(何って言われたかは不明ですが…)
「舞台に近寄ったら、ダメなの?」とお友だち。
コンダクターを始め、オーケストラの皆さんが、スタンバイしてるからじゃないかな。
今年は、光一さん、こっから登場かしら?・・・とか?
演出が去年と変わって、また指揮棒を振るかもしれない…って思うかもね。

オープニング。10周年と言う事で、歴代のSHOCKの映像が流れます。
「ヒガシの後ろに…」
え?milleniumのVもありましたっけ?
座長のお姿以外は、悪魔の子りょうちゃんを見て満足してたかも(苦笑)
milleniumは、残念ながら映像化されませんでしたが、
アニキの、死者なのに、コウイチよりも人間くさいダンスが印象的でした。

最初に、お友だちと一緒に見たのは、2002年の6月公演でした。
そうだ…わたしが週末のチケットをゲットできなくて、milleniumと
01〜02の公演は、お友だちは見てないんだ…って事に気づきました。
彼女にとって、りょうちゃんは、ライバル役であって、悪魔のコじゃないんだね。
トウシンくんがやってたでしょ、悪霊の悪魔のコの役…と言うと、納得してた。
Endlessは、毎年見ているけれど、ライバル役のツバサは見てないから
翼くんは、大怪我しちゃう弟役だし、
その事を踏まえて、お友だちと話をしなきゃいけなかったze…

10年前から、もっと言えば、ショー劇「MASK」から、ドラマを回すために
”死”を使ってるのがイヤ、そろそろ離れてほしいんだよね…とてるひが言うと
「引きこもりとか、暴力よりもイイんじゃない?」とお友だち。
う…ん。オーナーは、精神的には引きこもってる気がしないでもないけど?

「リカは暴力的なコってこと?」
Tapの時も、お客さんの前なのに、お父さんのこと、ばしばし叩いてたよね。
ソロを乗っ取られちゃったンだから、頭に血が上っちゃったんだろうけど
やりすぎだよな〜確かに(笑)

オフでの千秋楽に乾杯!のシーンでも
屋上に行ってしまった光一を追いかけようとして、手にしていたモップを
乱暴にトモユキに押しつけますよね。投げつける勢いで。
ほんと、まぢでイタそーなんですけど。

去年から、オーナーが植草くんになって、
リカが、オーナーの娘という設定になって、すごくイイな♪って思ったんです。
コウイチが大好きで、一緒に遊びたくてダンスを教えてほしいと言ったヤラ。
マチダもヨネハナも、幼なじみのようなものでしょ。
4人の幼なじみでもないリカが、仲間になった理由になってますもんね。
原石であるコウイチを見出したのが、オーナーであるお父さんで、
お父さんがあきらめた夢を追いかける娘のリカが、カンパニーにいるなら…

コウイチのこととなると、あるいは、舞台のこととなると熱くなりすぎる
子どもっぽいリカを、最初に描いておけば、後半の
「ほんとうに成長したな」のコウイチのセリフに、説得力が出てくるし。

どのショーが1番好きだった?…と聞いてみると
友だちからは「Jungle」とのお答えが…
そうそう!見たよ、この日、コウイチの背中の羽根!
Amelicaからの舞台上での生着替え。羽根を確認する事に集中力使い過ぎっ

Jungleのダンス。ブラッシュアップされて、カッコよくなりましたよね。
「光ちゃん、飛んできたけど、腹筋とかなかったよね?」とお友だち。
SHOCKのために、5キロ体重を増やした話をしといたんですけど
彼女的には、まだまだ肉がない…と言いたいらしい。
う…ん。なんとなく2週間前よりも肉が落ちた気がしなくもないけど。

お友だちも、光ちゃんのダンスのカッコよさ、フライングの素敵さに
とうとう(?)開眼したか〜と思いきや
「大好きな黒人ダンサーさんが、カッコよく踊ってて…」
えっ?光ちゃん見てた訳じゃないのか…やっぱり。
さすがに、フライングの時には、スモーク焚かれてるし、後は見えないよね。

お友だちがお気に入りのチームUSAのダンサーさんは、
体格が良いのに、風に乗る羽のように踊る、色っぽい人なんだって
どの人かわからない…と言うと
「屋上のシーンでも、下で踊ってるよ」
ごめん、上しか見てないかも…と言うと
「だって。上は話してるだけじゃん」とばっさり。
確かに…話してるだけだよなぁ。
次の観劇は、A席の後ろから3列めからだから、下を見てみるよ。
そうそう。気をつけていないと、どんどん視野が狭くなっちゃうし…

「黒人ダンサーさん、3人は、バランス悪いよね。もうひとりいたらいいのに」
さすが、舞台全体を観てるよなぁ・・・とうなっちゃいました。
4人いるんだけど、ひとりが、初日明けてすぐくらいに怪我しちゃったみたい。
わたしが2月に見た時も、3人だったよ…と言うと、
ものすごーく残念そうにしていました。

「新曲、いいね。前のSpainよりも、イイね。ヤラの出トチリもわかりやすいし」
そう言えば。最初の年に、出られなかったリョウを見逃したって言ってたね。
舞踏場のようなセットがあるから、出られなかったライバルも、
セットの1部のように見えてしまっていた感があるかな。
潔くセットをなくしてしまって良かったんだろうなーと思います。

幕間のシーン。コウイチが「なんでヤラは上手から出てきたんだ?」と言いますよね。
見間違え、記憶違いかもしれませんが、2月に見た時には、ヤラが上手から出ようとした時に、リカは、もっとセンターに立っていた気がしました。
今回、かなり下手側にいて、そばにコウイチもいます。
だから、コウイチがつなぐ事ができた。
「俺とリカの見せ場だったんだぞ」ヤラは言いますよね。
このシーン。ヤラがきちんと下手から出ていたら、どうなってた?
最後に、リカから手渡された拳銃で、コウイチが自らの頭を撃ち抜き、倒れる。
議論の余地のない流れになっていたんでしょうか。

ジャケットを手に、上手から出ようとしたヤラを、スタッフが止めますが
下手から出ても、曲の流れに大きな影響はないような気もするけど、どうなんだろ?
…と思わなくもないけど。

「新曲イイけど、ダンスはまだまだだよね。揃ってない気がする」とお友だち。
そ、そうですか?
「隊列がX線状に揃って見えたら、綺麗だろうね」
カンパニーのほとんど全員が出てるせいかな。ごちゃごちゃ感があるかな。
わたしの悪い癖で、コウイチの側のストーリーに目がいきすぎるようですが
彼女の目に映ったように、揃ってない、ごちゃごちゃしてる…のだったら、
ヤラが出られなくて、動揺が走ったとの観方もあるな〜と思いました。
ストーリーとショー。どちらに重きをおいて作るか…それも難しい選択ですよね。
…と言う事で?『SOLITARY』のフォーメーションも、上から見てみようと思います。
できたら…だけど(苦笑)

リカの見せ場のTapに出ちゃいなよしちゃって、たっぷり踊ったオーナーは
ダークなスーツ、赤い手袋で『SOLITARY』の一節を口ずさみながら登場します
「あの赤い手袋、経文ダンスみたいでイヤじゃない?」とお友だち。
あのね、経文ダンスって言って、わかるひと、あんまりいないと思うけど
言われてみると、そんな感じもするよなー
うん。不吉なことが起きる前兆みたいで、イイのかも?

「Show must go on かよ」
吐き捨てるようにつぶやいて、楽屋を後にするヤラ。
オーナーが植草くんになってから、コウイチはほとんど言わなくなりましたよね。
さみしい気もしますが、
そうする事で、物語の主役はコウイチではなく、カンパニー全体なんだ
…と印象づけているのかもしれませんよね。

ジャパネスク。雨の音が会場を包み…てるひは、気もそぞろに。。。
この記事の冒頭の、武者コウイチの登場、スタンバイシーン。
すいませんでした。周りの方たち、ついつい後ろをちら見しちゃって。
「前方列で振りかえってた訳じゃないから…」と友だちは言ってくれたけど。
獅子のかぶりものからのぞく、コウイチのあごのラインにドキドキ。
白髪のツクリモノくささとか、鎧が軽そうだったこととか…
コウイチの左後方の席だったので、前回の観劇で見た「行くぞ」の表情の変化は見えませんでしたが、ぱしっと矢をつかんだ(笑・ように見える)瞬間は、見た。
O〜R列の通路脇の席で、勇気があれば、掴む瞬間のネタが見えるかもね。
コウイチが、敵へと突進して行った後、係員の男性が、SかT列横の通路に落ちた何か…を拾ったけど、あれは?

「おどかそうとしただけじゃないかよ…とめろよ。なんで誰もとめねーんだよ」
2幕のヤラの告白シーンですが、
予備の刀をほんものに変えた時、コウイチに遊びを仕掛け、
「渡せるのかよ?」の言葉にあるように、
ショーが止まってしまったら(ストップするとヤラは確信していた?)後
コウイチがどう対処するのか…わくわくしていたンだと思います。
そのヤラの気持ちが乗り移ったかのようなジャパネスクは
ほんとうの戦のようで、ぞくぞくするんですよね。

でも、コウイチはショーを止めずに、物語を止めてしまった。
お友だちの2幕のつぶやきも書き残しておきたいけれど、
出かける時間になっちゃいました(笑)
別の記事にて、時間をあけずに書けたらい〜なと思っています。

678公演の待ち合わせ場所に向かう間に、携帯から投稿した記事も、
読みにくかったでしょうけど、たくさんの方にお読みいただきました。
ブログ気持玉も、あんなにたくさんいただいて。
ほんとうにありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは♪去年まで屋上の下では2人の外国人男性ダンサーが踊っていたの。でも今年は1人だった。そうかーあの人のファンなのか(でも顔はわからない…)
うん。2階からあのXラインを観てみたいです。あと「夜の海」の隊列も2階から観たい!そうそう!戦のシーンのほとんどでヤラは笑っているんだよね。真剣な顔のコウイチと対照的。でも階段の上では逆転するんだよね。もーゾクゾクするわー。まだまだいっぱいいろんなこと発見出来そうだよね。来週が楽しみです♪
Rain
2010/03/13 21:34
Rainさん、こんばんは。
屋上の下。しっかり見てきました。オーナーの迷い(?)も…って、コメントのお返事に書くにもおかしいかな。わたしもパンフの写真を見たけど、お顔はわからなかったけど、マッチョなのにしなやかに踊ってた人がいるのはわかった。屋上じゃなくて、見下ろせば〜♪してたら、いろいろな発見がありました。今まで、ソンしてたかも?
実は…1階席で見た時には、新曲で、Xラインを組んでる事に、あまり意識がいってなくて。双眼鏡のぞいていると、おいてかれるんだよね(反省)
ヤラの笑いは、ヤラ自身の表情か役作りなのか…いたずらッ子のようでもあり、鬼神にとりつかれているようでもあって。背筋が寒くなりますよね。
そうそう。逆転する!
見るたびに何かを見つけるんだよね、この舞台…言い方が悪いけど中毒でしょうか…(笑)
来週は、インペリアルカフェデビューも楽しみです♪
てるひ
2010/03/14 17:46
背景に映し出される物語 Endless SHOCK 3月5日(金)夜 678 このまま・手をつないで、霧の向こうへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる