このまま・手をつないで、霧の向こうへ

アクセスカウンタ

zoom RSS 光一さんを座長と呼ぶ日がやってきました。

<<   作成日時 : 2010/02/14 17:18   >>

トラックバック 0 / コメント 2

光一さんの背中が好き。
隠してるはずの羽根が、そこに見える気がするから。
光一さんが歩いてきた道のりを、背中が語ってる。
背中で、SHOCKを語る。
いつに間に?そんなおとなのエンターティナーになったのかな。
本日、2月14日『Endless SHOCK』が初日を迎えます。
チケットなくても帝劇に行っちゃおうか…と思ったけど、踏みとどまった(笑)
そんなSHOCKファンてるひのひとりごと。

光一さんを「座長」と呼ぶ季節がやってきましたね。
この記事は「BEST STAGE」の感想として書き始めたのですが、
まとめる事ができないまま、初日を迎えてしまったんですよね(恥)

黒い革のジャケット姿で、王子な感じじゃなく(笑)スマイルもない。
なんとなく新鮮な感じ?
髪を明るくする前だから、いつ頃、撮影したのでしょうか。

2000年に始まった、光一さん座長のSHOCKが10周年を迎える2010年。
前人未到の100公演に挑むわけですが、
光一さんの姿勢からは、挑むとか、節目の年だとか…
そんな気負いは、全く感じられませんよね。

目の前の1公演、1公演をやり続けているだけ。
100公演めだけが大切なわけじゃなくて、38公演めも同じ気持ちで臨む。
もちろん、いつもと同じテンションを保てない日もあったかもしれない。
人の力ではいかんともしがたい要因が、それを阻む日もあったけど
全てのセクションのひとたちが、前を目指した結果の651公演だった訳ですよね。

SHOCKに携わる全ての人たちが、「作品のために」と力を尽くしてくれている。
だからこそ、信頼して、安心して、舞台に立てる。
その感謝の気持ちも、10周年だからじゃなくて、常日頃、持ち続けている
…と言う光一さん。
このひとは、謙虚なひとだな〜と思う。
低きに水は流れるを体現してる人だと思う。

できるような気がする…で、やってはいけない。
稽古を重ねて、できると確信した事だけを、方向性を定めて
強い意志で、目指していく。
光一さんの話は、筋が通っているようであり、矛盾もしている。
おもしろいなぁ…と思った。

こういう事がやりたい…と思ったら、
数字に置き換えて、実現可能なカタチを模索する。
時間がかかりすぎたら、どう縮めて、そこに収めるか…
作品を作るって。そーゆー緻密な計算が必要なんですよね、舞台に限らず。

舞台に立ってしまったら迷う事は許されないだろうけど、
インタビューを受けている、この時は、迷いながら話してるのかな
迷ってると言うか…インタビュアーからも、なにかを引き出そうとしてる。
そんな感じがする。
この光一さんの姿勢が、SHOCKを進化させ続けているんだろうな。

Endless SHOCK 2009で、始めての年上のオーナーを得て、
主題が少しずれたような気もしたけれど、
このカタチが今のベストであると判断したから、
メインキャストを一人も変えずに、再演となったんだと思う。
変更になった点もあると聞き、楽しみにしている。
いや。それは正しい観劇の仕方じゃないよね。
今年のMy初日には、まっさらな気持ちで見たいな…と思う。

『SHOCK』は自分の身をすべて投じた作品だから。
すべてを投じて作り上げてきた舞台SHOCK。
651公演、その1公演、1公演が、今の光一さんを構成してる。

新作を…と思う時もある。
でも、てるひは、光一さんファンを自覚する前からショー劇ファンだったから
『SHOCK』は、永遠であってほしい。Endlessじゃなくなったとしても。
光一さんが、SHOCKと比べる事のない作品を作りたいと思う日がきて
それを望むファンがいて、作れる環境にあれば、新作に挑んでくださいな。
その日が来ても、SHOCKはクローズせずに、また取り出せるように
引き出しにしまっておけばいいんじゃかな〜と。

うだうだ書いている間に、初日の幕が上がる時間が近づいてきました。
今年のSHOCKは、2月3月で、一旦、中断期間に入り、7月に再開と言う
変則公演となりますよね。
帝国劇場に行けば、7月までずっと…座長のポスターが見られるんですよ!
これ、すごい事ですよね。

光一さん、カンパニーのみなさんが
10周年の100公演を、全員で走り続ける事ができますように。

2010年2月14日 書き手 てるひ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
てるひさん、こんばんは。
『Endless SHOCK 2010』いよいよ・・初日の幕が上がりましたね。
いつか・・座長さまがSHOCKと比べる事のない作品が作れる環境が訪れた時〜SHOCKは、いつでも引き出しから取り出せるようにして、是非とも新作に臨んで頂ける日が来たら嬉しいなぁ〜と思う私です。

2010/02/14 18:23
杏さん、おはようございます。
初日の幕が、無事降りて、残り99公演となりましたね(笑)
my初日まで、ネタばれを読まないようにしよう…と思っていたのですが、日付が変わっれたら、もう我慢できず…意思、弱すぎですね。
進化したSHOCKを見るたびに「それ、新作にとっとけば良かったのに…」と思ったりしてたんですけど。
光一さんにとっての新作は、○○SHOCKじゃダメなんだね。そのくらいに思い入れのある作品を見られる事は、幸せなことですよね?
新作は、本を提供してもらってもイイとも思っているんだけどダメなのかな。。。
タイミング難しいですよね。
とりあえず、今年のSHOCKを楽しみましょうね。
てるひ
2010/02/15 08:45
光一さんを座長と呼ぶ日がやってきました。 このまま・手をつないで、霧の向こうへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる