このまま・手をつないで、霧の向こうへ

アクセスカウンタ

zoom RSS 屋上はコウイチに戻る場所 Endless SHOCK 601のその先へ

<<   作成日時 : 2009/02/28 12:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

カンパニーのトップスターで、座長のコウイチ。
楽の幕が降りた瞬間から、次のショーの事を考えているコウイチが、
自分を取り戻し、街から明日へのパワーをもらう場所。
Endless SHOCK、601回公演を見てきてから、気づくと頭の中を流れてた曲がいくつかある。
ほっと一息ついた時…屋上の手摺りにもたれるコウイチの歌が耳に蘇る。
今年のリカとは、ハモってる感じがしない。
お互いに、自分を歌ってる。そんな感じがしてしまう。
この歌が好き。屋上のシーンが好き。
601のその先にいくために、一言だけ、メモしておこうと思います。
ネタバレしていますが、良かったら。

601回公演を見て、コウイチはショーの主役だけど、物語の主役じゃない。
そう感じてしまいましたが、1幕は、そうじゃないなーと改めて思いました。
屋上でも、ブロードウェーの街でも、心の洗濯をしてましたもんね。

オーナーは「走り続けるって、疲れねーか?」と、コウイチに問います。
前に進むためにもがき、進む事でしか答えを探せないコウイチですが、
オフにいた時には、ほんの一時だけど、休める場所があったんですよね。
誰にも見られたくなかった練習は、前に進むためでもあるけど、
自分自身を見つめ直す行為でもあった。
こうして見ると、物語としては、1幕が好きかな。コウイチファン目線だと。

階段落ちした時から、物語の主役は、コウイチじゃなくなる。
この世で前に進む者にバトンタッチされてるんだよね、
あきらめないで生きるという思いも、ストーリーの主役の座も。
でも、前に進めないでいるその人たちのために、戻ってくる。
あーやっぱり、キリストのようじゃない?
そう思うのは、いけない事かもしれないけど

今日、わたしの目に、SHOCKは、コウイチは、どううつるんだろ
どのシーンを持って帰ってくるだろ
今日は、お友だちと見られる公演なので、わたしとは全く視点の彼女の感想も楽しみつつ、SHOCKを見たいと思います。
夜の海が、楽しみだなー
あと…友だちがきたので、アップします。
行ってきまーす

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
屋上はコウイチに戻る場所 Endless SHOCK 601のその先へ このまま・手をつないで、霧の向こうへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる