このまま・手をつないで、霧の向こうへ

アクセスカウンタ

zoom RSS なぜ走り続けるのか?答えを探して。Endless SHOCK2.10夜

<<   作成日時 : 2009/02/15 22:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

「堂本光一です」
ごあいさつする光一さんを見るのが好き。
光一さんだ!また、帝国劇場のステージに立つ、光一さんに会えた。。。
それだけで、テンションが上がってしまったオープニングから、
去年までとは違う演出になっていました。
2月10日に「Endless SHOCK」夜公演を見てきてから、5日たちました。
マイ初日だったこの日、感じたこと、思ったことを思い出すまま、メモしておくだけのBlogです。メモなので、ネタばれしてますが、よかったら、ぜひどうぞ

去年、2階席から見た時に、最初に目に入ったのが、青い光でした。
コンダクターである光一さんが操る指揮棒。
Endless SHOCKの世界を指揮する光一さんが、作品世界へと観客を誘う。
せり上がったオーケストラピットが、舞台奥へと移動していく。
舞台に立った瞬間、光一さんはコウイチになり、踊り始める。
この演出、好きだったなぁ。。。

光一さんは、ショーのはじめに「堂本光一」ですと挨拶してくれますが・・・
おばかなてるひは、コウイチのフルネームって、ドウモトコウイチだったの???・・・とわけわからんことを思ってしまいました。
現実とお芝居。夢と現の堺を、わざとぼんやりさせてるのかな。

今年のオーナーは植草くん。
彼は舞台から逃げ出した(なぜかはわからないけど)という過去を持っている。
もしかすると、コウイチはプレイヤー時代のオーナーに憧れて
このカンパニーに身を置いてるのかなぁ〜とか思ったりもした。

ここで感じた違和感と、勝手になっとくしたこと。
違和感。お化けが出るというオフブロードウェイのこの劇場は、オーナー自らの意思で、新しい才能を育てる場所として、所有しているものなんですよね。
植草オーナーには、あまり劇場に愛着がないような気がした。
去年までの2代めオーナーの方が「おやじから受け継いだ劇場」に愛着を持ってたような気がする。

でも。オフの劇場があったから、コウイチは墓の中から戻ってきた。
「戻ってきてくれよ」誰かに乞われたからではなく、戻りたかったから。
この劇場は、暗くなるとお化けが出るとか、出ないとか…
コウイチが墓から戻ってくる伏線にしちゃ、むちゃぶりすぎるし。
ショーの、コウイチ登場時のハプニングが、お化けの仕業とか言わないよね?
…と去年は思ったのに、今年は、気にならなかった。

千秋楽の幕が下りた後、コウイチ、植草オーナーを囲んで、カンパニーのみんなが歌うシーンが、ほんとうに楽しそうで。
あーこの時代が、1番幸せだったよねーと思えたからかな。
おれたちに限界なんてないんだ。ほんとうにそんな感じがした。
プレイヤーだけじゃなく、舞台には立たないオーナーも一緒になって、千秋楽を喜び合う。オーナーをプレイヤー兼任にしなかったのは良かったのかも…そうも思った。

この千秋楽に乾杯!のシーンが印象的であったせいか・・・
コウイチがクールダウンする屋上のシーンが、うすかった気がした。
リカがね、弱いかなーと。
全てを見守る役割を担う、目線キャラであるリカは、目立ちすぎる必要はないとは思う。
でもね・・・ヤラのコウイチへの対抗意識をあおる存在たりえてないし。
これは、リカの問題ではなく、ヤラの問題かもしれないけど。

なんだろなーこのもやっとした感じ。
ストーリーのめりはりがたりないような?
リカは、もっとコウイチ大好き!を打ち出してもいいって思うンだけどな。
「コウイチ、コウイチ!」
まとわりついてイイのは俺だけだーって、もっとヤラに嫉妬させるくらいに。
ヤラは、コウイチと踊りたかった。自分が注目されなければ、いつかコウイチと踊れなくなる。そんな恐れから、行先を見失ってく。

オンブロードウェーでのショーの見どころは、やっぱり、座長生着替え?
舞台の上で、ジャングルの衣装に着替える時に、羽根の名残りを確認するのが2階の醍醐味(笑)
衣装があったから、つい舞台に出ちゃった?
植草オーナー。もったいないから、もっと出ちゃえば???
オーナーのそんなおふざけを許しちゃうほど、メンバーもスタッフも、ブロードウェーの魔物に魅入られちゃってるって言いたいのかも?

そんな中でおきてしまうスペインでのミス。
出られなかったヤラの分をカバーして、つなぐ?
神殿のヤラの不機嫌そうな顔と、ぴりぴりした雰囲気にうまくいかないロープフライング。
コウイチの衣装はきれいでしたよね。
確かに、去年までの衣装だと、他のメンバーの衣装や、神殿の雰囲気から
ちょっとういてたけど・・・

そして、幕間のシーンへ。
プレイヤーではない植草オーナーが、ワールドアドベンチャーに出てしまったことを
娘であるリカに咎められ、ジョークをとばしたりもして、緊張がほどけてく・・・
いきなり。スペインのセットチェンジのミスを、スタッフに怒鳴り散らすヤラ。
植草くんのやさしい空気が、屋良くんの怒りの演技を殺しちゃってる?
魔物に魅入られつつあるカンパニーを、オーナーがやさしく修正をかけようとする中で、ひとり温度の違うヤラ。
ヤラの孤立感を出せるはずの流れなのに、もったいない。

続けなければならないショーを止めてやろう。
ショーが止まってしまったら、おれが、あーして、こーして動かしてやる。
そんな子どもじみたいたずら心が、ジャパネスクを演じるヤラからは感じられた。
すれちがったふたりの心が乗り移ったような・・・ジャパネスク
劇中劇か…ほんとうの合戦なのか…見てる者が混乱する。
引き込まれていく迫力がありますよね。
ジャパネスクのことは、もう1度見てから、書けたらいいな…と。

そして。最後の落城のシーン。
大階段を上っていくコウイチが、敵の大将と刀をあわせる
そう。ヤラが、わざと刀を飛ばします。
予備の刀をわたすのは、マチダ。
コウイチに刀をわたす役は、今まで、オーナーがつとめていました。
でも、今年のオーナーはプレイヤーではない。
2幕のヤラの告白の時に、ずるいなーと思ったのですが、ここはマチダでもタツミ(は敵か・・・)でも、正直、誰でもいいんですよね。
う…ん。マチダさんが、自分のミスにもっと苦しめばいいけど、そーでもないし。

コウイチは、マチダから渡された、ほんものの刀を、ヤラにわたさないんだよね。
ヤラの目の前の床に、突き刺すの。ここ、いいな〜って思いました。
ヤラの告白シーンに登場する、幻(?)の大階段にも、刀が突き刺さってますよね?
あーつながってる…って思いました。

コウイチにあおられて、おびえたヤラは、コウイチを刺してしまう。
そして。出血と痛みに意識を失いそうになり、階段落ち…
階段をころがり落ちていくコウイチを、思わず追いかけようと、ヤラが、ふらふらと階段を降りる演出が、良かったです。
頭で考えずに、からだが動いちゃった感じ?

2幕も、ツッコミどころも見どころも満載だったので、記事をわけて、もう少し、だらだら書く予定です。

ね…光一さんって、踊ってると大きく見えますよね。
腕の動きとかしなやかだからかな。
2幕のリボンフライングも、背筋が伸びていて、ほんときれいでした。
天使だ。。。
ほんとわたしってひとは、座長しか見てなくて。
次回のがん見ポイントを整理したくて、メモしているだけの記事におつきあいいただいて、どうもありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
てるひさん。予備知識として大変興味深く読ませていただきました。
舞台は、生き物だしましてや、キャストも生身だから、変わってしまうのは必然なんですよね?
私ね?毎回、このオーナーというポジションが、もやっとしてました。(笑)
それと、リカですねぇ・・・。
男の世界観なんですよ。だから紅一点の存在って観ている側からしても、嫉妬を感じるし。
ヤラが、そんなにまで好きなのかって言うところを演じないと薄っぺらい。
でも、舞台は「三角関係」がテーマではないでしょう?
うん。毎回、悩んでたというか、まぁエンターテーメントですしね?
「ストーリー」を重視しすぎたら、この舞台は成立しないと思います。
SHINE
2009/02/16 17:39
私、今回は(も?)最後の日まで悩み続けそう(笑)
彼もしんどいだろうなぁ…でも納得するまでやるんだろうな。舞台の台詞ではありませんが「おれはもう次のショーを考えている」ような気がしなくもなくもない?
彼も意外と開拓者……ですもんね(*^^)v
神殿衣装♪いいよね〜♪好きー♪
Rain
2009/02/16 18:33
SHINEさん、おはようございます。
てるひの観劇メモをお読みいただき、ありがとうございます。かなり好き勝手に書いてます…すいません。
去年までは、オーナーは必要ないんじゃないか?…って思ってました。コウイチを慕う後輩プレイヤーのひとりでしかないような気がしましたしね。
三角関係…恋愛じゃなくて、アクターとしての立ち位置、心の持ち様からすれば、コウイチを巡る三角関係だと思って見ています、わたしはね。リカに嫉妬?うふふ。SHINEさんは、座長さんが大好きですもんね。わたしは、リカのことは、もっとヤラを本気(恋じゃなくて。舞台への情熱の意味です)にさせてーと思いながら見てます。もっとがんばれ、リカ!
いろんな見方ができますもんね。今年のSHOCKは、脱皮しようとしてる気がしたの。だから、うだうだ書いちゃいました。
SHINEさんは、SHINEさんの楽しみ方をして、お話しを聞かせてくださいね。
てるひ
2009/02/17 08:50
Rainさん、おはよーございます。
この記事をアップした瞬間、書こうと思ってて、もらしてるこがあったな〜と思ったけど、わたしに力がなくて入れられないセリフがあって。オンの楽屋でのヤラのセリフなんだけどね。
コウイチの姿勢そのもの…って言うか。
次のショー?Endlessの名前のまま、ばっさり、がらりと変えてくる気がするのは、わたしだけ?次のショーも考えてる…と思うけど(笑)
後半のメモは「きゃー座長、カッコイイ♪」目線で書きたいけど(笑)できるかな
てるひ
2009/02/17 09:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
なぜ走り続けるのか?答えを探して。Endless SHOCK2.10夜 このまま・手をつないで、霧の向こうへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる