このまま・手をつないで、霧の向こうへ

アクセスカウンタ

zoom RSS 優しさという名の刃が切り裂く? Endless SHOCK 3.14(土)夜 628

<<   作成日時 : 2009/03/15 20:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

帝劇単独主演公演数更新 おめでとうございます!
この身を忘れるなよ…と。ここに繋ぎとめようとしたリカの願い。
原点に戻ろうとしたコウイチの、シェークスピア劇への思い。
オフでのショーとオンに出てからのショーの質の違い。
植草オーナーのやさしい、癒しの雰囲気が、カンパニーとSHOCKという舞台に及ぼした影響と波紋。
milleniumから10年での記録更新から2夜明けた、3月14日(土)夜 628公演を見てきました。偏った視点ですし、ネタばれしているメモ書きですが、よかったら

この日は、座長ファンのお友だちとの観劇です。
お友だちも気づいてたようですが(笑)座長がん見ポイントが似ていて、嬉しかったです。カノジョと3月8日(日)に観劇した地元友の感想と視点も引用させてもらいながら、Blogしたいと思います。

コンダクター役を植草くんに託した、今年のSHOCK。
光一さんは、舞台の上からEndless SHOCKの世界へと誘ってくれます。
もともと、指揮者はアニキだった訳だし、カンパニーのトップスターコウイチ役の光一さんですから、舞台の上からの方が、しっくりきますよね。
カノジョが話していた、堂本光一さん登場シーンを確認しなきゃ!
…。久しぶりのA席じゃない2階席だったので、光一さん登場時のキメポーズ(?)見えませんでした。

この日のオープニングのご挨拶も、単独主演回数更新にはふれず
「昨年、菊田一夫演劇大賞をいただきました…」でした。
Endless SHOCKという作品と、この作品にかかわったスタッフ、出演者全員での受賞が、ほんとうに嬉しかったのでしょう。光一さんらしいですよね。

語り手としてのオーナー登場です。
オフブロードウエーで、千秋楽のショーの幕が上がる。
上を目指す者たちの夢と希望と、そのむかし、叶わず、こわれてしまった夢の欠片もその劇場には残っている。
オフとは言え、計り知れない才能の原石であるコウイチのために
ものすごい額の製作費を、どこからか(笑)工面しているオーナー。

オフでのショーには、華やかなセットもない。
コウイチが現れたり、消えたと思ったリカが、宙吊りの車を運転していたり。
ポスターがすれ違うと、生身のコウイチがそこにいるあのマジックも
サイドの席に入った時には、見えちゃったりしてたしなぁ。
オフでのショーが、あまり洗練されてないのは、オンへ行ってからのショーと差をつけ、対比させるためなのかな?…地元のお友だちは、言っていました。
そう言えば、わたしも、千秋楽のショーでは、コウイチ登場シーンをがん見することだけに一生懸命かもなぁ(笑)
オフでのショーのこと、Blogしたこともないよな。印象うすいからかな

お金がないオフの劇場なのに、車のイリュージョンには金かかってるよね?
予算が少ないオフなのに…と違和感を感じるし、必要ないんじゃない?と思う。
確かに、車のマジックは華やかで、なくなっちゃうと地味なショーになるかもしれないけど、でも…コウイチたちが、もっと踊ればイイんだと思うの。
イリュージョンじゃなく、ダンスを見たいでしょ?オフの客も、SHOCKの観客も。

何度、どの位置から見ても、あの車の仕掛けはわからない。
わかろうとしないで、すごい!とだけ思ってればいいのかもしれないけど
どんなにすごい仕掛けも、1度見れば満足するでしょ?
でも、ダンスは何度も見たいし、歌もそうだし。
そういう派手なパフォーマンスより、千秋楽をみんなで祝って歌いだすシーンとか、すごく好き。
みんなの気持ちが高揚して、歌になる。
これぞミュージカルみたいな感じがしますよね?
コウイチが、シェークスピアをやってみたいと願うなら
ストレートじゃなくても、ショービジネスの世界の物語から離れて、
物語を作ったらいいんじゃないかなぁ〜とか
観劇日記のはずが、願望日記になってきた(苦笑)

植草くんを劇場のオーナーであり、リカの父親に配したことにより
トモユキのリカへの恋心がかすんで、より、なくてもイイものになったように感じました。刀をすり替える愚行のひきがねに、全くなっていない。
「コウイチが、わたしの目の前から消えてしまいそうで、こわい」
リカは、自分自身の不安を打ち消すために、ネックレスをわたした。
ヤラは、ひとりでは止まってしまいそうな自分を、励ましてほしくて
リカに指輪をわたそうとした。
リカがネックレスを渡せたことと、ヤラが指輪をわたせなかったこと。
この対比もおもしろくはありますよね。
コウイチを追いかけたい。一緒に踊りたい。ふたりの願いは一緒なのに。

屋上のシーン。手すりにもたれて、マンハッタンを見下ろしているコウイチ。
セットが少しずつせり上がっていくと、星空に近づいてくでしょ。
それが、コウイチに星がふってるように見えて、すごく好き。
つかめそうで、つかめない。つかめないからこそ手を伸ばす。
走り続けるって、そーゆーことだよね…と思えるんですよね。
好きなシーンだからこそ、てるひには、リカが闖入者に思えちゃうんだよなぁ
ここでわたすなよ(笑)なーんて。

前回、2月28日の観劇では、ぼろぼろの泣き事の記事を書いて(恥)
やさしいコメントをいただいて、続きを書く間もなかったので
28日夜公演のことも、少しふれようと思います。
インペリアルガーデンシアターからのオファーがあって。
酔っ払ったオーナーが、千鳥足で屋上に上ってくる(あぶないねー)
628公演では、タキシードのサッシュベルトをずりあげて、カニ…って。
なんでカニ?ついていけませんでしたが・・・
待ち合わせ時間も、何時かに?3時かに?・・・とか言ってて
じゅぁーさんじは、どーなっちゃたんだろ?と思っちゃいましたけど。

ブロードウエイの大劇場で、ショーをしたいか?
コウイチに問いかけます。
どうして正直に、オファーが来てることを言わなかったのかな?
疑問が残りますが、コウイチは、大きい小さいは関係ない。
新しいことをしていきたいンだって。
コウイチに理解のあるオーナーは、それをさせてくれている。
車のイリュージョンも、そうだ…と。赤字なのに許してくれた。
・・・。
新しいんだ。う…ん、あれはコウイチがやりたかった新しいパフォーマンスなのかぁ〜と納得したい自分と、できない自分がいるんですよね。

ここのアドリブ。2月28日は、その車の仕掛けの話になって。
オーナーが持ち上げてるって、だから、腕が痛いんだって言ってて。
そんなに痛いなら、やめちゃえよーって思ったのよね。

ブロードウェーの街歩きシーンでは、
町のひとたちに囲まれたコウイチは、靴がぬげちゃって、
「俺のくつ返せ〜」とか言ってましたよね。なんかかわいかった。
そのネタを、植草オーナーが、2幕でもずっとひきずってて。登場する時に、片方の靴をはかないまま登場したりして、設定変更?…とも思ったのですが、そうじゃなかったようで。
コウイチの靴が脱げちゃったのを、ひっぱってただけのようですね。
病院から戻ったコウイチに「ずいぶん前の話ですよね」って言われてたし。

ブロードウェーからのオファーで、心がばらばらになっていくカンパニー。
ヤラの目標は、メジャーになってやる…という漠然としたもので
なにをしたいのか、カタチにはなっていない。オンに行くことを想定してなかったコウイチにも、具体案はなかったのでしょうね。
コウイチは、オンの先が見えてない…とオーナーに言います。
オンの先が見えてなくても、続けなければならないのかな。
「周りが見えなくなったら、お終いだぞ」
それこそ、周りが見えなくなっていても、続けなきゃいけないのかな。

2幕のオーナーの後悔と悲しみ。
「あの時に、コウイチを止めていれば、こんなことには…」
事故のおきる前の幕間に、コウイチをとめなかった事なのかと勘違いしてたけど、準備もないまま、みんなが行きたいから行くと言うコウイチを止めていれば
…って意味だったのですよね?
それなら、てるひ的に、すっきりするけど、どうなのかな・・・

Show must go on.
SHOCKという舞台に貫かれていた、コウイチと光一さんの座右の銘。
コウイチは、有言実行を続けていました。でも・・・
今年は、ブロードウエーで、ショービジネスの世界で言われてる言葉になっていて、語り手のオーナーも口にする。
仕方のないことかもしれないけど、どーしてもなじめなくて。
コウイチだけに言ってほしい言葉と言うか。
それじゃないと、あの幕間で、ヤラが「ショーマストゴーオンか…」と吐き捨てるように言うセリフも、たたないですよね。

植草くんが、すごく自然な演技をしていて、アドリブもおもしろくて
癒しの風を送ってると思う。すごくいいって思う。
ただ…周りがついて行けてないンじゃないかな〜と。
ちょっと残念だなぁ。

一緒に観劇したお友だちの視点に!と思ったジャパネスクとか
がん見ポイントが一緒だったジャングルへの生着替え、スペイン、セメタリ…
そんな話と2幕の話は、別記事にわけたいと思います。
勝手なこと書いてますが、煎じつめると、凛としたコウイチが好き
かわいい光一さんが好き。
ただそれだけなんだよな…

内容がない、てるひのたわごとにお付き合いくださって、ありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
次こそは是非、あのキメポーズ(なのか?)観て下さいね。マネっこしたくなるくらい可愛いから(笑)
オフのショーはセットも衣装も地味ですよね。緑の緞帳も気のせいか薄汚れてみえるし。でもどんな演目でもみんな笑顔なんだよね。オンは派手だけど笑顔が少ないような気がする。特にコウイチに。それも対比させる狙いなのかな?「コウイチを止めていれば」はオンへ行こうとした時のことだと私は思っています。屋上のシーン。なるほろ。納得。つかめそうでつかめない星があるから、コウイチはそこで自分自身を見つめ直すのね。オンの劇場にはそこがなかったのかな?2009年度版の舞台はショーシーン重視で観ています。ようするに座長重視ですな(笑)ドラマの部分についてはお話できる機会があればまたその時にゆっくり(笑)
Rain
2009/03/15 21:42
てるひさん、こんばんは。
てるひさんの記事を読みながら・・頭の中で劇中の曲が流れています。(笑) はい! 私も・・お金がかかったイリュージョンよりも・・ダンスを見たいです!!
因みに〜車の仕掛け、殺陣の時のコウイチとヤラが出てくる仕掛けは・・未だにわかりません!(笑)

2009/03/15 22:12
実はワタクシも見逃したっていうか、見えたんだけど…、『何故オペラグラスでガン見しなかったんだ自分っ』って感じです。《コウイチ登場ポーズ》2009年SHOCKイチ押し?です。毎公演座長と共に頑張っているカンパニーの皆さんには大変申し訳ありませんが、ハッキリクッキリとあのポーズが見たい方は当日の座席にもよりますが客電が消えた瞬間からオペラグラスで正面をひたすらガン見してスタンバった方が良さ気かも。次回は是非。そんなこんなでいつもな〜んも考えずにただ大好きな座長やカンパニーの《SHOCK》を楽しんで観劇してたんだけど、てるひちゃんや《SHOCK》を観劇した方のブログ見て少し舞台の物語に関して考え始めてます。で、屋上のネックレス渡すシーン、ちょっと納得いかないって言うか…。リカの後ろに屋良いるよね。コウイチの視界に完全に屋良入ってるよね?なのにネックレス普通に受け取るんだって。リカとコウイチの立ち位置が逆ならリカはコウイチしか見えて無いから納得出来るかなって。粗探しかっ。
どんちゃん
2009/03/15 23:02
Rainさん、おはようございます。
お返事が遅くなって、すいません。
ここ(沙耶のいる場所)でも帝劇でも、どこでもない場所をさまよってました(苦笑)
キメポーズ。まねっこ…わたしがやってもかわいくないだろうな(笑)
笑顔。そうなんですよね。ショーを楽しんでる。だからこそ走り続けられるんだと思うんですよね。
あの街歩きした日なんて、コウイチはほんとうに楽しそうだし。
あの突然のオファーに、コウイチだけなら、みんなにひきずられるのもわかるけど、おとなのはずのオーナーまで…と言うのが、わたしには理解できなくて。だから、止めていれば…の”あの時”がいつかよくわからなかったんですよね。
コウイチが素のコウイチ自身に戻る場所、屋上…大好きなシーンだけに、歌はしっかり聞かせてほしいです。
コメントに書くことでもないけど、外国に憧れて、挑戦して、和に戻るんだね〜みんな(笑)
てるひ
2009/03/18 08:15
杏さん、おはようございます。
Blog放置してまして、お返事が遅くなっちゃいました。ごめんなさい。
ダンスカンパニーですよね、彼らは?子どもの頃から、一緒に踊り続けようぜ…って言ってるし。う…ん、ブロードウエーという場所では、それだけじゃあきられちゃうのかな?でも、わたしたちは、仕掛けよりもダンスに歌ですよね〜
殺陣の時に、コウイチが矢をつかむしかけもわからないですよね。以前、S列で見た時でさえわからなかったし。だまされるのも楽しいかな…座長になら。
てるひ
2009/03/18 08:39
どんちゃん、おはようーです。
SHOCK2009、イチオシなのね?そのくらいかわいいのかぁ(うっとり)はい、次回こそ(?)どんちゃんのアドバイス通り、オペラグラスかまえて、座長の登場を待ってみますね〜と思っても、いっつも見逃しちゃうのよね。武者コウイチの登場にしても、かけぬける戻ってきたコウイチにしても(涙)
見逃さなくなったのは、オフのショーの登場くらい?(笑)
ネックレスのシーン。確かに、ヤラいるよね。しかも、めっちゃ近い位置に。コウイチは、ショーのことしか頭にないから、ヤラの気持もリカの気持ちにも気づいてないってことなのかなぁ〜って思ってた。でもなあ。ネックレッスってしばるもんだもんね。特別な意味ありありですよねー
このシーンも、いつもコウイチがん見してたから、距離感がつかめてないので、次回はオペラなしで見てみよーかな。SHOCKって。見なきゃ(笑)いけないところ満載で、たいへんだよねーだから、つい座長ばっかり見ちゃうんだけど
てるひ
2009/03/18 08:50
てるひさん、お久しぶりです。 また観劇されたんですね、とてもうらやましいです。 それにしても皆さんよく観察していらっしゃいますよね、脱帽です。
私も車のシーンは何度見てもわからないひとりです(笑)。 生着替えはばっちりOKでした。
ここですみませんが前記事の気になった事をひとつ。
私はJCBホールでのカウコン参加でしたが、確か『夏模様』だけ唄いませんでしたよ。曲の一部が移動中に流れただけで・・と記憶しております。?ででしょうね。
まだ会報を読んでないので詳しくわかりませんが。 
スヌーピー51
2009/03/18 14:35
スヌーピー51さん、こんいちは。
この日のチケットは、10年めではじめて(苦笑)ゲットできたPG枠でした。自分が取れなかった年も、お友だちに助けられたりしてます。
そうなんですよ。この日、一緒に観劇したお友だちが、すっごくよく見ていて、たくさん驚かされました。
生着替え(笑)座長の肩甲骨にやられちゃってます。1階からだと見えにくいですよね。2階の特典のひとつかなぁ〜と。
カウコンのパブリックビューイングにいらっしゃったんですね!てるひは、家でTVを見ていたのですが『約束』を歌ってくれたから、寝られなくなっちゃって、次の日は寝不足でした。
『夏模様』の曲をかけた…ってことは、歌うつもりはあったのかも?歌詞が思いも出せなかったンですかね?わたしも、CDでもあまり聞かなし、歌詞、わからないですね。
会報。JCBに参加なさってたなら「♪」な話が多いでしょうね!写真も、良いものがいろいろあったし。
てるひ
2009/03/20 11:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
優しさという名の刃が切り裂く? Endless SHOCK 3.14(土)夜 628 このまま・手をつないで、霧の向こうへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる