このまま・手をつないで、霧の向こうへ

アクセスカウンタ

zoom RSS ラブレターフロム福岡、スパイスは嘘と。

<<   作成日時 : 2009/08/16 10:06   >>

トラックバック 0 / コメント 2

福岡で、光一さんの3年ぶりのソロ・BPMツアー
わたしたちの王子summerな夏が始まりましたよね。
初日のLIVEに参加したお友だちから、終演後すぐにメールが届きました。
光ちゃんは嘘つきなの?
嘘をつかれても幸せなら、ま、いっか〜と思った福岡からの手紙(嘘)を読んで
てるひのmy初日に思いを馳せた…戯言です。
構成などのネタばれにふれないように書く予定ですので、よかったらどーぞ。

届いたメールのタイトルは「光ちゃん嘘つき(笑)」でした。
嘘つきなのか〜
mirrorコンに参加して、光一さんの作品世界に魅了されたてるひは
今後、albumを出さずにツアーする事はないだろうな〜と思ったのでした。
だから、今回のツアーは、まさに妖〜あやかし〜で。
えーalbum出さないの?…と思ってしまったひとは、てるひだけじゃないよね。

雑誌などでもお話しされてましたが、
背中を押されて実現した、今回のソロツアー。
初めはあまり乗り気ではなかった…そんなニュアンスのこと言ってましたよね。
でも、LIVEが決まって、シングルも出すことになって
エンターティナー魂に火がついた?

今回、福岡に参加した、てるひのお友だちは、光一さんのファンって言うよりも
好き嫌いはあるものの、allジャニーズな感じの人だから、
光一さんのalbum、シングルを聞いてないんだよね。
だから「この歌が良かった!」「○曲めの歌について、こんなこと言ってた」
そう言われても、すぐにはピンとはこないもどかしさも楽しかったりして。

mirrorコンの時も、カノジョが「この歌が好き!」と言ってたのが
ツアーも終わって、だいぶ経ってから『愛の十字架』だとわかったりしたし。
今、mirrorを聞きなおしてみると、わたしもこの歌がイチバン好きかな
なんだ。やっぱり気が合うね、わたしたち(笑)←友だちには言ってないけど

21歳?…の頃に作ったと言ってた3曲めの歌について。
お友だちは、かなりブーイング…と言うのかな。
違うンじゃないの?その衣装とか振付とか…と言ってたのですが
メールもらった時点で、セットリストを知らなかったわたしは、
以前作ったその歌を、今の自分の表現でやった〜と言う光一さんの言葉から
『Falling』だと思い込んじゃったけど、どーやら3曲めは、その曲じゃなかったようで

そのあとで、確認したら、お友だちが言ってたのは、演出、振付、衣装のことで
歌は良かった…って言ってた。
21歳の…とわざわざ話しをしたんだから、やっぱり『Falling』の事だと思うけど
この歌の時、光一さん、サングラスでしたか?

てるひは、今回のツアーで、確実に歌うだろう5曲のなかで
『Falling-2009-』のパフォーマンスを見るのを、イチバン楽しみにしてたのです。
どんなふうに聞かせてくれるのか楽しみなのは『Peaceful World -2009-』
お友だちが、その21歳の頃に作った歌を、あまり気にいってないふうなのは、
悲しかったんですよね。
確かに…カノジョの語る”あの歌にその衣装”は?だなぁ〜と思ったし。
ま。完全に思い違いをしていた訳ですけどね。
それにしても…この3曲めの歌、光一さんご本人は、かなりお気に入りなのね?

お友だちがひっかかった(笑)3曲め…
マイケルに触発されたンじゃないかなぁ〜とか、そんなふうに言ってたけど
ポップJで魅せてくれた、リトルスージー(タイトルあってる?)かなり好きだけど…
そのあたりもふくめ、自分の目で確認しよーと思います。

今回のLIVEのメイン曲とも言える『妖〜あやかし〜』については
カノジョの感性には、良い方にも悪い方にもひっかからなかったようで。
てるひも、実は…あんまり期待してなかったりもします。
ごめんなさい、光一さん。

雑誌なども『妖〜あやかし〜』を妖艶だとか、そんなふうに評してますよね?
それが、わたしには全くわからなくて。
この歌から感じたのは、さみしさみたいなものでした。
妖艶とは、あでやかで美しい。惑わすような妖しい美しさがあること。
この世のものとは思えない美しい存在に惑わされたのが、光一さんで
悩み苦しむものの、妖されたことに酔ってる?かんじ???

PVを見て(妖祭が終わってから、見た・苦笑)その思いを強くしたんだよね。
びびっ(笑・死語?)ときたのが、alone。ひとり歌う白いシャツの光一さん。
そう!aloneなんだよね。
光一さんの体をすりぬけてくように踊る女性ダンサーさん。
過去の恋人と解釈する事もできる気もするけど、
つかまえる事ができない、思い通りにならない感情、悲しみみたいなもの
実態がないモノだからこその、あの現実離れしすぎてる衣装…
あ。光一さんの衣装も獣王的なモノなら、そうは感じなかっただろうけどね。

孤独を見せてくれたらいいなぁ〜と思ってます。
ちょっとネタばれにふれちゃいますが、それぞれ違う演出で見たいな〜と。

光一さんが曲だけを作って、詞は作詞家さんにお願いすることについて
うちの相方は「曲が作れるってことはホンモノ(なんで上から目線なんだ?)だね。歌詞を書かないのは、まじめだからじゃないか?」
え・・・。「それともシャイなのか…」
そーゆーもんですか?

曲と歌詞を別々の人間が作る。
自分が生み出した曲に、第三者がリリックをのせる。
その歌詞を読んで、曲をいじったりもするだろうし、
今回も、歌詞の手直しをお願いした…そう光一さんは言ってましたよね?
ここが共作のすばらしさって言うのかな…
ひとりで、詞も曲も作った時には生まれないプラスαの力が働くことがある。
もちろん歌を完成させるまでには、作詞家と作曲家以外のたくさんの目にふれ
意見が交わされるのでしょうけど。
共作は、もちろん必ずしも成功するわけでもなくて、力関係がどちらかに偏った時に負の力が作用することもあったりもする。
だからこそおもしろいんだろうな〜って思ったりしました。

脱線しましたね、すいません。

福岡からのメールで、なにをおいてもイチバン嬉しかったこと。
光ちゃんがご機嫌で、ほんとに盛り上がって楽しかったです。
この1文です。
光一さんがご機嫌で、福岡が盛り上がって、お友だちが楽しかった!
もうそれだけで、嬉しい!
てるひのお友だちも、ファンのみなさんも、3年間、待ってたんだもんね。

それから。新しい自分?でみんなに会いに行くことになる発言。
それって、ソロとしての話だと思うけど、albumを作って、ソフトができたら
またツアーをしますよってことですよね?
えーっと。曲作らんとなぁ〜とおっしゃってたって言うけど
albumを出すお気持ちはアリってことですよね。
mirrorコンから3年の時間がたってしまったのは、曲が書けなかったから
みたいなお話しもされてたそうですけど。。。

はい、もちろん楽しみにしてますけど・・・
KinKiが3人になるのは、困りますから。
…って。3人めになるひともイヤでしょ、それは???

セットリストを見て、それこそ2002年の相方さんのソロから、
ずっと聞きたくて聞きたくてしかたがなかったあの曲も入ってて
こんなにあっさり…聞けてしまっていいのna思いとか(笑)
KinKiコンで、かわいーく歌ってくれたあの歌とか。
いろいろ、いろいろ。
ほんとうに楽しみです!

『妖〜あやかし〜』については、てるひの初日までに、また書きたいと思ってます
はい。光一さんと同じで嘘つきです。
光一さんは、8割嘘だそうですが、LIVE時間を3時間と言ったり?
その上を行く…てるひは、嘘9割でできてますらから。

- 8月16日の23:00過ぎに追記 -
何度も3曲め…と書いちゃいましたが、3曲めではなかったってメールがきて
やっぱり、お友だちが言ってたあの曲は『Falling』だったとわかりました。
なんかね…う…ん。ポップJのVでも見直してみるかな(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
てるひさん。こんばんはです。
福岡で、光ちゃんもファンも、ご機嫌だったのは何よりです。きっと、新しい相方の影響大?(笑)
「妖〜あやかし〜」については、リリース前の私たちが勝手に作り上げた妄想が激しすぎ、同じく勝手に残念がってたという・・・。
なんて、面白すぎる・・・私たち!
光ちゃんにしてみれば、「まだまだ甘いなぁ!YOUたち!」なんでしょうけど・・・。
SHINE
2009/08/18 20:59
SHINEさん、おはようございます。
そうなんですよ。ご機嫌だった…のは、新しい相方ちゃんの存在もあるでしょうし、福岡でのパフォーマンスが良かったせいもあるんでしょうね。
『妖〜あやかし〜』は、わたしも思ってた傾向(笑)とは違いましたね。なにかのインタビューで、わたしたちファンが自分に期待する事はわかってるけど、期待通りにはしない〜みたいに答えてて、なるほどなーと思ったンですよね。
ほんとおもしろいよね。勝手に期待して裏切られ、ざんねんがる。で、まだまだあまいYOU(わたし)たちは、光一さんに妖かされることが、もっとクセになり、もっと好きになっちゃう(笑)
てるひ
2009/08/19 07:35
ラブレターフロム福岡、スパイスは嘘と。 このまま・手をつないで、霧の向こうへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる