このまま・手をつないで、霧の向こうへ

アクセスカウンタ

zoom RSS 周りが見えなくなったらお終いだけど?Endless SHOCK 2.20(土) 昼 660

<<   作成日時 : 2010/02/23 07:04   >>

トラックバック 1 / コメント 0

彼は夢を見たんだっけ?
帰りの電車の中で、お友だちにメールしながら、ふと思った。
数時間前の事なのに、ふわふわ記憶が曖昧で、思い出せない事がいっぱいだ。
ただただ嬉しかった。今年もまた、SHOCKを見られる事が…
2月20日(土) Endless SHOCK 2010 昼の部を見てきました。
楽しくて、ドキドキして、興奮して。奇声をあげそうになった(苦笑)
my初日を迎えた、Endless SHOCK感想文。ネタばれしてますが、良かったら…

去年は、2階の後方席で、ひとりで迎えたmy初日。
今年はお友だちに誘っていただいたので、ひとりじゃない!
…って事で、テンションが上がり過ぎて、ずっとにこにこしてる間に終わってた。
座長のことは、いっぱい見た。ひたすら見た。
見過ぎたせいで、記憶の回路が焼き切れてるって話ですが。。。

帝劇の鐘が鳴って。Endless SHOCKが始まります。
長年(笑)のくせで、ついオーケストラピットをつい見てしまうんだよね。
そこ見てたら、座長の登場シーンを見逃しちゃうのに(笑)
ステージってこんなに暗かったっけ?…とあせってるうちに座長は踊りだし…
でも?登場のポーズ、去年は戦隊系の決めポーズっぽかったけど
今年は違ってたような???

「Endless SHOCKの世界へようこそ(だっけ?うるおぼえ〜)堂本光一です」
オープニングで踊ってるのは、コウイチじゃなくて光一さん。
光一さんお得意の、ばーんと腕を広げる決めポーズは大好きだけど
ご挨拶を終えて、きらきらの階段を上ってく光一さんの、ちっちゃな両手ガッツポーズ(?)なくてさみしかったな。
で?光一さんはコウイチになるために階段を上ってく…って事なんだろうけど
このオープニングシーン、必要なのかな〜思ってしまったりして。
今年のSHOCK。尺を縮めようとしたそうですが、なぜ切らなかったんだろ、ここ

10周年…と言う事で?Endless以前からのVが流れてましたね。
あんまり覚えてませんが、悪魔の子りょうちゃんとか。

もう1度。オーケストラピットがせり上がり、植草かっちゃんが登場します。
…じゃなくて。オーナーだから、ここから舞台を始めればイイのでは?
Endless SHOCK 2009もそうでしたが、コンダクターはオーナーなんですよね。
ここで「Show must go on」の話をするせいかな
コウイチの孤独感、回りが見えず、暴走してる感が薄くなっているような気がします。あ、去年、感じた事ですけど。

オフブロードウェーの劇場は、夢半ばで去っていた者たちの思いが
亡霊となって残っている…あるいは、そこに戻ってくる。そんな場所。
綺麗だし、観客を驚かせるにはナイス!な亡霊たちだけど、なくてもいいような?
ショーの開幕、ゴンドラ(?)からコウイチが落ちる所から始めてもイイと思う。
乱暴かな。

この日の特に1幕の記憶、最初のフライングにうっとりした後の事が
ほんとうに曖昧なんです。
そう言えば。オフのショーの感想って、ほとんど書いた事がないかもしれない。
『New Horizon』の曲が流れてた覚えはあるんだけど、
コウイチは、かわいらしく踊ってましたっけ?(誰に聞いてるんだろ?)

そうそう。ステッキを使ったダンスはなかったですよね。
あのダンスは、誰がステッキを落とした…とか話題にしてたのに、残念。
そこ削るよりも、フード付きのがうんをまとったリカが消えるマジック(あっさりしたものになってたけど)か、車のイリュージョンの方を
…と思ってしまうのは、わたしだけ?
去年「車のイリュージョンは、5年契約だろうから(笑)来年はないんじゃない?」
そんな話をお友だちとしたのですが、ありましたね、赤い車。
何度見ても、仕掛けはわかりませんが、仕掛けを見極めようとするより、
白い衣装の王子様コウイチに見とれてた方が、ずっとイイな。
あのダンス、好き。女性ダンサーさんたちも、ロミジュリほどではないけど、
この世のものではないような精霊のような風情なのも、好きだったりします。

オフブロードウェーの千秋楽の幕が降りて。千秋楽に乾杯!
ショーをやり遂げたカンパニーの和やかな雰囲気が、すごくイイですよね。
キャスト勢ぞろいで楽を祝い、歌う。
オーナーも加わって『Yes,My Dream』
中途半端にネタバレを読んでいたので、最初「あれ?変わってないよね?」
…と思っちゃいました。歌詞だけが進化していたんですね。
コウイチの夢…は、よくわかんないなけど
ヤラは、トップ取りたい。オンに行きたい。夢って言うか野心?
そんなカンパニーみんなの夢が、オーナーの夢でもあるから
うん、この歌、すごくいいな〜って思いました。
オリンピックとワールドカップの年だし?

バックステージのマチダのキャラが、薄くなったような気がして寂しいかも。
去年までは、コウチャン大好きの小ネタ炸裂でしたから。
ストーリー展開的には、すっきりした感じかな。
ヤラがリカに用意した指輪も、マチダさんにいじってもらえないと、
あんまり存在価値がないって言うか。
オーナーにリカと言う娘がいる事を確認できる、数少ないシーンではあるかな。

コウイチがショーの後で、自分自身に戻る場所、屋上…
リカは、その事を知らなかったみたいですよね。
オーナーは、大劇場からの誘いがあったのに、なぜ酔っぱらうほど呑んだの?
お酒弱いみたいだけど、オファーを受けるべきか…迷ったからかな?
屋上のシーンは、オーナーのギャグ披露の場のようになっちゃってますよね。
この日は、コウイチ、相対性理論の話を聞かせて
〜とかなんとか言ってましたけど。コウイチも、そのテの話、好きだったの?
植草かっちゃん。光一さんのこと、かなーりリサーチしちゃってます?

楽の翌日の街歩きシーン。
じゃー3時が、じゅーさん時で、コウイチだけが早く来ちゃった話はカットされてて
リカがお化粧に時間がかかったから、遅くなったって話になってましたね。
帝劇の女性用化粧室にも、長い列ができるけど、なにやってるんだ?
…とかなんとかコウイチは言ってたけど、えっと…ここ、マンハッタンですよね?
冬コンでも、トイレネタしてたけど。好きですねートイレネタ。
さすがに、○○ことか、そーゆー単語は言わなかったけど。

新聞で絶賛されたカンパニーのショー。カンパニーのスターコウイチ。
街で、たいこ?ドラム缶?叩いてたナオキとの出会い。
歌のメロディが、コウイチからほとばしり、新しいショーの断片が降りてくる。
拾い集めて、カタチにする事に夢中になってるコウイチには、
新聞の評には、あんまり興味はないようで。
リカの「コウイチのおかげね」の一言から、流れ出すイヤな空気。
そこに二日酔いのオーナーが登場するわけですが、パンちゃんネタを言ってたね。パンちゃんに、無になる方法を教えてもらおうと思って。
…だったかな?
パンちゃんと相対性理論の話をしようと思った…そんな事も言ってたかな。
無になる方法ね。てるひも知りたいかも。

大きなオファー、マンハッタンの灯りが、カンパニーの足元を見えなくする。
みんなが行きたいなら、行こうと思います…とコウイチは言う。
ヤラじゃないけど「コウイチは行きたくねーのかよ?」と聞きたくなりますよね。
コウイチの描いていた新しいショーは、大きな劇場向きではなかったんでしょうか
みんなが行きたいから…じゃなくて、コウイチは?
コウイチも、回りが見えなくなっていた。オーナーも…だったのかもしれませんね。

あれから半年。インペリアルガーデンシアターでのコウイチたちのショー
ワールドアドベンチャー…とは言うものの、旅する場所は減ってますが
生まれ変わってましたよね。
へー!そっか〜カッコイイ!なるほどね!の連続でした。
衣装があったから、着ちゃって、出ちゃって。
たっぷり踊っちゃったへんなおじさんの話も、やっと腑に落ちた感じ?
そして。この日、最大とも言える「!」のジャパネスクの話も、
記事をわけて、書こうと思います。

大きなキャパで、何があってもフリーズしない脳がほしいな(笑)
周りも、コウイチも見えなくなってるてるひが、それでも書き残したい
殴り書きしてるだけの感想文に、お付き合いくださってありがとうございました。

やっぱり。座長、カッコいい!
書きたかったのは、それだけ…かも?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
鬼となる刹那 Endless SHOCK 2.20(土)昼 660 Vol.2
ぱいれーつオブかりびあん? この超有名(なんですよね?)な映画を見たことがないてるひ。 女子フィギュアSP。長洲未来選手が選んだ音楽を聴いていたら、 頭の中を『合戦』が流れ出して、心も身体も震えだした。 今年も進化した殺陣を見て、 物語の主役は、コウイチじゃないんだね?…そんな気持ちを強くした Endless SHOCK 2010 2.20昼公演の感想文の続きになります。 ネタバレしていますが、よかったらぜひどーぞ。 ...続きを見る
このまま・手をつないで、霧の向こうへ
2010/02/26 02:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
周りが見えなくなったらお終いだけど?Endless SHOCK 2.20(土) 昼 660 このまま・手をつないで、霧の向こうへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる