このまま・手をつないで、霧の向こうへ

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏に雪が降る KiNKi youコン。福井10月19日

<<   作成日時 : 2008/10/26 13:09   >>

トラックバック 1 / コメント 6

秋の初めのすんどめに、雪が降った。
まるい雪。futariが歩いてきた道、階段に降った雪は
次の曲のイントロが流れ出す前には、とけて…なくなっていたけれど。
KiNi youコンサートは、Hiroshima公演も終わり、残すとこ6公演になりました。
来週、てるひも、第1弾オーラスを迎えます。てるひが生まれた県で。
Hiroshimaも終わっちゃって、今さらだけど…10月19日の公演で
思ったこと、心が揺れたことだを、簡単に書き残しておこうと思います。
今さらだし、1週間前の話なので、記憶も変形しています。それでも良かったら…

10月19日のチケットは、てるひのお友だちのお友だちのいとこさんのお友だちが
行けなくなってしまって、お譲りいただいたものでした。
その方の分も、てるひの分だけ19日のチケットを見つけてくれて
一足先に、地元・堂本(千葉)県に帰るお友だちの分も楽しまなきゃ!

午前中、前日泊めていただいたお友だちと3人で、兼六園を観光しました。
広い空を見上げて「今日は、剛くん、お散歩したかなぁ〜」と思いながら
きれいな空気を深呼吸。千葉に帰るお友だちを空港に送ってから
Aちゃんの車で、SUNDOME入りしたのでした。
「さみしいよね…でも、ひとりになるMちゃんが1番、さみしい思いしてるよね」
と、やさしいAちゃん。

長野、仙台と地方公演の2日めに参加することができて、
剛くんから、戸隠神社や大雨の仙台の町を歩いた話く事ができました。
で。Aちゃんに、半日で遠足できそうな名所を聞いてみたけど
19日のMCで、剛くんのお出かけ話を聞くことはできませんでした。
あ。18日に、すんどめの回りを歩いた話はしてたけど…

自然現象を解消してたので(笑)席に着くのがぎりぎりになってしまいました。
で。固まった。前すぎる(笑)
しかも。ムービングステージが通る真横のブロック。かなりやばい
その時点で、てるひの脳内HDDは誤作動をおこし、記憶がほとんどないの。
なので。この記事は、19日の思い出とは言うものの、18日の話も混入しています。
前の記事に書き忘れたことも、書いておくつもりでもいます。

双眼鏡を出すのは憚られる席でした。
動き出す前のムービングの位置に立ったりしたら、肉眼で表情が見えるもの。
もつンかい・・・あたしの心臓(笑)
そっと胸に手をあてて、たくさん息を吸い込んだりはいたりしているうちに
アカペラで歌う声が会場に流れ・・・
オープニングから泣きそうになってて、どーすんの?
futariが降りてきた階段に、ライトが当たって、ふわふわ舞う雪のように見えた。
今まで…そんなふうに階段を愛おしく見つめたことってなかったなぁ〜
でも。その人工の雪は、すぐに消えて「硝子の少年」のイントロが流れ出した。

何度聞いても、やっぱり…「永遠に」よりも「KinKi Kids forever」の方が好き。
そんな日は来ないって思いたいけど、いつか…てるひがfutariの応援をやめる日がきたら、最後の最後に、この歌を聞きたいって思ってるくらい。
矛盾してるかもしれないけど、そう思うンだから仕方がない(笑)

「こんにちは」のMC。
剛くんの頭の上や、目の前をも、我がもの顔で飛び回っていた虫がいたらしくて。
光一さんも、すっごく気になっていたようですね。
追い払ってあげようとしたのか…剛くんの圏内に踏み込もうとして
剛くんをおびえさせてた光一さん。そんなに嫌がらんでも…と思ってしまったけど。

18日のMCは、剛くんがすんどめの周りを歩いた話から、
光一さんが読んでいた本から、特別相対性理論の話に重きが置かれてましたが
前日は、そんな光一さんの力説に、うなずいて(?)同意する男性の存在があったのを
剛くんは、客席に桜を配置したみたいに言ってたけど
その方ばかりに話しかけて、会話してた光一さんに対するヤキモチだったのかな。
ま。真剣に聞いてあげなかった(?)剛くん。自業自得だと思うけど。

それにしても。futariは、よ〜く客席を見てますよね。
この日も。剛くんが、ちょっと体格のイイ(?)長髪をしばってる男性を見つけて
組関係のひとが来てる?…みたいに言ってたし。
光一さんは「チビ王子」って書かれたうちわに反応しちゃって。
剛くんに、自分も、今まで1度も大きいって思った事もないけど、そのことを認めなきゃいけない…そんな話をしてましたよね。

昨日に引き続き(?)光一せんせの難しいお話しが展開される事になった訳ですが
そのとっかかりになったのが、剛くんの頭の上を飛んでた虫。。。
量子力学(?字があってるかも不明。すいません)のお話し。
簡単に言うと、剛くんが、自分の頭の上や背後を飛んでいる虫の存在に気づかないうちは、その虫は、剛くんにとっては存在しないもので、意識した時から、そこに存在するものだ。そんな感じ?
いくら、光一さんが、自分より剛くんの近くにいる虫にヤキモチをやこうとも
剛くんが虫の存在を認識していなければ、剛くんにとって虫はいないものだから
光一さんがヤキモチをやく気持ちは、届かない
そんなふうに解釈したのですが、間違ってる???

恥ずかしがりの剛くんは、認めたくなかったのか
「虫が飛んでることを知ってるから、いなくはない」みたいに反論してましたよね。
この話は、オープニングからするもんじゃない・・・と言いつつも、
メインのMCで話すことを許可(容認?)する剛くんでした。
で。新曲「Secret Code」へ

この歌のような曲をシングルとしてリリースするのははじめてだ・・・と言う話は
東京ドームの時にもしていましたよね。
自分たちらしさや王道とか、ギネス記録とか、いろんな縛りが彼らにはあって。
でも、去年、album Φを出した事だし、守りから攻めに転じたと言うのかな
去年の夏だったら、この歌は出されなかったンだろうな…と寂しく思ったり。

この日、会場入りする前に、たとえば、ボニバタをシングル化しなかったのは
なんでだろうね?…そんな話をお友だちとしたんですよね。
39の投票をした時に、ベスト10にシングルA面じゃない曲が多いって
なんかおかしいよね〜とか。そんなことも。

「Secret Code」の後に、「10ve in the Φ」を持ってきて、ぴたりとはまってるのが
うれしかったりしました。
Φの時の炎は、前日の席でも熱く感じました。
レーザービームと神から盗んだ日のコラボが、欲望と誠実のそれ同じくらいに
不思議なのに、絶妙でドキドキしすぎて、よろっとして、隣の人にぶつかっちゃった。
すいませんでした。

そして。曲のコラボまでやってのける。
どんだけ夢中にさせれば気が済むんだろ・・・
C albumが出された当時、はたちのfutariが歌うと、背伸びしてるような歌詞だった
「Natural Thang」
みそぢ手前のfutariから発せられると、ちと恥ずかしい気もするけれど
この音は、彼らがいくつになってもカッコよく響くんだろうね。

「月光」を聞きながら、前日、会場から出た時に見た月の美しさを思い出した。
てるひは、太陽よりも月が好きだし、夜が好きだから、
夜が夜になるために、太陽を犠牲にする気持ちが、すごくわかる。
39の時に、しっとり歌ってくれた月光にじーんとしたけど、
歌いながら踊るfutariを見ていると、過去に引き戻されるような錯覚に陥って
その感覚も好きだったりします。

で。じゃんけんね。なんとなーく、この日は、剛くんが遅出ししたようにも見えたけど
とにかく。剛くんの勝ち。
そして。てるひを完全にフリーズさせ、頭を真っ白にさせた「ジェットコースターロマンス」
てるひがいたブロックの脇を通るムービングには、剛くんが乗っていました。
東京ドームの時には、上半身はだかの光一さんの記憶を奪われたけど
福井では、楽しそうに手を振ってくれる剛くんの笑顔に、こわれた・・・
目があったように錯覚しちゃったんだもん。いや、錯覚じゃないよね。
すっごい声をあげちゃったようで、お隣の方に笑われたしね。

この歌以降の記憶は、正直ないけど、
光一さんの、りょうしりきがく話を、もう少しだけしたいと思うので
記事をわけようと思います。

こんな今さらな感想文を、しかも途中までなのに、読んでくださって
ほんとうにありがとうございました。
量子力学(この字なのかな?)の話をする光一さんの萌えた、てるひと町田さんの話を
聞いてやってもいいかなーと思ったら、またお立ち寄りいただけたら・・・と。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
futariが奏でる緊急 KiNKi youコン。福井10月19日 vol.2
勝たせてあげるのはやさしさ?勝ってあげるのが、愛? そんな気がしてきた、futariの勝負。 この日の勝負も、剛くんの3戦3勝だったのに、負けてる光一さんが、MCの主導権を握り、アンコールのシメも剛くんにやらせてた。 すんどめがハジメテの剛くんを、光一さんがリードしてるように見えたのは、てるひだけ?それなら、それで(笑) …ということで?KiNKi youコン。福井10月19日の続きになります。今さらの感想文ですが、良かったら、ぜひ。 ...続きを見る
このまま・手をつないで、霧の向こうへ
2008/10/27 23:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
量子力学ってそういう学問だったの?意識した瞬間からそれは存在するということは、ものすごく説得力あるし納得したし、そーいう話は大好きよ♪聴こうとしない人にどんなに語りかけても届かない、それならばどうしたらいい?にもつながる気がするもん。そうそう!よく見ているよね特に小さい会場!今回も感じました。
私も月好きです。この間NHKで月の特集やっていました。光一さんが好きそうなお話でしたよ。
月ってさぁ、私たち地球の人間には同じ面(つまり片面)しか見せてないんだよね。だからこそ知りたくなるんだよね〜♪
Rain
2008/10/26 15:22
てるひさん、こんにちは。
ほんと、小さい会場のfutariは、よ〜く客席を見てますよね・・・。 目があったように錯覚・・・私もしていました!(笑)
嬉しくて泣いてる姿とかをステージから見られてるような気がして・・勝手に恥ずかしい気持ちになったりもして・・・。
あ、来年の「SHOCK」ですが、あの理由で・・量子力学の理論を使えないものかと少し思った私です。(笑)

2008/10/26 16:46
てるひさん。こんばんわ。その理論なら私も理解できます。こんなことがありました。姪が泊まりに来て、お風呂に入ったところ天井に5,6匹の蜘蛛を見つけたそうで絶対ここのお風呂には入らない!と。その前に入っていた私は全く気づかなくて。気づかなければ存在しないと同じ。それは納得です。

本当に、お二人は客席が、よく見えているそうですね?錯覚ではなく目は合っているでしょうね
今回の仙台は、やばすぎました・・・。
剛くん、仙台を散策したのですね?ばれなかったかしら?(笑)
SHINE
2008/10/26 17:28
Rainさん、おはよーございます。
ネカフェ(笑)お返事を書いてます(笑)
誰かさんじゃないけど、量子力学のこと上辺だけ調べてみようかと思ってるけど、まだしてないの。
彼があつく語った理論は、うんうんって思うけど、なんだろなー例えがね、相方さんにはわかりにくかったみたいで。
え!実は、聞こうとしてない人を見て哀しかった体験もしたんだ…量子力学話じゃないよ。哀しかったのと同時にもったいないなーとも思ったけどね。
月の裏側?知りたいけど、知るのが怖い…乙女思考(嘘)のてるひでした。
てるひ
2008/10/28 06:49
杏さん、おはようございます。
嬉しくて泣いてる人を見かけたら、futariも嬉しくて、もっとがんばろ…って思うンじゃないかな…と勝手なこと書いております(笑)
嬉し泣きする程、自分たちの歌とパフォーマンスに感動してくれてる方がいたら、もらい泣きするくらいに感動的じゃないか…と。
てるひも、よく泣いちゃいますよ。ライブ終わると、ほぼすっぴん(笑)で、やばいです。
てるひにとって、発表前のSHOCKは、量子力学の説明に町田さんを使ったような感覚なんです。知ってるのに存在が確認できないから、存在しないと定義されてる感じ?論点がずれましたね。ごめんなさい。
てるひ
2008/10/28 06:57
SHINEさん、おはようございます。
姪っ子さんのお風呂での体験談も聞かせてくださって、どうもありがとう。
SHINEさんにとっては存在しないものだけど、姪っ子さんには、存在する、しかもしてほしくないもの。。。
お話を聞いてたら、ヴァンアイアとかサンタとか…量子力学では証明できない存在のことを考えちゃいました。存在しないだろうに、みんなが知ってる存在でしょ?なんかおもしろい…
なんかね。おふたりが、私たちを楽しませようとする事を楽しんでるのが、すごく伝わりました。近くに感じて、嬉しくて。このBlogもはしゃぎすぎてるかも?
剛くんが仙台を散策した日は、大雨警報が出ていた日だったし…ばれても騒ぐような人はいなかったンじゃないかな。そういう話はしてなかったから。
てるひ
2008/10/28 07:09
夏に雪が降る KiNKi youコン。福井10月19日 このまま・手をつないで、霧の向こうへ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる