このまま・手をつないで、霧の向こうへ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『これだけの日を跨いで来たのだから』堂本 剛 とFashion & Music Book 1.30

<<   作成日時 : 2010/01/31 23:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

自分が創り出した作品なら、無条件に全て愛せるものだろうか?
1番があって、大好きがあって、愛するのが難しいコがいても当たり前。
これだけの日を跨いで来た…んだもの。
「生きるって難しいね」満月を見上げながら、友と語った日(1月30日)
堂本 剛 とFashion & Music Bookのラジオに癒されたし、騙された。

「わたし、おばあちゃんになったんだよ」
彼女の言った”おばあちゃん”の意味が、一瞬、よくわからなくて
文字通り”孫ができた”…という意味なんだけど、
お友だちには、生物学上の子どもはいないので、ピンとこなかったのです。
「わたしだってほしいのに…あ、月」
彼女に言われて空を見上げると、青い月が、わたしたちを見下ろしていました。
「満月かなぁ?」
今年は元日が満月だったたから、この日の月は、ブルームーン。
お友だちと話していた時には、その事をすっかり忘れていたのです。

「ひとって難しいね。生きるって難しいよね…」
自分が選んだ、これだけの日を跨いで来たお友だちは、
もちろん、剛くんのファンでも、KinKiファンでもない。

阪神大震災のノンフィクション絵本を手掛けた彼女は、
震災から15年の神戸に行った折に、奈良にも足を伸ばした…とか。
てるひも、1月11日に半日だけ奈良を歩いた話をしました。
「遷都1300年祭って、実際には、4月くらいからなんだってね…」
お友だちが残念そうにしてたので、つい…
「遷都1300年カウントダウンイベントがあったんだって」
奈良公演に自作の曼荼羅を飾ったアーティストもいたんだよ。
…と。誰とは言わず(笑)剛くんの話をしちゃったのでした。

そうそう!近鉄と阪神が相互乗り入れして、三宮から、京セラドーム(ドーム前駅)経由、近鉄奈良まで行けるようになったんだよね。
手をつないだわけでしょ?神戸と奈良が!
かるーく鉄ヲタのてるひにはな話なのでした。

最寄駅からの帰り道も、同じ歌口ずさんでくれるひとはいないけど、
『月光』を歌いながら、剛くんのラジオに間に合うよう家へと急ぎました。

オープニング。ご挨拶のあと…日本人タイヘンですね?
ほんとにタイヘンですよ、日本人は?KinKiファンは?てるひは?
毎年、てるひへの自分チョコは、帝国劇場近くのメゾン・ド・ショコラで
買ってるのですが、今年は、バレンタイン前に帝劇に行くチャンスがない?
…。

日本人はタイヘンですね…の後に、のぞみさんからのお便り。
剛くんの創った歌の中で、剛くんが1番、好きな曲は何ですか?
のぞみさんは『Raindrop Funky』が大好きだそうです!
「音楽的には、そうとう良かったですね」と剛くん。
剛くんの自分の創った曲を愛して、大切にしてるとこ…すごく好きだなぁ。

『Raindrop Funky』は、1月11日に奈良を一緒に歩いた白鳥さんが
美我空の中で、1番、好きって言ってた歌なんだよね。
音楽を愛する人に愛される曲なんだなーって思う。
てるひは、剛柴ちゃんの歌の中では『雨の弓』『綴る』が好き。

剛くんが1番にあげた歌は『これだけの日を跨いで来たのだから』
E☆Eプロジェクトで、1番、言いたかった事が凝縮されている歌だそうで。
シングルで出したかった…って言ってたけど、うん、難しかったかもしれないね。
この歌には、いっぱい勇気をもらったし、
この歌なくして、ENDLICHERI☆ENDLICHERIは語れないけどね。
剛くんの話を聞いて、冒頭に書いたお友だちと、一緒に聞いてみたいな。
…って思った。
剛くんの歌には、ファンじゃない方にも聞いてもらいたい曲がいっぱいある。
てるひの母も『空〜美しい我の空』に感動してたし。

次にあげたのが『春涙』シングル候補だったそーですが、
てるひも、albumを聞いた時に、なんでこの歌がシングルじゃないんだろ?
…と思ったりしたもんなぁ。
『Kurikaesu春』は、ケリーっぽくないかも?…って思ったし。

画像今、愛、命…そんなテーマで曲作りをしている剛くんが、歌詞では1番好きだと言った『空〜美しい我の空』
うん、やっぱり、春涙は、空へと繋がっていますよね。
剛くんらしい…と、てるひが勝手に思ってる世界って言うのかな。

60歳になった剛くんが歌う『空〜美しい我の空』も聞いてみたい。
どんな30年が降り積もって、どんな声になってるんだろうね。
そんな事を思いながら『空〜美しい我の空』を聞きました。

だからね、期待をしちゃったわけですよ。
空は、どこへと流れていくんだろか?…ってね。
だって、お待たせしました…って言ってたし、もーすぐ2月だし。
どどーんと発表しちゃうのかな?…と期待しちゃったわけですよ。
そしたら、ラッキーって名前のわんこの紹介でした。
・・・。
ラッキーって名前のわんこだけじゃなく、チャンスとか、るんるんとか
いろんな名前のわんこのメール?お便り?が届いちゃったみたいですね。
しかも、わんこじゃない動物のものまで?

オープニングに、期待しすぎちゃったせいで、
そのあとのラッキーちゃん話に、てるひの脳はついていけず…
いけず…だったけど、癒されました、剛くんのおしゃべりに。

これだけの日を跨いで来た…と言えない日が続いてた。
跨ぐことを放棄してた。
でも、この日(1月30日)悔しいと感じる気持ちが、わたしの中に
まだ残っている事に気づくことができた。
大好きなだけでは続けられない事は、いっぱいあるけど、
悔しいと感じる心が残っている限りは、続けられる。跨いでいける。

お友だちにメールをしました。
一緒に見た月は、ブルームーンだったよ…って。

2010年は、もう1度、ブルームーンを見るチャンスがあります。
その日、晴れて、青い月を見上げる事ができたら
同じ歌『月光』口ずさみながら、銀座の町を歩きましょうか。

1週間前に書いた「人生革命」の記事も、たくさんの方にお読みいただきました。
ブログ気持玉もありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『これだけの日を跨いで来たのだから』堂本 剛 とFashion & Music Book 1.30 このまま・手をつないで、霧の向こうへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる